毎日をもっと"sweet"に♡

クリスマスまでに彼氏を作る方法!11月から本気を出すあなたへ

ハロウィンも終わると、次の大きなイベントはやはりクリスマス。11月も半ばになると、あちこちがクリスマスムードに様変わりしますよね。

彼氏がいる人はウキウキと予定を立てたり、プレゼントを考えたりと忙しいものですが、独り身には少しつらい季節。

夏もとっくに終わったし、ハロウィンイベントでも彼氏ができなかった…このままクリスマスまで彼氏ナシかも…と諦める人もいますよね。

ですが、諦めるのはまだ早い!彼氏というのは、できるときは驚くほどあっというまにできるもの。たとえ11月でも、クリスマスまでまだまだチャンスはあります。

すてきなクリスマスを迎えるため、11月からの出会いのポイントをチェックしていきましょう。

スポンサーリンク


11月だからこそ相手探しに気合が入るのは男女共通

11月から相手を探すなんて遅いんじゃないかな…と思う人も多いですが、クリスマスを1人で過ごしたくないと考えているのは男性も同じ。

せっかくだし出会いを探してみようかと思っている男性も多く、クリスマス前と感じている気持ちも同じなので、上手くいけばトントンとお付き合いまで話が進むことも。

今更、ではなく今からだからこその出会いがあるのも事実です。合コンや街コンはもちろん、クラブなどにも積極的に顔を出してみましょう。

特に11月は気候もよく、紅葉や各地のお祭りなど、人が集まるイベントは結構多いものです。カップル向けのイベントが少ない今だからこそ、新しい出会いのために色々なイベントに参加してみましょう。

母校の学園祭や地元の地域祭りにもチャンス有り!?

新しい出会いを探すのももちろん大切ですが、懐かしい同級生と再会して恋に発展するケースも実は多いものです。

11月は学園祭や文化祭など、学校関連の催し物も多いので、寄ってみるのも手かもしれません。また、それを機に学生時代の友人を誘って、それとなく誰か紹介してくれないか聞いてみるのもいいですね。

区民祭りや市民祭りなど、近所のイベントに顔を出すのも大切です。知った相手なら自己紹介する手間もなく、「今付き合ってる人いないの?」という流れにも持っていきやすいです。

友達が知らない男友達と来ていたりすれば、その分チャンスも広がります。特に出かける用事がなければ、そういったイベントにも足をのばしてみましょう。

また、結婚式に呼ばれたりしやすいのも、暑さが落ち着いてきたこの季節。声がかかっていたら是非二次会などにも参加して、新しい出会いのきっかけにしたいですね。

12月に入ってからが本番!

12月になり、クリスマスが近づくにつれてどんどん焦ってしまいがちですが、実はクリスマスに近い方が出会いのチャンスは高くなるようです。

女性が焦っているときは同じように男性も焦っています。あまり堂々とアピールすると「クリスマス前で必死」と取られてしまいますので、「ちょっと一人で困ってる」くらいのノリで周りにアピールしていくといいでしょう。

強がるよりは寂しがる方が高ポイント

クリスマスに一人なんて寂しい…と思われたくなくて、「クリスマスはちょっと忙しそうで…」「その日は仕事が入りそう」「もう女友達と約束が…」と言ってしまう人もいますが、これはNG。

また、「クリスマスってどこも混んでるし…」「プレゼント準備するのって大変そう」など、ネガティブなことを言うのも印象がよくありません。

「クリスマス予定ないの?」と聞かれたら、素直に「ないんだよね~一人だと寂しいから入れたいんだけど!」と笑えるくらいの受け答えができたほうが、見ている男性には好印象です。

逆に男性が同じようにネガティブなことを言っていたら、クリスマスを彼女無しで過ごすのが嫌な気持ちの裏返しかもしれません。

それなら残念だね、一緒に過ごせたらと思ったけど…とさりげなくアピールしておくと、誘ってくれるかもしれませんね。

また、SNSでさりげなく「クリスマスに予定がない(笑)!」と明るく笑い飛ばしておくのも手です。

何回も言ったり、あちこちで発信するとしつこいと思われることもあるので注意が必要ですが、気になる男性がいるSNSでは一度試してみるのもいいですね。

週末にかけてはラストスパート!24日には恋活イベも

結局彼氏ができず、もうすぐクリスマスイブ…となったとしても、そこで諦めてはいけません。

2017年のクリスマスイブは日曜日。つまり22日の金曜日、23日の土曜日が一番の狙い目です。クラブやバーなど、夜の出会いスポットには積極的に行ってみましょう。

クリスマス直前の週末に女性だけで行動していれば、男性も「相手がいないのかな?」と当然思います。「もう明日イブだけど、予定ないの?」という声も普通にかかりますよね。

もう今更外に出ても寂しいだけ、と思わずに、諦めずに外へ出かけましょう。特に23日の土曜日は、そのまま0時でクリスマスイブ。「このままクリスマスイブを一緒に迎えない?」なんて出会いもあるかもしれません。

そして24日は日曜日!実は当日の街コンや恋活イベントというのは結構多いものです。イブに恋活イベなんて寂しすぎる!ではなく、最後の大チャンスなのです。

実は毎年、クリスマスの恋活イベントは男性枠が即座に埋まるほどの人気ぶり。もちろん女性の枠も人気には違いないので、最後の手段と後回しにせず早めに確認するのがポイント。

横浜や表参道など、オシャレな場所でも大規模に開催されていることもあるので、忘れずにチェックしましょう。

クリスマス前の出会いには落とし穴も

クリスマス前に出会う方法は意外と多いのですが、実はクリスマス直後に別れるカップルが多いのも事実です。

クリスマスが目前で焦りがちになっているせいもありますが、付き合ってからクリスマスを迎えるまでが短いので、イブや当日はとても優しくてカッコよく見えたのに、後になってなんだかうまくいかない…ということは珍しくありません。

男性もクリスマスを一人で過ごしたくない気持ちからカッコつけたりもしやすいので、直前の出会いにクリスマス補正があることは覚悟しておきましょう。

付き合ってすぐなのに、クリスマスに高価なプレゼントを要求されたりということもないわけではありませんので、その辺も注意が必要です。

スポンサーリンク


諦めないことが一番のポイント

クリスマスが近くなるにつれ、どうしても諦めてしまいがちになりますよね。必死になるのもなんだかカッコ悪いし、クリスマスなんて面倒なだけ!と思うことでやり過ごそうとしてしまいたくなります。

ですが、クリスマス前だからこそある出会いもあります。夏が終わり、ハロウィンも過ぎた11月はカップルが別れやすくなる季節でもあるのです。

周りが幸せそうだと、つい「自分だけが」と悲観的になってしまいそうになりますが、同じような男性も多いということを忘れずに、前向きに外に出かけましょう。

また、クリスマスだけなんとか彼氏と過ごしたい!という気持ちももちろん大切ですが、これをきっかけに長くお付き合いできる相手と巡り合いたいもの。

クリスマスが終わればすぐに大晦日、お正月です。さらにバレンタインデーにお花見と、一緒に過ごせるイベントは多くあります。

そんな先々のイベントも話しながら、まずはクリスマスを一緒に楽しく過ごそうというスタンスでいれば、そこだけで終わらずに長続きするかもしれません。

彼氏が欲しいという気持ちがあれば、ギリギリでも当日でも、チャンスはあるもの。諦めずに、ハッピークリスマスを目指して頑張りましょう!

スポンサーリンク


by
「タマゴから、まずはその足を一歩踏み出そう。」をモットーに、前向きになれる記事を皆さんにお届けします。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です