毎日をもっと"sweet"に♡

日焼け止めランキング!敏感肌用やオーガニックもおすすめ

お肌のために、一年中使用するべき日焼け止め。

暖かくなってきて、これから特に紫外線対策をしなければなりませんよね。

日焼け止めには、ジェルやクリーム、スプレーやパウダーなど色々な種類があり、様々なブランドから販売されています。

また、SPF値が高いもの、下地として使えるもの、ウォータープルーフタイプなど、目的に合わせて選ぶ日焼け止めも多くあります。

最近では、敏感肌の方や、子供の顔などにも使用できる、ノンケミカルやオーガニックの日焼け止めも人気です。

今回は、数ある日焼け止めの中から、オススメの日焼け止めをご紹介していきます。

スポンサーリンク


日焼け止めを使うべき理由

まずは、日焼け止めをなぜ使うべきなのか、まとめてみました。

老化防止になる

紫外線は、日焼けの原因となるだけでなく、お肌の老化を早める最大の原因と言われています。

シミやシワなど、お肌の老化を防ぐには、紫外線から守ることがとても大切です。

紫外線の影響は、すぐに現れる訳ではないので、紫外線対策をサボってしまう人も少なくないと思いますが、お肌を老化させない為には、まず、紫外線対策をしなければなりません。

日焼け止めは、紫外線からお肌を守ってくれるので、紫外線対策には必須です。

肌トラブルを防ぐ

冬は、乾燥が気になり、保湿をよくするように心がける方も多いと思いますが、実は夏も気をつけないと、お肌が乾燥してしまいます。

紫外線を、20~30分ほど浴びただけで、お肌の水分量は減少するそうです。

お肌の水分量が低下すると、角層の細胞が成熟しにくい肌環境になり、バリア機能の低下を引き起こし、ますます乾燥し、肌トラブルの原因を招いてしまいます。

そして、紫外線による日焼けや、炎症が起こりやすくなるという悪循環に。

日焼け止めを使用していないと、たった数十分の間でお肌はダメージを受けてしまうので、日焼け止めはとても重要になります。

日焼け止めの選び方

ここまで、日焼け止めの重要性をまとめましたが、次は選び方です。

始めに書いたように、日焼け止めには様々な種類があり、選び方にポイントがあります。

目的別に選び方のコツをご紹介します。

絶対に焼きたくない

一番の目的が、絶対に焼きたくない!という方は、日焼け止めに書いてある、SPFとPAを確認すると良いようです。

・SPFとは

SPFは、サンプロテクションファクター(Sun Protection Factor)の略。

主にUV-B(紫外線B波)の防止効果の目安を表す数値です。

SPFの後に書いてある数字が大きい程、効果が高くなります。

具体的にこの数字は、紫外線が当たり出してから、日焼けを起こしてしまうまでの時間を遅らせる目安です。

SPF30であれば、日焼けを起こすまでの時間を30倍遅らせることができる、という仕組みです。

ですので、焼きたくないからといって、むやみにSPFの高いものを選ぶことはなく、ちょこっと外にお買い物に行く程度で、SPF50を使う必要はないのです。

SPF50以上を使った方がいいのは、外で1時間以上のスポーツをする時などです。

・PAとは

PAは、プロテクショングレイドオブUVA(Protection Grade of UVA)の略。

UV-A(紫外線A波)の防止効果を表す目安の数値です。

表記にある、+が多いほど、UV-Aに対する効果が高いです。

効果には四段階あり、+、++、+++、++++のどれかが書いてあります。

PA+…効果あり

PA++…とても効果あり

PA+++…非常に効果あり

PA++++…極めて高い効果あり

という設定になっているようです。

具体的には、赤くなる日焼けより、老化を防ぎたい方は、PAが高いものを選ぶと良いようです。

日焼けをとにかくしたくない方はこの、SPFとPAの表記をチェックして選んでみてください!

ヨレないものがいい

日焼け止めを使うと、メイクがヨレやすく嫌という方も多いのではないでしょうか。

そういう方にはクリームタイプがオススメです。

しっかり塗る事ができ、落ちにくく、化粧下地として使えるものも多くあります。

しかし、クリームタイプはヨレにくい分、落クレンジングの際、なかなか落ちづらいです。

また油分が多いため、肌荒れ、ニキビ等の原因になることも。

クリームタイプを使用した日は、クレンジングと、洗顔後のスキンケアを、いつもよりきちんと行うのが重要です。

肌荒れしたくない

日焼け止めは、お肌への刺激が強いものも多いです。

なるべく、お肌に優しいものを使いたい方は、クリームタイプやジェルタイプがオススメです。

クリームタイプは、化粧水のようなテクスチャーで扱いやすく、敏感肌の方でも安心して使いやすいです。

ジェルタイプは、日焼け止めを塗った時のべたつきが気になる方におすすめです。

伸びが良いので全身に使いやすいのもポイント。

全身にまんべんなく使いたい

髪の毛や、背中などに日焼け止めを使用するのは難しいですよね。

全身くまなく日焼け対策をしたい方には、スプレータイプがオススメです。

しかし、スプレータイプは持続力が弱く、汗や水等に弱い場合もあるので、顔、腕、足などは、液体タイプの物を使い、髪や背中など、塗りづらい所のみポイントで使うことをオススメします。

