毎日をもっと"sweet"に♡

毛穴の黒ずみの治し方!綿棒を使うのが一番お手軽かも!やり方を紹介

ポツポツと毛穴の黒ずみや角栓がすごく気になることはありませんか?黒ずみがよく気になるのは鼻が多いですよね。気になりすぎて鼻を爪や指で挟んで、汚れを絞り出す人もいるのではないでしょうか?

無理矢理に爪や指で挟んで汚れを絞り出すと、肌にダメージをあたえ毛穴も皮膚も傷がついてしまいます。毛穴や皮膚に傷がつくと、雑菌が繁殖しやすい肌の状態になり、吹き出物の原因になったりします。

また、毛穴が開いてしまうことで、汚れがさらに溜まり黒ずみが悪化することもあります。

黒ずみや角栓のない、きれいな毛穴になりたいですよね。

そこで、簡単にすぐできる!今ネットを中心に話題となっている、お手軽で効果的な綿棒を使っての黒ずみや角栓ケアの方法を紹介します。

スポンサーリンク


そもそも毛穴の黒ずみって何?なぜできるの?

①毛穴の詰まりによるもの

毛穴が詰まってしまっているのが原因の黒ずみは、特に最も多いとされています。

特徴として、触ると少しザラついた感覚があり、この状態は皮脂や老廃物や古い角質が毛穴に詰まってしまい、その詰まった角栓や汚れが空気にふれ、酸化して生じた黒ずみです。

②メラニンによるもの

メラニンの蓄積によってできている黒ずみの場合があります。

特徴として、触ってもザラついていなく、角栓を抜いたとしても黒ずんでいます。何かの刺激や、紫外線によって毛穴部分にメラニンが発生して黒く見える黒ずみです。

③乾燥によるもの

脂とり紙をよく使用するなどの過度な皮脂対策や、保湿が充分でない場合、毛穴周辺の皮膚のハリが失われて毛穴が開いてしまってできている黒ずみです。

毛穴の黒ずみの治し方!綿棒を使った毛穴の角栓ケアの方法。

今回紹介する綿棒とオイルを使った方法は、毛穴の黒ずみの原因で最も多い、皮脂や古い角質が詰まり酸化してできている、黒ずみの角栓ケアの仕方です。

綿棒で、頑固な角栓をつるんと取ってしまう方法で、オイルを使用し角栓を溶かして毛穴をきれいにするという方法です。

綿棒とオイルを使って角栓をとる方法のメリット!

①肌にやさしい。

ピンセット、指、鼻パックで角栓を取ろうとすると、毛穴の周りの皮膚に刺激をあたえ負担がかかりやすくなります。また、角栓がとれ一時的に黒ずみはなくなったりしても、色素沈着や肌トラブルの原因になりがちでとても危険です。

綿棒とオイルを使った角栓ケアは、綿棒にオイルをたっぷり含ませてするマッサージです。オイルを使うことで皮膚への滑りも良くなり、マッサージしていくとだんだんと角栓がやわらかくなって自然と取れてきます。オイルは保湿成分を持っているものが多いためお肌にやさしいです。

お肌にやさしく、負担をかけずに角栓が取れるのが最大のメリットです。

②頑固な角栓も取れる。

小さくて浅い角栓は取りやすいのですが、厄介なのは毛穴深くまで根を張っている角栓です。

毛穴の中で皮脂や古い角質が固くなってしまっていて、そんな固くなった角栓もオイルと反応する事で毛穴の外に出て来やすくなり、つるんと取れやすくなるのです。オイルは古い角質をはがしたり、毛穴を柔らかくする成分や、保湿成分を持っているものが多くあります。

③揃えやすい低価格。

使うものは綿棒とオイルだけなので、気軽に行う事ができます。

使うオイルにもよりますが、比較的安価で揃えやすくお手軽なのがメリットです。

用意するもの

①綿棒

100均一の安価な綿棒で大丈夫です。

②オイル

おすすめのオイルは、皮脂のバランスに限りなく近い成分のオイルがより馴染みやすいとされています。人間の皮脂に近いとされている椿油・米ヌカオイル・オリーブオイルは、植物性のオイルでもありお肌への負担になりにくくおすすめです。

