毎日をもっと"sweet"に♡

クリスマスに付き合ってない人にプレゼントをもらった場合の正しい対応!

クリスマスが近づくと、誰と何をしようか予定を立てたりし始める人も多いと思います。また、友達どうして、彼氏に、家族にとプレゼント選びにワクワクする方もいるのではないでしょうか。

プレゼントを贈ることはそれなりに考えるのですが、あまり考えることがないのが、プレゼントをもらう立場。

彼氏や家族など、もらっても不思議でない間柄なら何も考えなくてもいいのですが、あまり親しくない人からもらったりすると「なぜ?」と思いますよね。

しかも、それが付き合っていない男性からで突然もらったりしたら…受け取るべきか、断るべきか、悩んでしまいますね。そこで、クリスマスに付き合っていない男性からプレゼントをもらった場合、どういう対応をするのがいいのか。ケース別に見ていきましょう。

スポンサーリンク


プレゼントが嬉しい!気になる男性からもらったら

付き合ってはいないけれど気になっているという男性からクリスマスプレゼントをもらったら、当然嬉しいですよね。

ですが気になっていたとはいえ彼氏ではないし、自分は用意していない…ということも多いはず。そんな時には落ち着いて、改めてお礼のプレゼントを用意しましょう。

向こうも付き合ってないのに用意してくれるとは、基本的に思っていないはず。失敗した…と落ち込まず、まずはもらったら目いっぱい喜びましょう。「貰えると思ってなかったから嬉しい」と素直に伝えれば、相手も喜んでくれるはずです。

お礼のプレゼントで気持ちを伝える

気になる男性からクリスマスにプレゼントを突然もらったら、しっかり好感度が上がるお返しがしたいですね。

かといって重すぎるのはもちろんNG。プレゼントをくれるということは嫌われてはいない可能性の方が高いですが、恋愛感情があるとは限りません。

基本的に、もらったプレゼントよりも高額なお返しはしないのが普通です。何をあげたらいいのかどうしてもわからない場合は、もらったプレゼントを参考にしてみましょう。

もらったプレゼントというのは、相手の男性が「この人に対して贈ってもおかしくないな」と思ったものです。アクセサリーをもらったなら、同じように身に付けるカフスボタンや時計でもおかしくありませんし、お菓子だったら同じようにお菓子やお酒などでもいいですね。

ただお菓子だけだと気持ちが伝わりにくいので、メッセージカードなどで一言添えると特別な感じがアップします。

イブにもらったのなら、間に合うようであれば25日にすぐ用意してお返ししても構いませんが、慌てて用意したように見えてしまうことも。相手も「悪いことをしたな」と感じてしまいやすいので、バレンタインなどに機会を用意するといいかもしれません。

スポンサーリンク


気のない男性からプレゼントをもらってしまったら

想像もしていなかった、あまり親交の無い人から突然クリスマスにプレゼントをもらったら、大抵の人が戸惑いますよね。ですがせっかく用意してもらったものを無下に断るのも悪いし…と受け取る人がほとんどのようです。

特にまじめな人ほど「断るのは申し訳ない」と思うようです。自分のために用意してくれたものを無駄にさせてしまうのが心苦しいのですね。

ですが自分に彼氏がいる場合や、相手に好意があってこちらにはない場合など、断ればよかった…と後々後悔する人が多いのも事実です。

気のない相手からプレゼントをもらったらどうしたらいいのか、受け取る場合、断る場合のケースをみていきましょう。

受け取ったらお返しはした方が◎

たとえ気の無い相手でも、プレゼントを受け取ったらお返しはするのがマナー。数千円程度でしたら同程度か少し安いものがいいでしょう。相手に変な勘違いをされたくないのなら、スイーツや飲食系の消えるものがベターです。または、カタログギフトなど明らかに義理だとわかるものがいいでしょう。

どこかへ遊びに行くような間柄なら、お返し代わりに次の支払いを引き受けたり、またどこかへ行ったときのお土産などで返すのもいいでしょう。基本的に形に残らないものでお返しするのが、相手を勘違いさせないコツですね。

上司など目上の人から高額なプレゼントをもらってお返しに困る場合は、値段の3割~4割程度、または数千円程度のものを目安に選ぶのがいいようです。筆記用具や金券など、目上の人に贈ると失礼にあたるといわれるものもあるので気をつけましょう。

大抵の上司は、贈った相手にお返しとして部下に高額な出費をさせることを望みません。相手にもよりますが、感謝の気持ちが伝われば十分だと考えましょう。

また、相手が既婚者だったり彼女がいるのがわかっている場合は、やはり飲食系の詰め合わせや無難なギフトセットにしておいた方がいいようです。

プレゼントを断るケース

まず、自分がプレゼントを受け取りたくない場合。彼氏がいて勘違いされたくない、相手に好意があるのがわかっているけれど、それには応えられないから断りたいなどがあります。

わざわざ用意してくれた相手に悪い、人前で断ると相手の立場が無いなど断りにくいかもしれませんが、後々トラブルにならないためにもしっかりと断りましょう。

彼氏がいる場合は「嬉しいのだけれど、他の男性からもらうと彼がいい気持ちにならないので」「揉め事の元になるので、申し訳ないけれどお断りさせてください」と、相手に非が無いことを伝えましょう。

付き合っている相手がいないけれど断りたい場合、「せっかくですが私にはいただく理由がありません」「付き合っていない男性の方からは受け取らないことにしています」と前置いたうえで、「困りますのですみませんがお持ち帰りください」ときっぱり断りましょう。

クリスマスプレゼントを受け取るだけで両思いだと勘違いする男性もいますので、危ないなと思ったらしっかりとその場で断ることが大事です。きっぱりと言いにくいという人は「以前勘違いされてしまったことがあるので、受け取らないことにしているんです」と言うといいかもしれません。

いったん受け取ってしまったけれど返したい

付き合っていない男性からプレゼントを受け取ったけれど、開けたら高額だった、または指輪など重いもので困ったという人もいるようです。

そういう場合はすぐに相手に返しに行くのも一つの方法です。受け取ってしまった、どうしよう…と悩むのではなく、いただけないと相手に伝えましょう。

特に明らかに相手に好意がありそうな場合、そのまま受け取ってしまうと彼氏になったつもりになられたり、あとで告白されて断った時に「じゃあなんで受け取ったんだ」「もう買って日が経っていて返品できない。現金で返せ」と言ってくる男性も。

「付き合ってもいない方からこういうものは受け取れません」と、相手と自分の関係性をはっきりさせておきましょう。

断るときはしっかり断る!

例え普段から仲が良い相手でも、自分が貰うプレゼントとしておかしいと感じたら、「なぜこれを自分にくれるのか」としっかりと相手に理由を聞くのがトラブルを避けるポイントです。

また、その男性が他の女性にもプレゼントを配っているか、自分が他の男性からもらっているか、日頃の付き合い方などで対応も変わります。

クリスマスはやはり男女にとって特別な日。付き合っていない男性からのプレゼントを断るのが失礼ということは決してありません。

受け取ること自体が相手に失礼だなと思ったらしっかりと断り、受け取るならきちんとお礼をするのが大切です。

スポンサーリンク


by
「タマゴから、まずはその足を一歩踏み出そう。」をモットーに、前向きになれる記事を皆さんにお届けします。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です