毎日をもっと"sweet"に♡

女性の色気を出す方法!仕草や外見でレベルアップしよう!

友達やまわりから女子力が高いと言われるのに、なぜかモテないと感じている女性は多いのではないでしょうか。それはもしかしたら「色気」が足りないのかもしれません。

女子力という言葉がすっかり定着しましたが、女子力というとどんなことを想像するでしょうか?オシャレ、カワイイアイテム使い、自分磨きなどなど出てくると思いますが、これが世間の男性から「勘違い女子力」と思われていることもしばしばなんです。

もちろん自分磨きや自分自身をレベルアップさせることは大切ですし、女性同士で女子力が高い!と褒めてもらえるのは嬉しいことですよね。

それは決して間違いではなく、一般に言われている女子力ももちろん魅力の一つではあるのですが、男性にモテるポイントはその「女子力」とは少しずれているかもしれないんです。

スポンサーリンク


男性がドキッとする瞬間とは?

モテるということは、当然ですが男性が「ドキッ」としなくてはいけません。可愛、キレイというのが即モテることにつながるかというと、少し違うのです。

例えば女子力が高いと言われるネイルアートですが、素敵なネイルアートだけを見てドキッとすることはあまりありませんよね。

ちょっとした手の動きや、物の持ち方などの仕草が思わず男性をドキッとさせ、そこで初めてネイルアートの力が生きてくるのです。

また、ドキッとする見た目のポイントも多くあります。セクシーな唇なども男性にはドキッとするポイントの一つとよく聞きますよね。

そんな男性が色気を感じるポイントはどんなところにあるのでしょう。

一番大事な見た目!

見た目はもちろん重要です。まず全体的に言えるのが、「思わず触りたくなる」という点が重要です。

髪の毛でいうとふんわりゆるくウェーブがかかっていたり、サラサラ、ツヤツヤだと、女性でも思わず触りたくなりますよね。また、普段隠れているうなじや耳が出るアップの髪型も、たまに見せるとドキッとする男性は多いもの。

洋服は露出が低くて体の曲線が出やすい、薄めや柔らかめの素材が色っぽく感じます。逆に首筋は出ているけれどだぼっとした大きいニットの服などに色気を感じる人もいます。

この二つは逆なようで共通点があり、見えない部分をつい想像してしまうというのが色気を感じることにつながります。露出が多いと想像の部分が逆に下がってしまい、すべて隠してしまう服は想像までたどり着かないというわけです。

そしてみずみずしさもポイントです。ガサガサの唇や肌では色気があるとは言えませんよね。ぷるんとしたリップや透明感のある肌は女性でも触りたくなるもの。男性ももちろん色気を感じるポイントです。

意外な小物使いが効くのがアクセです。特に揺れるデザインのピアスやネックレスは、つい目がいきますよね。ピアスやネックレスに目が行くと、そのまま耳やうなじ、首筋や鎖骨も目に入ります。耳からデコルテにかけては女性らしさをアピールする抜群のポイントですよね。

ふとしたときにドキッとくる仕草

色気を感じる仕草のほとんどは手にあると言ってもいいくらいです。歌舞伎の女形さんは、若いうちから指先をしならせる訓練をします。それほどまで、昔から指先の仕草というのは女性の色気の代名詞なのです。

ポイントは「手が小さく見えること」そして「やわらかくしなる」ことです。

手が小さく見えるということは、指先が大きく開かずにそろっていたり、握り込むときにきゅっと指が収まっていることです。

人差し指で物を指すときに、中指・薬指・小指を普段よりきゅっと握り込み、親指の付け根をその三本に添えるようにくっつけながら人差し指を軽く逸らしてみましょう。

こうすると普段意識しないで一本指を立てるより、小さくまとまって女性らしさが増すのだそうです。すっと伸びたきれいな人差し指でメニューを指さされたりしたら、ドキッとしますよね。

小さく指を収めることは大事ですが、そこで力んでしまうとかたく見えてしまいます。伸ばすときはなるべく揃えてすっと柔らかく伸ばすのがセクシーな指先に見えるポイントです。

そしてもう一つ大切なのが、両手を使うということ。片手で渡せるものや取れるものも、そっと左手を添えたりするとグッと色気が上がります。この時にゆっくりと動作を行うのが効果的です。

ですがそんなときに指先が荒れていたり、爪がガサガサだったりしていたら台無しですよね。やはり指先やネイルのケアは忘れずに行いましょう。

会話にも色気は出る!

