毎日をもっと"sweet"に♡

二重整形を夏休みにやるメリットデメリットとは?!

憧れの可愛い二重まぶたになるための方法の一つ「二重整形」。

毎日アイプチで二重を作ったり、メイクでごまかしたりするのは本当に大変でよね。

スッピンを彼氏や友人に見せる事がすごく嫌と思っている人も多いみたい…

そんなお悩みを持つ人のためにある「二重整形」ですが、夏休みに手術をしよう!と決める人がかなり多いんです!

それは一体どうしてなのでしょうか??

今回は、二重整形を夏休みにやるメリットとデメリットについて詳しく調査しました☆

二重整形に興味がある人、迷っている人は知っておくと安心な情報まとめです!

二重整形は夏休みがいい最大の理由

二重整形は夏休みに受けると言いと聞いた事がありますよね?

そう言われる理由はどうしてなのでしょうか?

その答えはズバリ「ダウンタイム」にあります!

ダウンタイムとは、「術後の腫れや内出血が治るまでの期間」の事です。

この期間中は目が腫れたりアザができているように見えたりするので、とても目立ってしまいます!

なるべく人に合わずに過ごした方が良いでしょう。

二重整形のダウンタイムはどのくらい?

では、実際に二重整形を受けた場合、ダウンタイムはどのくらいなのでしょうか?

二重まぶたにする手術は、大きく分けると「埋没法」と「切開法」と言う2種類の方法に分類できます。

どちらの方法を選ぶかによって、ダウンタイムは大きく異なります。

①埋没法

【ダウンタイム:数日】

メスを使わないず手軽に受けられるプチ整形の一つです。

埋没法は糸と針で二重を作ります。

メスでまぶたを切らないので、ダウンタイムを短く抑える事ができます。

2、3日で腫れが引きます。

埋没法の種類や使用する糸と針によって、前後する事もあります。

デメリットは、糸が緩んで元に戻ってしまう可能性がある事や、二重のデザインに限界がある事です。

②切開法

【ダウンタイム:2〜3週間】

メスでまぶたを切開して行う二重手術で、傷口を糸で縫合するため1週間後に抜糸が必要です。

腫れが治るまでに約2週間ほど時間がかかるので、学校や仕事を長期間休まないといけません。

一部の箇所だけを切開する部分切開法と、まぶた全体を切開する全切開法があり、部分切開法の方がダウンタイムは短く済みます。

デメリットは、一度手術を受けると元に戻せない事です。

このように、二重手術には必ずダウンタイムがありますので、夏休みのようにまとまったお休みの期間であれば人目を気にせずに手術が受けられますよね。

二重整形を夏休みにやるメリット

二重整形を夏休みにやる最大のメリットは、先ほどご紹介した「ダウンタイム」の問題でした。

それ以外にもメリットはあるのでしょうか??3つご紹介します!

①何かあった場合に時間を十分に取れる

例えば休暇をとって二重整形を受けたとします。

しかし、その際に思わぬトラブルがあったら、1週間では対処できないかもしれません。

夏休みであれば余裕を持って過ごせるので、術後に万が一の事があっても安心です。

②夏休み明けに二重になった変化をごまかしやすい

可愛い二重になりたいけど、整形したとは思われたくない…

少し矛盾しているようにですが、乙女心としてはやっぱりバレたくないですよね!

夏休みに二重整形をすれば、友人や同僚に久々に会う事になるので、メイクが変わっていたり髪型や雰囲気が変わっていても不思議ではありません。

イメチェンをしてごまかしやすいのでおすすめです。

③サングラスをかけていても違和感がない季節

ダウンタイムの間に、どうしても外出しなければいけない用事ができてしまったら、サングラスをかければ腫れや内出血を隠す事ができます。

夏という季節柄、サングラスをしている人が多いので、悪目立ちする事はまずありませんので安心です。

二重整形を夏休みにやるデメリット

二重整形を夏休みにやるメリットはわかりましたが、逆にデメリットもあるのでしょうか?

知っておきたいデメリットを2つご紹介します。

①せっかくの夏休みに予定を入れにくくなる

ダウンタイムの間は自宅で安静にしている事をおすすめします。

腫れている状態で人に会いづらいというのもありますが、患部はデリケートな状態ですのでなるべく無理せずに過ごした方が安心でしょう。

そのため、夏休みは楽しい予定をたくさん入れたくなりますが、ダウンタイムが無事に終わるまでは予定を入れない方が良さそうです。

②夏休み明けに人に会うのが緊張する

夏休み明けに可愛い二重になって人に会う時に、バレるのではないかと緊張します。

メリットでもご紹介しましたが、長期間会っていない状態なのでごまかす事は可能ですが、もしどうしても気になる人は、春休みがおすすめです。

春休み明けはクラス替えや人事移動など、周囲の人間関係が変化するタイミング。

これを狙う事で注目を集めにくくなります。

まとめ

いかがでしたか?二重整形を夏休みにやるメリットデメリットをご紹介いたしました。

腫れや内出血が治るまでは、できるだけ人に合わずに自宅で静かし過ごせると安心ですね。

どうしてもまとまった休みが取れない人は、腫れにくい埋没法などもありますので、諦めずに相談してみると良いと思います。

二重整形をする人が多い時期は、やはり長期休暇がある夏休み・冬休み・春休みです。

なるべく負担を少なくするためにも、二重手術を検討中の人はぜひお休みを活用して安心して受けてくださいね!

by
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です