毎日をもっと"sweet"に♡

女性のムダ毛処理はシェーバーよりクリームがオススメな理由

女性の悩みはつきることがありません。
恋愛の悩みだと片思いから、彼氏がいる人はこれから先上手く付き合っていけるだろうかと不安がよぎりますね。
独身であるのなら、将来の結婚の悩みまであります。

美容であれば女性特有の身体の悩みから、身体のあらゆる悩みまで次から次へと出てきます。
特に夏が近づくにつれて女性を悩ませるのが、日焼けとムダ毛の処理です。

熱い日差しで肌が焼ける日焼けに加えて、露出部分が多くなるとムダ毛を処理しないと大変なことになります。
個人差はありますが、毛が濃くて困っているという人もいることでしょう。

折角ファッショナブルな夏にムダ毛のことで頭を悩まされたくありませんね。
そうなると、どのムダ毛処理の方法が一番おすすめなのでしょうか?
それらをまとめてみていきましょう。

スポンサーリンク


たくさんあるムダ毛処理方法

ムダ毛処理となると、様々な方法があります。
その中でも大きく二つに分けることができます。

自分でできるセルフケアのムダ毛処理方法。
美容クリニックや脱毛サロンなどで施してもらえる専用のケア。

どちらを選ぶにしても、メリットデメリットはあります。
まずは美容クリニックや脱毛サロンで行なわれる処理方法からみていきましょう。

クリニックのメリット

美容クリニックや美容皮膚科、脱毛サロンでは特殊な脱毛器具が使用されています。
医療用として開発されているものや、専用の資格を有するものなど多数あります。

そのため、クリニックのケアはプロの手に任せられるという安心のメリットがあります。
全身の脱毛ケアはもちろんのこと、自分ではやりにくい部分も容易にできます。

アンダーヘアのIゾーンやOゾーンなど、自分ではしにくいデリケートゾーンも綺麗に処理してくれますね。
人によって個人差はありますが、永続効果があるため一度クリニックに通いつめれば、そのあとは生えてくることはありません。

おまけにお客様へ快適に受けてもらためのサービスも充実しているので、ゆったり通えますね。
痛みが少なかったり、術後のハーブティーが出たりとクリニックによっても行なうサービスの質も違います。
アフターケアも万全なので、肌にトラブルが出た場合はすぐに対応してくれます。

クリニックの処理方法

美容皮膚科が主に使うのは、レーザー処理の器具になります。
皮膚の内部にあるメラニンにだけ反応するので、皮膚を傷つけるリスクが少なくなります。
レーザーは発毛力を一気に抑制できるので、効果が強いく永続性が高いです。

脱毛サロンなどが使っているのが、光脱毛といわれるものになります。
レーザーと比べて光の効力が弱い分、回数を重ねないとすぐに生えてきてしまうことはありますが、肌に優しく痛みは少ないです。

どちらも自分は寝ているだけでやってもらえるので、楽ができるともいえます。
セレブ気分でお任せできますね。

どの部分を処理したいのか、料金は合わせていくらになるのか、事細かにヒアリングしてくれるので疑問も解消できます。
大手の脱毛サロンなら支店が近場に何店もあるため、予約が他でも取れることもできます。

気になるクリニックやサロンを見つけたら、一度カウンセリングに行ってみるとよいでしょう。

クリニックのデメリット

当然ながら料金とコースによって違いますが、コストは高くかかってくることになります。
しかも、全身脱毛となると何十万とそれなりの金額に達することでしょう。

ポンと一気に払える額ではおさまりませんね。

また、数か月単位で通い詰めないといけないので時間も調整しなければいけません。
忘れてしまうこともあるでしょうし、予約がいっぱいで取りにくいこともあります。

体質によりますが、体毛が濃い人は専用器具でも中々抜けにくいことがあるのでその分通い詰める回数も多くなることでしょう。
そうなると、セルフケアの方が良い気がしてきます。