塗り直しがしやすいものがいい

日焼け止めは、こまめに塗り直さないと効果が薄れるものですよね。

しかし、特にメイクの上からは塗り直しが難しいですし、顔以外でも、液体状の物は手間がかかりますよね。

そんな時に使いやすいのが、パウダータイプとシートタイプです。

また、パウダータイプはお肌に優しいので、敏感肌の方にもオススメ。

シートタイプは、持ち歩きにも便利で、外出中でも、ささっと使用できるので、とっても便利です。

スポンサーリンク


日焼け止めオススメランキング

では次に、オススメを効果や特徴と共に、人気なもの順にまとめてみました。

ここまで紹介した、様々な種類の日焼け止めから、敏感肌の方へのオススメや、最近人気のオーガニックの日焼け止めなどもあるので、是非参考にしてみてください。

ニベア サンクリームケアUVクリーム


SPF50+

PA++++

この日焼け止めは、保湿力と、ヨレにくさが人気のポイント。

しっとりした使い心地で、UVカットしながらお肌を乾燥から守ってくれる日焼け止めです。

SPFとPAも高いので、日焼け防止効果も抜群。

アネッサ パーフェクトUVスキンケアミルク


SPF50+

PA++++

絶対に焼きたくない!という方にはお馴染みのアネッサ。

日焼け防止効果はばっちりで、水や汗にも強く、海水浴に行く際や、炎天下で過ごす日も安心の、頼れる日焼け止めです。

しかし、その分かなり落としづらいので、クレンジングと洗顔後のケアはしっかりすることをオススメします。

ビオレ UVアクアリッチウォータリーエッセンス


SPF50+

PA++++

こちらは、伸びがよく塗りやすいテクスチャーであることと、ひんやりした肌触りが人気のポイントです。

こちらはアネッサに比べてこまめな塗り直しが必要そうです。

NOV UVミルクEX


SPF32

PA+++

こちらは、皮膚科での取り扱いもある、敏感肌の方にオススメのお肌に優しい日焼け止めです。

低刺激で、保湿効果も高いので、お肌を労わりながら日焼け防止したい方にぴったりです。

ウェアルーUV(HANA オーガニック)


SPF30

PA++

こちらはオーガニックの日焼け止め。

オーガニックコスメとは、化学成分を使用せずに作られたコスメのこと。

オーガニック日焼け止めの良い点は、何と言っても低刺激であることです。

基本的に市販の日焼け止めには、「紫外線吸収剤」という防止剤が含まれており、肌荒れやかぶれを引き起こしてしまう可能性のある成分です。

オーガニックの日焼け止めは、ノンケミカルな「紫外線錯乱剤」という成分によって紫外線をガードしてくれるのですが、この成分は、お肌への負担が少なく、敏感肌の方や赤ちゃんでも使いやすいもの。

オーガニックコスメである、ウェアルーUV(HANA オーガニック)の人気のポイントは、ノンケミカルであるのに、SPF30を実現しており、低刺激なのにUV効果も高いところ。

そして、オーガニック植物エキスの美容液がベースとなった日焼け止めなので、保湿効果と美肌効果もあり、クレンジングの際も、クレンジング剤不要でとってもお肌に優しい日焼け止めです。

UVケアミルク アロマイン(シンシアガーデン)


SPF30

PA+++

こちらもオーガニックの日焼け止め。

こちらが人気のポイントは、ノンケミカルの日焼け止めにありがちな、白浮きやベタつきがなく使用感が良いところ。

伸びが良く、化粧下地としても優秀。

そしてもちろんクレンジングが不要で石鹸で落とせるところも、敏感肌には助かるポイントです。

最後に

いかがでしたか?

日焼け止めにも種類がかなりありますよね。

ご自身の肌質や、目的別に選んで、そのシーンによって使い分けるのがポイントになりそうです。

日焼け止めを上手く使い分け、夏の紫外線かお肌を守りましょう!

スポンサーリンク


by
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です