毎日をもっと"sweet"に♡

ディーンフジオカ学歴詐称で降板しちゃうの?文春砲の真偽はどっち?

またもや文春が世間を賑わせました!

日本で圧倒的な影響力を誇る週刊文春。様々な芸能スキャンダルを公にし、

その破壊力から”文春砲”という呼称もある程です。

そして最近、今が旬の人気俳優”ディーンフジオカ”が学歴詐称をしているという報道に、

多くのファンがザワついたのではないでしょうか??

その整ったルックスと奇数な経歴で、多才なタレントとして大注目を浴びた彼は、

その変わった経歴から謎にも包まれていますね。


スポンサーリンク


謎に包まれた経歴。かなりの自由人!

海外でデビューをした後に、日本デビューを果たした彼。世間では逆輸入タレントのイメージが強いですよね。

”ディーンフジオカ”の芸名と、その整ったルックスから、ハーフと思っている方も多いかもしれませんが、

血統から見てみると、彼は純日本人だそう。

彼の父親は中国生まれの日本人との事から、一部では中国と日本のハーフと言われています。

なんといっても、彼の芸名が更にややこしくしていると思います(笑)

世界進出を目指すという意味で、芸名に”ディーン”をつけたとされていますが、

由来は学生時代、ホームステイ先の父親から”ディーン”と呼ばれていたそう。

まさか、後のスターの芸名になるとは思ってもいなかったでしょうね(笑)

紆余曲折・・?タレントデビューまでの数奇な道のり

ディーンフジオカがタレントデビューを飾ったのは香港。

なぜ日本人の彼が、しかもアメリカのカレッジを出ているのに、中国?!

と疑問に思ってしまいますね。

彼は、千葉県の高校を卒業後、シアトルのコミュニティ・カレッジに2年間通っていました。

コミュニティ・カレッジに関しては、記事の核心と共に後にご説明します。

カレッジを修了後は世界各国を放浪したとされています。

彼の多才さは、この時に身についたのでしょう!

とても裕福な家庭のようですね・・(;´∀`)

そして香港に滞在していた時に、某クラブのショーに飛び入りでラップパフォーマンスをしていたところ、

現地の雑誌編集者の目に留まり、スカウトをされたとの事。

その為、最初はタレントではなくモデルとしてメディアに出ていたそうです。

そこから数年後、台湾テレビ界の重鎮に出会い、台湾でタレント契約。

数々の作品に出演し、キャリアを積んでいきました。

しかし、その後事務所との契約を更新せず、フリーランスに転向。

音楽活動を主に、インドネシアで活動していたという自由っぷり(笑)

そして数年後には再び台湾の映画に出演し、この作品『セデック・バレ』は日本でも公開され、当時話題となりました。

この作品の出演後、アーティストとして更なる可能性を模索していたところ、

現在の事務所に見初められ契約を交わし、アジアを股にかけて更なるキャリアを積んでいき今に至ります。

スポンサーリンク


本当に学歴詐称?認識の違いにあった!

さて、本題の文春砲によって吐露された学歴詐称問題ですが、

結論から言うと、詐称ではないと思われます。

というのも、先述にあったよう、ディーンフジオカはアジアの各国で芸能活動をしており、

その際に、中国メディアが解釈の違いで『シアトル大学』を卒業したと報じたのが事の発端になっているようです。

正確にはシアトルのコミュニティ・カレッジを卒業しています。

『シアトル大学』というより、『シアトルの大学』という意味でメディアで発言していたのでしょう。

言葉の綾ですね・・。

コミュニティ・カレッジとは日本には無い教育機関ですので、国内に比較対象はありませんが、

日本の”大学講座”等の教育とは異なり、教育機関として認可されている為、現地では立派な”学歴”とされています。

各メディアの報道が紆余曲折し、誤った情報が作り上げられていたのでしょう。

とは言っても、報道により公式情報を訂正をしたあたり、グレーな部分も否定できませんが、

学歴詐称というよりも、訂正と言った方が正確であると言えますね。

才色兼備な事には変わりはありませんが、そうは言ってもタレントは、クリーンなイメージが大切です。

人気タレントとしては、今回の報道は痛手ですね・・。

今後のキャリアにはどう影響していくのでしょうか・・?!

降板説は薄い?!

先月末の学歴詐称問題が明るみに出て、一番話題になったのが

新番組『サタデーステーション』の降板説。

サタデーステーションとは、4月23日より始まるテレ朝の報道番組。

この番組に、ディーンフジオカは不定期でインフルエンサーとして出演する事と、楽曲の採用が決まっているのです。

国際派な彼らしく、国内外に赴き情報を発信するとの事で、

タレントとしての新たなキャリアをスタートさせると、注目を浴びましたね。

しかし、時を同じく学歴詐称問題が報道された事で、今回の降板説が浮上しました。

ところが、番組のスタートが差し迫る中、公式サイトにはトップページに堂々と

ディーンフジオカの名前が公開されたままとなっています。これは、降板は無いと捉えれますね!

良かった!と喜びつつも、うーん・・。なんか歯切れが悪いというか、

踊らされている感を感じているのは筆者だけでしょうか・・?

メディアの工作??

ここからは、筆者の個人的な見解ですが、今回の報道を受けて

なにかカラクリがあると嫌な嗅覚が働きました。

ディーンフジオカの学歴詐称が取り沙汰される少し前に、

ショーン川上が学歴・経歴詐称で文春砲の餌食になりました。

裏で癒着の臭い・・情報操作?!

ショーン川上とは、ハーバード大学で経営学を専攻し、世界的にコンサルタントとして活躍しているという

インテリジェンスを絵に描いたような経歴の持ち主で、

数々の報道系メディアにコメンテーターとしてタレント出演をしていました。

ショーン川上の場合は実際にハーフで、整ったルックス。

世間からは才色兼備キャラとして評価されていたのではないでしょうか。

”国際派”、”ハーフタレント”

実際は似て非なる物ですが、ディーンフジオカと似たイメージがあります。

そんなショーン川上、実際にはハーバードを卒業しておらず、

メディアで公開していた経歴と現実がかけ離れていたのです。

そして、報道番組を降板し、メディアの露出も自粛しています。

そんな中、報道番組が新たに決まったディーンフジオカの学歴詐称報道!

それも、出演する前にですよ・・。

しかも、ディーンフジオカの場合は、文春に公表したという形で学歴訂正。

文春は大きく詐称と報じました。テレ朝と癒着して、話題作りをしたのでは?!と思ってしまいました・・

これって、炎上商法じゃないですか?(笑)

出演後にスッパ抜かれたとあれば、本当に残念・・と思ってしまいますが、

あまりにシナリオが出来すぎていて、話題作りとしか思えませんでした。

ショーン川上のスクープを報道する前から、文春のシナリオが出来ていたと思うと

恐怖を通り越して、さすが文春・・と思ってしまいます。

~あとがき~

芸能界では、テレビ会社や芸能事務所がメディアと癒着し、

情報操作が日常茶飯事となっているようです。(芸能界だけに限らないと思いますが。)

あまり報道を鵜呑みにして、メディアに踊らされないようにしたいものですね;;

今回、ディーンフジオカの番組の降板説は薄い為に

ファンの方は安心して良いと言えるでしょう!

彼の場合は正真正銘の才色兼備なマルチタレントですので、

多少の痛手は被ったとしても直ぐに挽回できるのでは無いでしょうか?

そんな彼の今後の活躍がとても楽しみです!

スポンサーリンク


by
美容や健康について自身の体験を交えながら、女性の役立にたつような記事を書いています_φ(. . )
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です