安全面を考えると専門機関に任せるのが一番ですが、実際問題としてコストは節約したいものです。
その上、中途解約ができないところが多いので、途中でどうしても通えない事情ができても返金ができない場合がほとんどです。

その分、保証期間が長いことはあります。
それでもなんだかんだと、お金はリアルに考慮しないと家計を圧迫することになりかねません。

スポンサーリンク


セルフケアのムダ毛処理方法

サロンやクリニックなどに係るコストを考えると、自己処理のケアで済ませたいと思いますね。
自己ケアは自分でできる分、手間がかからず簡単にできます。

コストを考えると、自己ケアの方がいいじゃないかと思います。
しかし、自己処理のケアは正しい方法を知っておかないと肌トラブルが起こりやすくもあります。

数ある自己ケアの中でどれが一番いいのでしょうか。
一つずつ検証して、一番オススメの方法をご紹介します。

家庭用の美容脱毛機器

市販の電化製品の美容器具で、家庭用の脱毛器があります。
専門器具とまでいきませんが、各有名電気メーカーがいろいろと出しているので高性能です。

ただ、家庭用といってもコストがかかることに変わりはありません。
しかも、アンダーヘアの脱毛処理に対応していないものが多く、あっても自分ではデリケートゾーンの処理はしにくくなります。

ヒートカッター

ヒートカッターは熱で毛を焼いて剃るといったムダ毛処理方法です。
小さな櫛がヘッドについているため、ムダ毛の生えた部分の皮膚に沿ってあてていきます。

メリットは熱でカットするので、切り取った部分が丸くなり剃り後のちくちくした感触が全くありません。
デメリットは、焼くときにたんぱく質の焼け焦げた匂いが処理中は始終漂うことです。

また、電池がすぐに切れてしまうこともデメリットで挙げられます。
電池が切れると切れにくくなるので、イライラすることもあります。

脱毛ワックス

近年、有名モデルや俳優が使っていることから広がっていったのが脱毛ワックスです。
粘着質のあるワックスを脱毛したい部分に塗るり、シートでワックスと毛根ごと抜き取るといったものです。

ツルツルすべすべが実感しやすいのがあります。
しかし、痛みをともないやすいのが欠点です。

かみそり、シェーバーでそる

自己ケアといえば一般的なのがシェーバー、カミソリを使ったものです。
広範囲のムダ毛を一気に剃れるので手間がかかりません。

旅館にいってもホテルにいっても、アメニティーで置かれているためすぐに使用できます。
なんといってもコストが安いですね。

しかし、シェーバーやカミソリは肌を傷つけやすく、毛だけでなく皮膚の角質も一緒に削ぎ落してしまいます。
すべりどめの刃になっているタイプとはいえ、それでもカミソリ負けすると肌のトラブルを招きやすいです。

肌バリアも弱くなり、何度もしてシェーバーすると色素沈着を起こすことにもなりえます。
なので、シェーバーと同じぐらいのコストと手間でできるムダ毛処理をおすすめします。

脱毛クリーム

脱毛クリームは、クリームを塗ることでその部分のムダ毛を薄くしたり溶かしたりするものです。
肌が敏感な人はトラブりやすいデメリットがありますが、そうでない人はクリームで一気にムダ毛処理できます。

広範囲のムダ毛がある部分に塗るだけで、一気に処理できるため愛用者が多いです。
短時間の効果が見込めるため、すぐに処理しないといけないときも面倒にならずに済みます。

肌が弱い人で使用したいなら、パッチテストを行ない自分に合ったものを選べるのも良い点です。
除毛クリームは、ムダ毛処理の中でもぜひともおすすめのものになります。

まとめ

自己処理ケアの中でも、一番手間とコストがかからないものが除毛クリームになります。
それぞれ肌にあったものかどうか、試してから使用してください。

スポンサーリンク


SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です