毎日をもっと"sweet"に♡

鼻の角栓を綿棒とオリーブオイルで簡単に取る方法!

小鼻や鼻の頭にぽつぽつと見える黒や白の毛穴…。

あなたはそんな鼻の毛穴が目立ってしまう悩みを抱えていませんか?

そして、その目立つ毛穴から飛び出している角栓、なかなか改善せずやっかいですよね。

角栓の取り方は、角栓除去のためのシートやクリームで角栓を取り除く、ピンセットで引き抜く、角栓取り用のプッシャーで押し出すなど実にさまざま。

サイトによっては、動画や画像付きで詳しく角栓の取り方を説明しているものもよく目にします。

これだけさまざまな方法が考えられ専用グッズまで売り出されている背景には、たくさんの人たちが悩み、試行錯誤していることがうかがい知れますよね。

しかし、これらの角栓の取り方の中には、無理矢理角栓を取ることによって毛穴や皮膚を傷めてしまったり、角栓を作りやすくしてしまったり、逆にあまり効果を実感できないような方法も含まれています。

そんな中、最近注目されている角栓の除去方法があります。

それは私たちに身近な存在でもある、綿棒とオリーブオイルを使用した角栓の取り方なんです。

綿棒とオリーブオイルを使用した角栓の取り方では、肌に優しいのにごっそりと角栓を除去することができるようです。

ではさっそく、角栓について、そして綿棒とオリーブオイルを使用した角栓の取り方についてご紹介していきましょう。

スポンサーリンク


角栓とは?

角栓の正体はほとんどがタンパク質

角栓とはなんだと思いますか?という質問に対して、皮脂やメイク汚れが詰まったものだと思っている方はいませんか?

実は、角栓とはほとんどがタンパク質、つまり肌のターンオーバーによって剥がれ落ちた古い皮膚によって構成されているのです。

毛穴の内側も皮膚ですから、肌表面と同じようにターンオーバーが行われて角質が剥がれ落ちています。

毛穴の詰まりというと皮脂というイメージも多いかと思いますが、実際には角質、つまりタンパク質が70%、皮脂が30%であると言われています。

また、毛穴の詰まりにメイク汚れなどの外界からの影響を考えた方もいるかと思いますが、基本的に毛穴の中に外部のものが侵入することはないのです。

そのため、毛穴の出口を汚れが塞いでしまうことによって毛穴詰まりの原因となることはありますが、汚れそのものが毛穴に詰まるということはありません。

角栓ができてしまう原因

正常なターンオーバーが行われている皮膚では、役目を終えた角質は細胞レベルでバラバラになり剥がれ落ちていきます。

この状態であれば、毛穴の内部で剥がれた角質もスムーズに毛穴の外へ排出されていきます。

しかし、ターンオーバーが乱れた毛穴では、角質はうまくバラバラになることができずに、細胞同士がかたまりのようになって剥がれます。

また、ときにはうまく剥がれ切らずに、皮膚と一部がくっついたまま中途半端に剥がれている角質もあります。

当然、サイズが大きくなることや、皮膚とつながったままの状態であることから、狭い毛穴からスムーズに排出されません。

しかも毛穴からは皮脂が分泌されていますから、剥がれた角質に皮脂がくっついてさらに大きなかたまりになってしまいます。

こうして作られたかたまりが角栓です。毛穴の内部にとどまっている角栓は外からみると白くぽつぽつと見えます。

そして毛穴の中に納まりきらなくなった角栓が毛穴から顔を出すと、空気に触れた部分が酸化して黒く変色します。

これが、白と黒の角栓の正体です。

また、肌荒れを起こすことによって皮膚は硬くなります。皮膚が硬くなるということは、毛穴も当然硬くなっています。

通常は柔軟に開閉して角質や皮脂を排出している毛穴も、硬くなってしまうとうまく出口を開閉することができなくなってしまい、角栓を作ってしまいます。

スポンサーリンク


間違った角栓の取り方って?

無理矢理角栓を引っこ抜くような取り方はNG!

