美容

日焼け後のケアで冷えピタは間違い!?対応を間違えるとお肌に悪影響!

春になり、肌の露出が増えてくると気になるのが日焼けですよね。実は5月から7月は、8月以降よりも紫外線量が多く日焼けしやすい季節なのです。

ようやく寒い冬が終わり暖かくなってくると、屋外へもたくさん出かけたくなりますよね。

出かけている時には気にならなくても、帰ってくると首や腕の色が変わっていてなんだかひりひりする…ということも増えてくるかと思います。

そんな時、皮がめくれるほどのひどい日焼けではないからといって、日焼けした部分に冷えピタを貼ってクールダウンしているという方はいませんか?

実はその方法、お肌を痛めて日焼けを悪化させてしまう原因になっているかもしれないのです。

冷えピタがお肌に悪影響をもたらす原因と、正しい日焼け後のケアや日焼け対策をお伝えします。

スポンサーリンク


そもそも紫外線って?

紫外線は悪!と決めつけていませんか?まずは紫外線とはなにか見てみましょう。

紫外線は宇宙光線

日焼けを起こす紫外線というのは、宇宙からやってきています。それが地球を取り巻くオゾン層によって緩和され、地球上は私たち生物が暮らしていける程度の紫外線量を維持しています。

紫外線はとにかくカットすることが大切だと思われがちですが、私たちにとって良い影響も与えてくれています。

たとえば、身体の中にビタミンDを合成してくれるはたらきがあります。また、乾癬やアトピー性皮膚炎などの治りにくい皮膚病に対する光線療法にも役立っています。

しかし、最近では地球温暖化の影響もありオゾン層が破壊され、紫外線の有害事象がたくさんあげられるようになってきました。

日焼けは、紫外線の有害事象の筆頭であると言えます。海や山などに行ったとき、一度に大量の紫外線を浴びてしまうと、ひどい日焼けになって皮めくれや強い痛みが起きますよね。

それだけでなく、たとえ少量の紫外線だとしても、長期間に渡って浴び続けることで光老化という慢性障害が起こります。

光老化とは、紫外線を浴び続けることによって起こる皮膚の障害のことで、シミ、シワ、皮膚の良性・悪性腫瘍などが起こることです。これらのリスクは年を取るごとに増加していきます。

また、最近では、紫外線は皮膚の免疫を抑制してしまうことも分かって来ています。

日焼けってどんな状態?

紫外線が強いと日に焼ける、と言いますが、日焼けした肌というのは実際どのようになっているのでしょうか?たしかにひりひりしたり色が変わっていることはあっても、見た目に傷があるわけではないですよね。

日焼けは文字通り、やけどです!

日焼けと呼ばれるものには、紫外線の影響により皮膚が赤くなる「サンバーン」と、その後に黒くなる「サンタン」の両方が含まれますが、ここではサンバーンについて説明していきます。

紫外線は表皮の奥にある真皮細胞まで入り込み、それらの皮膚の細胞を傷つけます。そうすることで傷つけられた細胞は血管拡張作用のある物質を作り出します。

その物質によって皮膚表面の血管が拡張し血流が増加するため、皮膚は赤く見えるようになります。

つまり、日焼けとは、紫外線によって細胞が傷つけられることによって起きるやけど、炎症のことなのです。

冷えピタってなに?

通称冷えピタと呼ばれるものは、冷却ジェルシートのことです。ジェルに含まれた水分が蒸発する際のエネルギーにより、シートの貼付面の温度を下げる効果があります。

熱をクールダウンするなら日焼けに貼っても良いんじゃないの?と思いますよね。でもちょっと待ってください。日焼けを悪化させてしまうかもしれませんよ。

日焼けに冷えピタは要注意!

このような冷却シートの注意書きには「炎症・ただれなどがある場合は使用しないでください」と明記されています。

上記で説明した通り、日焼けは皮膚の炎症ですから、冷却シートを使うことはできないのです。

何故かというと、炎症が起きた皮膚というのは、見た目以上にとってもデリケートなものだからです。冷やす目的で冷却シートを貼っても、患部を冷やしてくれる効果よりも、接着面が刺激になる可能性が高いのです。

また、そもそも冷却シートの冷却効果というのは、日焼けした皮膚をしっかり冷やしてくれるほどのものとは言えません。あの冷たさはあくまで患部がひんやりと感じる程度なのです。

日焼けした皮膚に冷却シートを貼ると、そのときはひんやりとして火照った肌のクールダウンになるような気がします。しかし、シートをはがすときにさらに皮膚を傷めたり、日焼けがひどい場合には皮膚ごとはがれてしまうことにもなりかねません。

以上のことから、日焼けした肌に冷却シートを貼ることは絶対にやめた方が良いのです。

具体的な日焼け後ケアの方法は?

ではいったい、日焼けした後にはどのようなケアをするのが肌のために良いのでしょうか?

