毎日をもっと"sweet"に♡

結婚式の二次会で出会いをGETする振る舞い方!20代後半女子の戦略

20代も後半になり結婚式に呼ばれる回数が増えると、

憧れの気持ちと共に焦る気持ちも徐々に芽生えてきますよね。

大人になると自ら行動していかないと中々新しい出会い自体も少なくなってしまうもの。

そんな中で結婚式にお呼ばれしたら、”出会いの場”になると言われる二次会には是非参加しましょう。

二次会に参加する人は新郎新婦、共通の知人なので、紹介もしてもらいやすく、信頼できる人が集まりやすいので、合コンよりも素敵な相手に巡り会えるかもしれません。

また、結婚式の二次会というのは祝福の中で、皆んなが幸せムードに浸った状態。

「早く彼女がほしい!」「俺も結婚をして家庭を築きたい!」

という気持ちが高まって、出会いを求め二次会に期待している男性もいるはずです。

ここで気を抜かず、大人女子として最高の振る舞いを身につけ、男性陣からの注目を集めましょう。

スポンサーリンク


二次会で出会うための心得

あくまでも新郎新婦が主役

結婚式の二次会というのはあくまでも新郎新婦を祝う場であることを忘れてはいけません。

出会いをゲットしようと、合コンと勘違いしたような行動や、頑張ってしまうあまりに場の雰囲気を壊してしまったり、悪目立ちしてしまうことは避けましょう。

せっかくの結婚式に友人から反感を買ってしまうだけでなく、男性陣からも”常識知らず”、”マナー知らず”と捉えられてしまいます。

お祝いの気持ちをまず第一に考えて、マナーを守って最大限に楽しめている女性には、同じく常識のある素敵な男性の目にとまるはず!

ドレスコードを守る

“二次会から参加”の場合や”着替えてから参加”の場合があると思いますが、二次会だからといって派手すぎたりラフすぎるのは周りの反感を買ってしまうのでNG。

基本的には、結婚式よりはフォーマルでなくても良いですが、準フォーマルくらいのものを考えておけば大丈夫でしょう。

オススメの服装は

ワンピース

パンツスーツ

ドレス

などです。

NGなのは、

花嫁衣装を連想させる白いドレスやワンピース

露出が多いセクシー系のワンピースやドレス

ジーンズなどのカジュアルすぎるもの

花嫁さんが衣装替えする場合は被らない服装を心がけると良いでしょう。

事前に聞いておくのが安心です。

また、ドレスで気をつけるポイントは、ロングドレスのです。

ゴージャス感の強いロングや花嫁衣装のように長いロングドレス着用しないほうが無難です。

あくまでも花嫁さんを”引き立てる”ことを心がけましょう。

男性に夢中になりすぎない

お目当の男性がいたからといって、そっちに夢中になりすぎて進行役の話を聞いていなかったり、ゲームに参加しないなど、空気を読まない行動はNGです。

その場の流れはしっかり確認しましょう。

スポンサーリンク


出会うための振る舞い方

受付を担当する

二次会のスタイルにもよるかもしれませんが、受付がある場合は受付を担当すると、来た人全てと話ができるので、会場に入った後も男性から話しかけやすくなるようです。

ポイントは全員に笑顔で丁寧に対応すること。

男性だけに優しくなど偏りがないように、全員に優しく対応するととても魅力的な女性に見えます。

また受付などの事務作業をこなす姿は家庭に入った後の姿を連想させ、”いい奥さんになりそう”という印象を与えます。

ゲームやイベントを楽しむ

ゲームやクイズなどイベントがあったら目いっぱい楽しみましょう。

気取っていたり控えめにやるよりも、子供のように無邪気に笑ったり、楽しむ姿に男性はドキッとするようです。

はしゃぎすぎて、ムキになったりブーイングやヤジを飛ばしたり汚い言葉づかいはNGです。

歌やダンスなど特技を披露する

二次会で出し物があったら、ぜひあなたの得意なことを披露しましょう。

出し物は他の女子より目立つチャンスなので、男性の印象にも残りやすくなります。

オススメの出し物は、可愛い衣装を着るチャンスにもなるダンスや歌、ピアノなど、女性らしいものは男性人気も高く挑戦もしやすいと思います。

食べる時、飲むときは上品に

食事のマナーや飲み方はとても人の目につきやすく、また印象を大きく左右するもの。

いくらあなたが美人でも、食べ方が汚かったり、豪快すぎる飲み方は引かれてしまいます。

食事の形式に合ったマナーを事前に勉強していくといいでしょう。

飲む量もいつもより控えめに、上品さを忘れないようにすることが大切です。

自分から話しかける

女性は男性から話しかけてほしいと思うものですが、中々話しかけにくいと思っている男性も多いようです。

逆に話しかけてもらいたい。

話しかけられると興味を持たれているようで嬉しい!

と感じる男性は多いので、女性から話しかけるようにすると好感を抱かれる可能性が高くなります。

「みなさんはどのような関係ですか」や

「新郎さんとは古いご友人ですか?」

などが、返答に困らない内容が話しのきっかけとしてはオススメです。

自分で食事や飲み物を取りに行く

会場の中でずっと同じ場所にいては、話せる相手も限られてしまいます。

食事や飲み物はなるべく自分で取りに行き、場所を変えるようにしましょう。

また、会話をしている時に取りに行く場合は友人や男性のものを「取ってきましょうか?」と声をかけると、気がきく印象になります。

二次会でのNG行動

グループで固まりすぎている

新婦を囲んでグループで固まることがありますが、そうなってしまうと、どうしても男性は話しにくいもの。

それに、一度輪に入ってしまうと中々抜けることも難しくなってしまいます。

グループで固まってしまったらそこからは一歩引いて周りへの配慮をみせると、”気遣いのできる女性”という印象に。

大きな声でうるさいく騒ぐ

女性の高い声は普通にしていても耳に入りやすいもの。

テンションが上がりすぎて大きな声になってしまったり、大笑いや友達同士で騒ぎすぎてしまうのは控えましょう。

男性が引いてしまうだけでなく、馬鹿騒ぎは新郎新婦からの印象も悪くなります。

自分では気付かなくても周りには白い目で見られてしまうので話すときは抑えめのトーンで、落ち着いた気持ちで過ごすと相手も話しやすいですし、周りからの印象も良くなります。

新郎の友人の紹介を求める

いくら新婦さんと仲がよくても、新郎の友人を”紹介して”と頼むのはマナー違反。

合コンではないので、ガツガツ求めていくとせっかくのチャンスも逃げてしまいます。

二次会の場ではあくまで主役の2人を盛り立てつつ、自然に色々な人との出会いを楽しむというスタンスで過ごしましょう。

どうしても紹介してもらいたい場合は、後日落ち着いた頃合いに、相談してみるのもいいですね。

進行役や裏方などを引き受けすぎない

進行役や裏方をやるのは確かに印象にも残り、頑張る姿が素敵に見えます。

しかし、色々と引き受けてしまって忙しく動き回っていては、男性は話しかけにくいですし、あっと言う間にお開きになってしまいます。

サクッとできるものや、前半に終わるものを手伝い、基本はゆっくり参加できるようにしましょう。

以上、いかかでしたか?

二次会などの場は基本的には控えめに笑顔を絶やさず周りをよく見て行動する女性が男性からは人気なようですね。

出会いたいと焦りすぎず、自分の振る舞いや姿を客観的にみれるように意識すると良いでしょう。

また、お目当ての男性がいたら、自分から話しかけると相手の印象にも残りやすく、一気に好感につながるので、是非勇気をだして話しかけてみてくださいね。

スポンサーリンク


by
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です