毎日をもっと"sweet"に♡

クラブでナンパ待ち!男が声をかけやすい子ってどんな子?

音楽とダンスを楽しむ空間コミュニティ、クラブ。クラブ慣れしている人ならいざ知らず、行ったことのない人はどうしても「クラブ=怖い」というイメージを持ちがちですよね。

もちろん治安のあまりよくない場所があったり、違法クラブであったりなど、危険なところもありはしますが、きちんとルールを守ってハメを外しすぎなければ、健全で楽しく過ごすことが出来ます。

何といってもクラブは出会いの場。男女とも様々な出会いを求めるという場であるということも忘れてはいけません。

普段の生活でなかなか新しい出会いを見つけるのは難しいですが、クラブなら同じ目的で来ている男性を見つけることもできるかも?

とはいえ、行ったはいいものの声もかけられずぽつんと壁際にいることになったらどうしよう・・・と心配になる人もいるでしょう。

そこでクラブの楽しみ方から、声をかけられやすくするポイントまで広く紹介していきます。

スポンサーリンク


クラブを楽しむには?

クラブには大きいものや小さいもの、音楽のジャンルや方向性などたくさんの種類があります。

小さいクラブだと常連さんが多く、溶け込めれば楽しいようですが初めはどうしてもアウェイ感が強いようですので、大きめのクラブに行くのがオススメです。

音楽はハウス系、テクノ系、レゲエ系にジャズ系、ヒップホップ系、それらをミックスして流すオールジャンル系など様々です。特にこだわりがなければ、初めはオールジャンル系が無難なようです。

行ったことのある知り合いがいれば、まずは初心者向けの場所に一緒に行ってもらうのが一番です。

出会いやすいクラブはある?

クラブのことを「箱」と表現しますが、音楽よりも出会い目的の傾向が強い「ナンパ箱」、純粋に音楽と踊りを楽しむ人が多い「音箱」の二つに分けることが出来ます。

うちはナンパ箱です!と堂々掲げているところはほぼありません。ナンパ箱かどうかを見分けるには、まず音楽のジャンルがオールジャンルであること、そしてさらに男女の入場料に差が付けてあるかどうかがポイントです。

では出会いを求めるならナンパ箱の方がいいかというと、一概にそうとも言えません。

ナンパ箱は周りがセンスや容姿にきつく殺伐とした空気になる傾向があったり、一晩の「お持ち帰り」目的の男性が溢れていたりすることも多く、行き慣れてない人には厳しいことも。

音箱でも出会いはありますし、なにより自分と同じ音楽の趣味の人が見つかったりもします。一概には言い切れませんが、クラブのホームページなどでイメージを見ておくといいですね。

いるだけではダメ!声をかけてもらうには?

いくらクラブが出会いの場と言っても、ただいるだけでどんどん声がかかってくるわけではありません。

では、男性から見てどんな女性が声をかけやすいのでしょうか?

まず意外なところで「ひとりではないこと」が挙がっています。一人の女性は警戒心が強く、ガードも固い傾向にあるようで、なかなかナンパに来た男性からは敬遠されがちです。