また、ベビーオイルは、赤ちゃんに使用したり、古い角質を柔らかくして取りやすくするとも言われ、薬局ですぐに購入できるため手軽くていいかもしれません。

ホホバオイルは、植物性のオイルで、不要な角質を柔らかくして毛穴にの汚れなどを浮かせる効果があると言われていて無印食品でも購入でき、このオイルもまたおすすめです。

スポンサーリンク


綿棒を使った毛穴の角栓ケアの仕方

①洗顔をする。

クレンジングや洗顔で、化粧や汚れをきれいに洗い流す。

②毛穴をひらかせる。

蒸しタオルなどで肌を温め、しっかり毛穴を開かせておくと、より効果的に角栓が取れます。

③スキンケアをする。

普段の洗顔後と同じように、化粧水や乳液を使ってスキンケアをする。お肌を整えてから始める方が、肌にやさしく傷めずにできます。

④綿棒にたっぷりとオイルを染み込ませる。

綿棒に染み込ませるオイルの量が少ないと役にたちません。たっぷり染み込ませてすべりもよくマッサージしやすい染み込ませ方がおすすめです。お皿の上にオイルを入れ染み込ませるとやりやすいです。

⑤オイル綿棒でマッサージをする。

オイルを染み込ませた綿棒で、黒ずみが気になる部分を角栓を押し出そうとするのではなく、綿棒でくるくる転がしてなぞるマッサージ方法です。。

抑えてするのもありですが、痛くない程度にマッサージをしてくださいね。

3分くらいマッサージをしていると、角栓が浮き上がってくるのがわかります。そのまま約10分くらいマッサージをしていくと、綿棒にとれた角質がいっぱいついてきます。

鏡を見て、それでもとれていない頑固な角栓があれば、オイルを含ませた2本の綿棒で挟んで押し出すようにするとにゅるっときれいにとれます。

⑥洗顔をする。

洗顔フォームをたっぷり使って泡立てて洗うことで、オイルがしっかり落ちます。オイルが顔に残ったままだと、お肌のトラブルが生じることにもなりかねないので、しっかりとオイルを取って下さいね。

すすぎもしっかり行い、最後に冷たい水で何度かすすぐと、角栓がとれた毛穴がきゅっと引き締まってくるので最後は冷たいお水ですすぐのがおすすめです。

⑦しっかりスキンケアをする。

清潔なタオルで軽くポンポンと余分な水分を取り、化粧水を使い毛穴を引き締めてから保湿化粧水や美容液などで保湿ケアをして下さいね。

肝心なのは、角栓が取れたら毛穴をしっかり締める事です。角栓がとれた開いた毛穴にまた汚れが入らないように、冷水や冷えた化粧水で毛穴を引き締めてあげて、その後美容液でしっかり保湿するのがおすすめです。

綿棒を使った毛穴の角栓ケアで気をつけること

角栓ケアをした後に皮膚が赤くなっている場合は、マッサージの力の入れすぎです。オイルをたっぷり使ってマッサージしても力を入れ過ぎてお肌に負担をかけてしまわないように注意してくださいね。

マッサージは週に1~2回くらいで十分です。

また、使うオイルによって角栓の取り方が違う為、色んなオイルで試してみて、角栓が取りやすい自分に合うオイルを探してみてくださいね。

おわりに

毛穴が詰まってしまっているのが原因の黒ずみは、特に皮脂や古い角質や汚れが溜まったものです。毛穴の黒ずみにならない為にも、普段の洗顔や、洗顔後の毛穴の引き締めの化粧水や保湿ケアが1番大切です。ですが、きちんと洗顔やスキンケアをしていても、黒ずみになることもあります。

その時はぜひ、今回紹介した今ネットで注目されている、手軽で簡単にできる綿棒とオイルを使った角栓ケアの方法を試してみてくださいね。

スポンサーリンク


by
都内在住の25歳で、普段は丸の内OLやってます♡ 誰かの役に立てるような、誰かが思わず嬉しくなっちゃうような記事をお届けいたします♪
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です