毎日をもっと"sweet"に♡

彼氏が冷めた…?遠距離でも気持ちを取り戻すためのLINEテク

恋愛が一番楽しい時といえば、好きな人ができた時?
それとも、その恋が実ったときでしょうか。

ドキドキしながら胸の内を告白し、嬉しい返事がもらえると世界はバラ色に変わりますよね。
これからその人とどこへ行こうかとわくわくしながらデートプランを考えます。

ファッションも普段は着ないような服までクローゼットの中から引っ張り出したり、
メイクもいつもと違う感じにしたりと、内から輝きだしますね。

付き合い始めはよかったのに、段々長くいる時間が増えてくるとあの楽しかった時間が嘘のようになります。
最近ラインが短いような……もしかして彼氏が冷めてきた?

近くに住んでいても彼の気持ちが分からなくて怖い!
その上、遠距離だったどうなるのでしょうか?

そんな時は、ちょっとした男性心理をくすぐるラインのやりとりで彼の気持ちを取り戻しましょう。
そのテクニックをご紹介しますね。

男心をつかみたい!

恋をすると、どうしても相手のことばかり考えてしまいますね。
それは付き合っていても同じで、スマホ片手に悶々と考え込んでしまいます。

近くに住んでいたら会って話もできるし、顔を見て安心できます。
しかし遠距離はすぐにでも会いに行きたいのに、中々それができません。

ラインや電話だけのやりとりに、彼が冷めたのかと心配になります。
そんなときは男心をつかむ簡単ラインテクニックを実践です!

まずは、相手の都合を思いやって

好きな人や彼氏とはいっぱい電話で話してラインして、気持ちを分かり合いたいのが女性ってものです。
だけど、一回ラインを送ったのに返事がないからって返事を催促していませんか?

相手にも仕事があり、男の付き合いがあり、プライベートがあります。
しつこく返事を催促されると、こっちだって忙しいってなりますよね。

男性はどうしても仕事を優先しがちです。
だからって、無視されているわけではありませんよ。

中々返事が返ってこないなってときは、何か自分の好きなことをして返事を待ってみましょう。
相手は忙しい合間であっても、あなたのことを思ってラインを返してくれているのですから。
そう思えば待つのも楽しくなってきますね。

ごめんねメールは逆効果!?

かと言って、ラインの返事が返ってこないのは自分に原因があるのかもしれない!
そう考えてしまってはいけません。

良かれと思って「しつこくライン送ってごめんね」と送ると、男性はますます混乱します。

相手が冷めたわけではなく、ただ仕事が忙しくて返事ができないだけなのかもしれません。
そこにいきなり「ごめんね」と送られると、男性は困ってしまいます。

まだ付き合っていない間柄なら、「この娘重そうだな」ってなってしまいます。
付き合っていても、訳がわからなくなり彼自身が何か悪いことをしたのかと思ってしまいます。

すると自然とラインの回数は減ってくるかもしれません。
むやみに「ごめん」と謝ることは逆効果です。

喧嘩をしたり、本当にこっちに非があるなという場合以外はごめんねメールはやめましょう。
あなたの思い込みである場合が多いですよ。

SNSを監視している?

男性がちょっと怖いなって思うことが、自分のSNSが監視されているかもと思うことです。
遠距離だと、ほとんどがスマホを通じてのやりとりになります。

彼のSNSでは記事が更新されているのに、ラインの返事は返ってこない。
スマホは絶対見ているはずなのに、そうなると無視されたのではと思ってしまいますよね。

この時「SNSには投稿する時間はあるんだ」なんてことは絶対言ってはいけません。
監視されているように思ってしまい、一気に気持ちが冷めてしまいます。

もしかしたら返事をただ忘れていただけかもしれません。
SNSの話題に便乗して「今日飲み会だったんだ」とか、「フェイスブック見てたら楽しいそうだったね」とか
気軽に送ってみると相手も楽しい気分に浸っているので返事が返ってきます。

くれぐれも監視しているって思わるような言動だけはやめましょう。

結婚を催促している?

この前友人の結婚式がありました。
やはり間近で式を見ると、私も結婚したいってなりますよね。

私もいつかこんな結婚式をしたいと夢を語っただけかもしれませんが、
実は、男性にとってこう言われると結婚の催促をされたのかと思うそうです。

ラインでも結婚の話題はなるべくしない方が得策かもしれません。
特に付き合い始めたばかりの頃は、ついつい夢を見て先走りすぎてはいけません。

何年も付き合っていて中々彼が返事をくれないようなら話は別ですが
彼が冷めたかもって思う裏には、結婚話が重荷になっているかもしれませんよ。

感情のままに送るのはNG

女性ならどうしても相手の気持ちを確かめたくなります。
特にラインはメールよりも気軽に文章が送れます。
そこで何回も「私のこと好き?」とか「ねえ、いま何してる?」と送ってはいけません。

特に夜になると不安な気持ちに駆られて、ついつい独り言ラインを送っていませんか?
それは絶対に止めましょう。

朝の起きぬけに、このラインを見た彼はどう思うでしょうか?
あなた自身も後々になってやってしまったかもと、後悔があることでしょう。

重い女ナンバーワン決定になります。

男性なら、女性の重たい部分も相手に分かってほしいと思うものです。
しかし、なかなかそこまで器の大きい男性はいないものでもあります。

彼が冷めてきた原因の裏には、あなたのこういった行動があるかもしれませんね。
一度自分の行動を見つめ直してみましょう。

遠距離だからって悲観しない!

遠距離恋愛ってだけで、うまくいくのか心配になりますね。
現在遠距離中のお二人はお互いがどこに住んでいて、どのくらいの距離間になるのか分かりません。

それこそ彼が仕事の出張で海外に行っているとなると、不安になってたまらなくなります。
そこで次は遠距離恋愛の成功を例に、ラインのテクニックを使っていきましょう。

毎日のおはよう、おやすみは言う

挨拶は人間関係の基本です。
いくら親しいからといって、おろそかにしてはいけません。

毎日話す時間がないという人は、朝の「おはよう」と「おやすみ」だけはラインしましょう。
それがあるのとないのとでは、随分と成就する割合が違ってきます。

短いコミュニケーションであっても、コミュニケーションが基本なのです。

わがままを抑える

外国人の理想の恋人像として、ゾンビドラマが流行ったように
ゾンビにもたくましく勇敢に立ち向かっていく女性が理想との意見があります。

何も男勝りな女性を推奨しているわけではなく、そういう女性は精神的にも自立しているという憧れがあるのです。
だから、愛情表現としてわがままを振りまけるのも最初だけです。

わがままを極力抑えていくのが遠距離恋愛の秘訣かもしれませんね。

結婚の話は極力しなかった

ここでも遠距離成功例の一つとして、結婚話を極力しなかった例があります。
誰かが結婚したんだや、誰それが妊娠したんだという話題はそれ以上しないようにしましょう。

私もしたいという焦りは、相手にプレッシャーとなるようです。
あせってしまうとすべてが崩れ去ってしまうかもと思いましょう。

あせらずゆっくりするのが成功の秘訣のようです。

女性を磨く

当たり前かもしれませんが、テクニックよりも自分を磨くことにも集中しましょう。
会うたびに綺麗になっていると思わせると、彼は離したくないと思うはずです。

冷めたなんてことは言わせない、とびっきりの女性を目指すことも必要ですね。

何か参考になることはありましたでしょうか?
ついついラインだけのやりとりだと不安になりがちです。

そんな時はテクニックを使って彼の気持ちを取り戻しましょう。
しかし、彼のことを想いやる気持ちがテクニックより何より強いかもしれませんね。

SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です