かといって大人数でもやはり敬遠されてしまいます。男性も2~3人組でナンパに来ていることが多く、同じように2~3人組の女性が比較的声をかけやすいみたいですね。

また、クラブの入り口で困っていたりきょろきょろしていたり、クラブ慣れしていない子には「どうかした?なにか困ってる?」と声をかけやすいとのこと。

初心者だからクラブはコワイ・・・と気後れせずに、むしろ初めてだからよくわからないということをアピールすることで声をかけられるチャンスがぐっと上がります。

クラブ慣れしている=ナンパされ慣れている確率も高いと男性は感じているようです。声をかけても「またか」と軽くあしらわれそうなら、ナンパにもいきにくいですよね。

堂々としているよりは、やはり少し控えめにしているほうがナンパをされる確率は高いようです。

見た目は大事!ただしやりすぎはNG

やはり格好は重要です。クラブ自体に服装の大きな決まりはなく、気軽に動きやすい服装で行って大丈夫です。

ですがあまりにもふだん着というのは味気ないですよね。クラブ内は薄暗いので、明るい系統の服や揺れる系のアクセサリーなどが目を引くようです。

露出が多いと声をかけられやすいということはあるのですが、「この子は簡単に持ち帰れそう」と軽く見られることがあるのでほどほどにしておきましょう。クラブの中は冬でも暑かったりするので、意図しない露出にも注意が必要です。

また、髪の毛の生え際が染まってなくてプリンになっている女性、そしてネイルがさぼり気味な女性などは「だらしない」「ずぼら」と見られることが多いようで、イコール「すぐについてくる女性」と男性から軽く見られる判断基準にされているようなので気をつけましょう。

ただしいくらオシャレに決めたいからといって、ヒールの高い靴などは注意しましょう。踊りにくかったり、足を痛めてしまったり、また他の人の足を踏んでトラブルになってしまったりという危険もあります。

また、クラブによってはハロウィンやクリスマスなど、コスプレで踊れることも。コスプレをしている子にはそれをきっかけに声をかけやすく、またイベントの時に女友達と来ている=フリーということでナンパに成功する確率が高いと思っている男性が多いのだとか。

時期やクラブのイベントもチェックして上手に活用してみましょう。

楽しそうにしているテンション高めの子

クラブには純粋に音楽と踊りを楽しむために来ている人も大勢います。もちろん踊って注目してもらうのも声をかけてもらう手段の一つです。

ですがあまりに踊りに夢中になっている子にはなかなか声はかけにくいもの。踊りを楽しみに来ているんであって、出会いはお断り・・・というふうにも見えてしまいます。

やはり友達とドリンクを飲みながら楽しく笑って話している時間が長めの子が声をかけられやすいようです。ひとりでぼーっとつまらなそうにしていたりすると、男性側も断られる顔のイメージが沸いてしまいます。やはり楽しそうに穏やかに笑っているのがいいようですね。

ただし楽しいからといってハメを外しすぎるのは当然NG。お店に迷惑をかけてしまいますし、なにより煙たがられます。そういう女性を狙う男性もいますので、くれぐれも気をつけましょう。

スポンサーリンク


アイコンタクトは大事!

そしてなんといっても「自分のことを見ている」のが高ポイント。やっぱり自分のことが気になってると思うと、男性側もナンパが成功する気がしてくるものですよね。

気になる男性にはちらっと視線を送って、そっとアピールしてみましょう。もし目が合うようなら、向こうも自分のことを気にかけてくれているかもしれません。

踊りに来ている男性も、ナンパをしに来ている男性も、限られた時間の中で楽しもうとしているのは同じです。声をかけて断られて、無駄な時間を過ごしたくないと思っているのも当然なのです。

そうすると、やっぱり少しでも可能性の高い子に声をかけたくなるのは、当たり前ですよね。

やりすぎは軽く見られてしまい、お持ち帰り目的の男性を集めてしまいやすくなるので厳禁ですが、ある程度自分から隙を見せないとなかなか声はかけてもらえないようです。

ですが、もし望まない男性から絡まれるようなことがあればしっかり「NO!」と言うことが大事です。男性も粘るよりは諦めて次に行ったほうがいいと分かっているので行ってくれますが、しつこいようならお店の人に助けを求めましょう。

正しく節度を守っていれば、クラブは健全で楽しい時間を過ごせる場所です。もちろんそこには素敵な出会いもあるかもしれません。

男性を見る目を養いながら、是非音楽と踊りも楽しんでみてください。

スポンサーリンク


by
「タマゴから、まずはその足を一歩踏み出そう。」をモットーに、前向きになれる記事を皆さんにお届けします。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です