まずはとにかく冷やす!

もし日焼けしてしまったら、なるべく早めに対応することが大切です。やけどというのは冷やさないと悪化しやすいのです。

やけどに効果的なのはとにかく患部を冷やし、炎症をなるべく抑えてあげることです。炎症している皮膚は血管が拡張して赤く熱を持ちます。それを冷やしてあげることで血管を収縮させ、炎症を鎮めてくれる作用があるのです。

日焼け後の皮膚はとてもデリケートなので、入浴時などもタオルでこするような刺激は避けるようにしましょう。

保湿を行う

冷やしたあとは、しっかりと水分を与えてあげるようにしましょう。日焼けした皮膚は水分も飛んでしまい乾燥気味となっています。かさかさに乾燥しているとそれだけでもひりひりすることがありますよね。

日焼けした日には、いつもよりたっぷりと化粧水やパックを使って肌の水分を補いましょう。

また、化粧水のあとの蓋の役割をする乳液やクリームも大切です。べたべたするのがいやな人はさらっとするタイプの保湿剤を使用しているかもしれません。しかし、日焼けのあとだけはしっとりタイプの乳液とクリームで水分を閉じ込めるための蓋をしましょう。

これらを使用する際、コットンを使用している方は、日焼けのあとには手のひらでケアする方が肌への刺激が少なく済みます。

もしも普段お使いの化粧水やクリームたちが沁みるようであれば、それは皮膚が思った以上にダメージを受けている証拠です。沁みる化粧品は無理に使用せず、天然の低刺激なオイルやワセリンなどの軟膏を塗って保湿してみましょう。

アロエジェルなどもおすすめです。

また、保湿は外からだけでなく中からも行うことが大切です。

日焼けしたその日は、普段よりも水を多めに摂って内側からも潤いを与えてあげるようにしましょう。

しっかりと休息を取る

皮膚を休ませるためにも、ゆっくりと睡眠を取ることが大切です。

日焼け後の皮膚も寝ている間に傷を修復してくれます。しっかりと休んで、皮膚を回復させてあげましょう。

スポンサーリンク


日焼けをしない対策を取ろう!

紫外線は強さの程度こそあれ常に地球に降り注いでいます。海や山に出かけなくても、窓から入って来た紫外線に私たちは常にさらされています。

そこで忘れてはならないのが日々の日焼け対策です。漠然と日焼け止めを塗っておけば大丈夫と思っていませんか?

意外とやっていない、日焼け止めの塗り方

朝化粧をするときに日焼け止めを塗って、帰宅までそのままという方はいませんか?

実は日焼け止めは、2時間ごとに塗り直しが必要なのです。汗や洋服に擦れて落ちてしまうので、塗り直しをしないと夕方には結局日焼けした状態…ということになります。

中には塗り直すのが面倒だからと言って、SPF50+++を使用しているという方、いますよね?強力な日焼け止めだからと言って、塗り直しが必要ないわけではないのですよ。

もちろんSPFの表記が上がるほど紫外線から長時間守ってくれるということではあるのですが、数字が大きいものほど肌への負担は大きいのです。

せっかく日焼けを防止しようとしてSPFの高いものを使っても、日焼け止めのせいで肌トラブルを起こしてしまっては本末転倒ですよね。

レジャーなど強力な紫外線を受ける場所に行くのならばいざ知らず、日常使いならばSPF30程度で十分です。クリームタイプだけではなくメイクの上から使えるスプレータイプなどを購入し、最低2時間ごとには塗り直すようにしましょう。

皮膚を作る栄養素を摂取する

外からのケアも大切ですが、内側からのケアも大切です。普段から肌のために必要な栄養素を摂取して、皮膚がダメージを受けた時もスムーズに回復できるよう努めましょう。

有名なのはビタミン、中でもビタミンCですよね。シミやそばかすなどメラニンの沈着を防いでくれる効果が期待できます。積極的に摂るようにしましょう。

また、人間の身体のほとんどを作っているタンパク質も欠かせません。夏が近づくにつれてあっさりした食べ物ばかり好むようになると、お肉などのタンパク質が不足しがちになります。

バランス良く食事を摂って、日焼けに負けない身体を作りましょう。

さいごに

これからますます気になり出す日焼けについてのケアと、対策をお伝えしてきました。

紫外線から逃れることはできませんが、出来るだけの対策を取っていつまでも若々しい肌を保ちたいですよね。

日焼け関連はこちらの記事もおすすめです♪
紫外線対策はサプリの時代!おすすめ日焼けサプリを調査!
飲む日焼け止めって危険なの?副作用は?

スポンサーリンク


ABOUT ME
naoko
都内在住の25歳で、普段は丸の内OLやってます♡ 誰かの役に立てるような、誰かが思わず嬉しくなっちゃうような記事をお届けいたします♪