話しているときにも色気は感じられるものです。よくセクシーな声であるとか、色っぽい話し方の女性なんて言われていますよね。

わざとらしく作られた声ではなく自然に感じる色気のある話し方とは、少し落ち着いたトーンでゆっくりと話すことに尽きるようです。大きな声で早口で話されると、確かに色気とは遠い感じがしますね。

そして会話の仕方も重要です。色気のある女性の姿というと、大抵の人は静かに微笑んでいる顔を想像するのではないでしょうか。

実はこれが重要で、色気のある女性というのはあまり自分から話をし続けたりはしないことが多いんです。

ミステリアスな女性はセクシーに感じられます。話の途中で女性に何か聞いたら、「それは内緒」と微笑んだりする仕草に色気を感じて、ドキッとする経験をする男性は多いんだとか。

スポンサーリンク


色気を身に付けるには?

しかしイメージではわかっていても、いざ自分で色気を身に付けるにはどうしたらいいかと悩んでしまう人は多いですよね。

あれは女優さんだから・・・モデルだから・・・体型も顔も違うからとなかなか自分にはあてはめられないこともあるかもしれません。

ですが、色気というのは誰でも身に付けられるものです。自分の色気を引き出して魅力的になるにはどうしたらいいかのポイントをご紹介します。

上品さを忘れないのが鉄則

まず、過度な露出やわざとらしさに傾かないように気をつけるのが大原則です。確かにそれを色気と感じる男性も多いかもしれませんが、色っぽいだけの女性というのはきちんとした男性にモテなかったりするものです。

色気のバランスを引き締めてくれるのが上品さ、そして優しさです。例えば優しい微笑みの着物姿の女性というのは、露出も多くなく、品がよく見えるのに色気があったりしますよね。

ワンランク上の色気を目指すなら、優しい雰囲気と上品さを意識するのが大切です。遠くのお皿を取るのにちょっと袖を押さえたり、マグカップを持ち上げるのにそっと左手が添えてあったりすると、その指先にドキッとする男性は多いのです。

また、目が合ったら少し微笑んで首をそっとかしげる仕草も品があります。この時にもすっと伸びる、うなじや首筋に色気を感じる男性が多いのはよく聞きますよね。

色っぽい人のメイクや服装を真似る

女性が色っぽいなと感じる女性は、当然男性からも色っぽいと感じられるものです。まずはモデルや芸能人で色気のある人を研究して、メイクや髪型、服装をできる範囲で真似てみましょう。

リップグロスの乗せ方やアイシャドウの色を真似てみたり、髪の流し方を真似てみるだけでもだいぶ違います。あくまで方法を真似るのであって、成りきってしまって勘違いにならないように気をつけましょう。

色気を感じるセクシーさを売りにした化粧品も多く出てますのでそういうものを見てみたり、化粧品コーナーのアドバイザーに相談して、プロから化粧の仕方を教わるのもいいですね。

色気というのは他人が感じるものなので、自分が実際に人から感じた色気を参考にしたり、自分のメイクはどうかを人に聞いたりすることはとても有効なんです。

やるときは一気にやる!

色気を引き出すのに大切なのは、たまに磨くものではなく、やろうと思ったら集中的にやることです。普段から仕草やメイクを心がけることで、自然と振る舞い自体に色気が出てきます。

男性からしても、ドキッとした女性にはその後もなんとなく目が行くものですし、そこからさらに「なんだか色っぽいな」と感じることにつながります。

それにせっかくドキッとされても、後日「気のせいだったのかな」と思われたらもったいないですよね。

日頃から意識をすることで自分自身をワンランクレベルアップさせ、魅力的な色気のある女性を目指しましょう。

スポンサーリンク


by
「タマゴから、まずはその足を一歩踏み出そう。」をモットーに、前向きになれる記事を皆さんにお届けします。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です