上記で説明したように、角栓とは毛穴の内部の角質がターンオーバーによって剥がれ落ちたものがほとんどです。

そしてターンオーバーが乱れることにより、角質はバラバラになれず、ときには皮膚と一部がくっついたままの状態で毛穴の中に留まっています。

この”一部がくっついたままの状態”というのが厄介なのです。

この角質が繋がっている部分は、生きている細胞です。これをピンセットや角栓除去シートで引っこ抜いてしまうと、正常な細胞までダメージを受けてしまいます。

正常な細胞はダメージを受けることでターンオーバーが早まってしまいますから、かえって角栓が作られてしまう原因となるのです。

綿棒とオリーブオイルを使った角栓の取り方

ではいよいよ、綿棒とオリーブオイルを使った角栓の取り方についてご紹介していきます。

綿棒とオリーブオイルを使う場合の肌への影響

この方法を使って角栓を取ることは、肌にとって負担にはならないのでしょうか?

結論から言えば、オリーブオイルは肌への刺激が少ないと言えます。

その理由は、オリーブオイルはさまざまな種類のあるオイルの中でも、とくに人間の皮脂と成分の近いオイルだからなのです。

また、皮脂などの油汚れというのは、同じ油成分で溶かすことができるという性質を持っています。

そのため、オリーブオイルをオイルクレンジングと同じ要領で、気になる毛穴の上にくるくると滑らせると、角栓を構成している皮脂を溶かしてくれるのです。

上記でもお伝えした通り、角栓とは角質と皮脂が混ざり合ったものですから、皮脂が解けることによって角栓はいくぶんかスマートになって毛穴から排出されやすくなります。

こうして取り除きやすくなった角栓の上に綿棒を滑らせることによって、綿棒の細かい繊維が角栓を絡めとって除去してくれます。

綿棒の線維は角栓除去シートのような強力な吸着力があるわけではありませんから、まだ毛穴内で皮膚とくっついた状態の角栓は絡め取りにくくなっています。

そのため、肌のへのダメージを最小限に抑えながら無理なく角栓を除去できる方法が、綿棒とオリーブオイルを使用した角栓の取り方なのです。

角栓を取る下準備

より効果的に、そして皮膚を傷めず角栓を取るために、事前に毛穴を広げるようにしましょう。

具体的には、ゆっくりと入浴して身体を温める、ホットタオルを顔にしばらく当てて蒸らすなどの方法を取ると良いでしょう。

オリーブオイルでマッサージをする

毛穴を開かせたら、乾いた皮膚に乾いた手でオリーブオイルをたっぷりと塗りましょう。

オリーブオイルは純度が高いほど肌に良いため、できればエクストラバージンオイルを使用しましょう。

とくに気になる毛穴の部分には、指先を使ってくるくるとオリーブオイルを塗りこみましょう。

このとき、ごしごしと強くこすらないように気を付けましょう。

また、サイトによっては綿棒にオイルを含ませて行う方法も紹介されていますが、綿棒の線維で皮膚をこすり続けてしまうと皮膚にダメージを与えてしまう場合があります。

オリーブオイルの役目はあくまで角栓の皮脂を溶かすことですので、指で行えば十分です。

綿棒を肌に滑らせる

充分にオリーブオイルをなじませたら、綿棒の軸をくるくると回転させながらやさしく肌の上を滑らせましょう。

ぎゅっと押し付けるようにすると皮膚を傷めてしまうので注意してください。

何往復かしていると、綿棒の線維に除去した角栓が絡め取られているのが分かりますよ。

洗顔を行う

たっぷりの泡で優しく洗顔をしてオリーブオイルを落としましょう。

ここでもこすりすぎないことが大切です。

指と肌の間に泡を挟み込むようにして、指を触れずに泡だけで洗うようなイメージで洗顔することがポイントです。

収れん化粧水を使用する

角栓の除去された毛穴は、いつもよりもぽっかりと開いた状態になってしまっています。

このままだとふたたび毛穴トラブルに見舞われることになりますので、しっかりと毛穴を閉じてあげることが大切です。

毛穴を閉じる効果のある収れん化粧水は、1本持っておくと重宝しますよ。

さいごに

綿棒とオリーブオイルを使用した角栓の取り方をお伝えしてきました。

今まで無理矢理角栓を取っていたという方も、これを機に肌になるべく負担の少ない方法で毛穴ケアをしてみませんか?

スポンサーリンク


by
看護師経験を活かして、美容や健康に関する記事をメインにお伝えしていきます♪
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です