毎日をもっと"sweet"に♡

マウンティング女子の特徴とは?対処法を詳しく解説!

女子同士のおしゃべりって楽しくて、時間を忘れて気づいたら、話していただけで5.6時間経っていたなんてことありますよね?♪

しかし、楽しいはずの会話の中で何か違和感を感じたり、原因のわからない嫌悪感でもやもやしたりした事はありませんか?

もしかしたら、その原因は、お話し相手から「マウンティング」されているからかもしれません。

「マウンティング」とは、動物が上下関係の確認の為に、相手に対して馬乗りになる行為の事。

これが転じて、人付き合いの中で自分が優位に立つために格付けしたり、相手を貶めたりする行為の意味でも「マウンティング」が使われるようになりました。

「マウンティング」は間接的で陰湿なやり方が特徴な為、女子に多く見られる行動です。

今回はそんなマウンティングを日常的にしてしまう「マウンティング女子」の特徴、そしてその対処法をまとめてみました。

スポンサーリンク


マウンティング女子のタイプ

マウンティング女子には、様々なタイプが居ます。
その中でも、代表的なパターンをいくつかご紹介します。

自虐タイプ

一見、相手を上げ、自分を落としているように見せかけて、実は自慢のオンパレードという、なかなか巧妙な手口を使うのがこの自虐タイプ。

・「○○ちゃんはメイク上手でいいなぁ。私、メイク上手くできなくて、結局いつもすっぴんなんだよね〜。」

・「結婚してから、毎日家事と子育てが大変で。。。独身って気楽で羨ましい!」

・「○○ちゃんって大人っぽくていいよねー!私いつも年齢より下に見られて、嫌なんだよね〜。」

などなど、、、

これらは

・すっぴんでも可愛い私アピール

・独身のあなたとは違って幸せな私アピール

・私っていつも若く見られるアピール

ですね。苦笑

その他に、SNS等で、バッチリ決めた自撮りの写真に「なんで私ってこんな可愛くないんだろう、、、可愛くなりたい!」等の自虐的なコメント付きの投稿をするという名人芸も。

これは、本当に自分が可愛くないと気にしている訳ではなく、完全に「世の中の女子全員、敵に回してるよ!」待ち。

アドバイスタイプ

尊敬している人、こちらが可愛いと思っている相手、もしくは本当に自分のことを思ってしてくれる人からのアドバイスは、とてもありがたいものです。

しかし、要らぬアドバイスの押し付け程、ストレスの溜まるものはないですよね。

・「今日のコーディネート、いいねー!でもちょっと惜しいんだよな〜。アクセサリー変えたら100点。」

・「いつもショートヘアだけど、たまには、ロングにしてみたら、可愛くなるんじゃない?」

って「いやいや、いつから私の事プロデュースし出した?誰目線?ていうかあなた誰?」と思ってしまいますよね笑

天然タイプ

中には、悪気なく、そんなつもりはないのに、結果マウンティングしてしまっていて、周りから反感を買ってしまうタイプも。

・「テスト97点しか取れなかったどうしよう〜泣」

・「そのスカート私も欲しかったの!でもサイズがどれも大きくて、諦めたんだ〜いいな〜。」

・「〇〇ちゃんすっごく力持ちだね!私、お箸より重い物持ったことないから、尊敬するー!」

と、ちょっとこれは極端ですが笑

しかし、周りからしたら、嫌味に聞こえてしまうような発言をする人でも、本人からしたら、それが当たり前で悪気のないパターンもあるんです。

本当にストイックな方であれば、テストで97点を本心で悔やんでいるかもしれません。

自分の履いているスカートを、大きいサイズしかなかったから買えなかったなんて言われたら、「私の方が細いアピール」されていると思ってしまいがちですが、実際のところ、体型の悩みは人それぞれ。

お金持ちの家庭に育ち、周りにも恵まれ、あまり苦労せず生きてきたお嬢様タイプも、天然でマウンティングしてしまう傾向にあります。

どんな理由であれ、人を傷つけるのは良くないですが、このような天然タイプは何も悪気が無いことを理解しましょう。

マウンティングへの対処法

マウンティング女子への対応って、いまいちどうしたらいいかわかりませんよね?

関わらないのが一番の方法ですが、そうもいかない相手がいる方も多いと思うので、いくつか対処法をご紹介します。

受け流す

無心で聞き流す、気づかないふりをする、適当に相槌を打っておく、気にしない。

シンプルですが、一番平和ですよね。

受けて立つ

先ほどと違い平和じゃないので、あまりオススメはしませんが、あまりにうるさい場合は、受けて立って黙らせましょう笑

例えば最初に書いたマウンティング女子の発言

「○○ちゃんはメイク上手でいいなぁ。私、メイク上手くできなくて、結局いつもすっぴんなんだよね〜。」

このようなマウンティングをされたら、相手が面倒になる程、事細かにメイクのアドバイスをしてみる。

「今日のコーディネート、いいねー!でもちょっと惜しいんだよな〜。アクセサリー変えたら100点。」

これには、「えーどんなのにしたらいい?どこのブランド?なんでそれが合うと思うの?」等、相手が引くほどアドバイスを求める。

と、マウンティング女子に「もういいよ!」と思わせることがミソ。

信じられない程褒める

マウンティング女子は褒められることで、欲求が満たされることが多いです。

褒めてあげたら、その場は丸く収まるはず。

しかし、普通に褒めているだけだと、今後もマウンティングをし続けられてしまう可能性もあるので、こちらも先程と同様、マウンティング女子に「もういいよ!」と思わせる作戦です。

「ねえなんでそんなにすごいの?すごいすごいすごい!すごーい!〇〇ちゃんよりすごい人なんて見たことない!」

と、ふざけているのかと思う程、褒めていたら、マウンティングしがいが無いなあと、やめてくれる可能性大ですよ。

スポンサーリンク


マウンティング女子の心理

マウンティング女子の標的にされると、ストレスが溜まりますし、いい事はありません。

しかし、何故、マウンティング女子は、嫌いな訳ではない相手にもマウンティングをしてしまうのでしょうか?

ここまでマウンティング女子を、悪者にするようなことばかり書いてきましたが笑、その心理を考えてみると、悪気はなく、少し可哀想な場合が多いです。

もしかしたら少し可愛らしく感じるかもしれませんよ。

自分が話の中心に居ないと気が済まない

自分に関係のない話や、他の子が中心となった話題の時に、機嫌が悪くなる女子っていますよね。

このようなタイプは、かまってほしいという心理から、自分が注目を浴びる為にマウンティングしてしまうようです。

つまり、寂しがりやさん。

一緒にいるメンバーが好きだからこそ、みんなにかまって欲しくて、マウンティングしてしまうのかも。

自分に自信が無い

自分に自信がなかったり、コンプレックスが強い、相手に嫉妬心がある場合もマウンティングしてしまうようです。

確かに、マウンティング女子って心に余裕が無い感じがしますよね。

マウンティングすることで、自身の無さから生まれた心の穴を埋めているのかもしれません。

最後に

人を見下すことで、満足を得るというスタンスって可哀想じゃないですか?

マウンティング女子に対して、イライラしたり、対抗心を抱いてしまうことがあると思いますが、正直、対抗したら、同じレベルになってしまいます。

マウンティングされているのは、嫉妬されている証拠。

余裕を持って対応することが一番の対処法かもしれませんね!!

スポンサーリンク


by
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です