恋愛

LINEを既読スルーする男性心理とは?好きな人からの連絡が来ないとき

手軽なチャットツールとして今や、カップルでは使っていない人の方が少ないのではないかと思えるLINE。

お互いのあふれる愛を言葉にするだけではなく、スタンプを使うとより効果的に気持ちが伝わりますよね。

また、ちょっと落ち込んでいるときや怒っているときに使うと

直接文字にするよりも分かりやすいし、かわいく伝わる、なんてメリットも。

気になる人ができたときも、うまくLINEのIDを交換できたらしめたもの。

気軽に「この犬可愛くない?」とか、「このお店、美味しいらしいですよ(^^♪」などと

写真にスタンプも添えて送ってみたら、ひょっとしたら恋が始まるかも・・。

 

けど、LINEは既読になったことを知らせてきているのに、その後返事がない・・

なんてときは、とても気になりますよね。

どうして読んでいるのに返事をくれないの?私のこと、何とも思っていないのかしら・・。

既読スルーする男性心理とは?

そこで、LINEを既読スルーする男性心理について、考えられる5つの理由を挙げてみたいと思います。

 

ゆっくり時間をかけて返事をしたい

メッセージを見たものの、ちょうど休憩が終わるところですぐに仕事に戻らなくてはならない・・。

なので返事をする時間がなく、後でゆっくり時間をかけて返事をしようと思った。

それなのに今日は仕事の帰りに、会社の同僚と飲みに行くことに。

帰宅してからゆっくり書こう・・なんて思っていたら、そのまま夜中になっていて

送るには遅すぎること、なんてことも・・・。

または、気の利いた言葉が浮かばずに、あれこれ悩んで結局送れなかった、ということもあるかもしれません。

一言でもいいから

「ごめん。今日は遅くなるから、後でゆっくりお返事するね。」

なんていうメッセージがあればまた違うんですけれどね・・・。

 

返信のタイミングを失ってしまう

よほどマメな男性でもない限り、即レスというのはなかなかできないもの。

男性で既読がついたことで「了解、読んだよ」というメッセージを送ったつもりになっている人は

意外にいるようです。

また、男性は仕事上のメール返信、アプリケーションソフトの操作、facebookなどの記事作成・コメントなど、

スマホやPCでのやりとりも多いもの。

もともと男性の脳はシングルタスク。

脳のつくりから、そうたくさんのツールを同時に操るなんてできません。

女性なら、洗濯機を回している間に庭の掃除をする、とか、信号待ちや買い物の合間にメッセージを送ったり、

なんてことがたやすくできても、男性は、一つのことを終えてから次のことを考えてる生き物。

仕事の合間は、あまり仕事以外のことを考えられないのです。

逆に、他のことを考えてしまうと仕事が手につかない、なんて困ったことも。

その結果、自分でも意図せず返信のタイミングを失って、既読スルーになってしまう、という場合もあるようです。

 

必要に迫られていないので、すぐに返事をしなくても良いと思っている

仕事で多くのタスクを抱えている男性ほど、優先順位をつけているもの。

「今度の日曜日空いていますか?」などの

予定を知らせる必要があり、かつ、イエスかノーで答えられる質問であればすぐに返事がしやすいけれど、

「このお店行ってみたいな」などと、写真と一緒に近況や希望を伝えるようなメッセージだったら、

内心「そうだね」と思っていても、すぐにリアクションせずすっかり忘れてしまったり、なんてことも・・・。

やっぱり女性としては、何らかのリアクションは欲しいのですけれどね。

 

単なるアクシデント

出先でスマホの充電が切れそう、しかも予備のバッテリーがない!ちょうど既読になった後、充電切れ。

自宅に帰るまでなんの返事もできない・・。

もしくは、地下のお店に入ってしまい運悪く圏外。

たまたまうっかり知らない間にスマホの通知ボタンを押したら、既読になってしまったけれど

本文を読んでいない・・。

このような、単なるアクシデントも考えられるかもしれません。

時間をおいてからでも「返事が遅れてごめんね。充電が切れちゃって・・・」などと

きちんとした説明をしてくれるようだったら、安心することができそうですね。

 

残念ながら、脈なし

気になる女性からの連絡はとても気になるもの。

どんなものでも嬉しいのですぐに返事をしようと思うし、

特に恋愛初期においては、盛り上がればお互いにどんどんやり取りが行われるハズ。

なのに、相手のリアクションが薄いようでしたら、もしかしたら残念ながら脈なしということも考えられます。

けどもしこれが、安定期に入ったカップルだったら、そんなに心配することはありませんよ。

知り合ってからあなたと付き合い始めるまで、最大限彼なりに頑張っていたのであって、

すぐに返事をしないのがきっと本来の彼の姿なのです。

既読スルーされたときにはどうする?

次に、残念ながら既読スルーをされてしまった。

そんなときに、女性が取るべき方法について紹介します。

 

様子を伺うスタンプで、そっと気持ちを伝える

物陰や木の陰からそろそろと様子を伺うようなスタンプってありますよね。

あのスタンプで、遠慮がちに今大丈夫かな?という気持ちを伝えつつ、用件を伝えてみましょう。

今大丈夫?のような言葉が書いてあるスタンプでもOK。

ちょっとお邪魔しますね、というさりげない配慮があるところが、押しつけがましくなくて好感が持てそうです。

 

「忙しかったよね?今日も一日お疲れ様♪」などのメッセージを送る

仕事の忙しさを気遣ってくれる女性はポイント高いもの。

文句を言わず、忙しい自分を理解してくれる、余裕のある女性として改めて見直してもらえるかもしれません。

相手をねぎらうようなスタンプも添えると、よりベターかも?

 

相手の好みに合わせた画像や動画を送ってみる

好きなアーティスト情報や、お笑い、癒される動画など、相手の好みが分かればぜひ送ってみましょう。

自分が面白かったものなどでも構いません。

相手にとってリアクションがしやすいものであれば、返事も期待できるというもの。

送るなら、ゆっくり寝る前に見てもらえそうな夜9時台からがいいかもしれませんね。

 

既読スルーされたメッセージをそのまま送る

もしかしたら何かのきっかけで届いていないのかもしれない?

そう思わせるように、「この前送ったLINE,届いていないかも?もう一度送るね。」と書いて

一度送って既読スルーされたメッセージを、そのまま送ってみましょう。

他の友達からのLINEトークに紛れ、ついうっかり忘れていただけかもしれません。

 

さいごに

以上、LINEを既読スルーする男性心理とは?好きな人からの連絡が来ないとき、考えられる5つの理由と対処法でした。

好きな人だからこそ、返事をいつも待ち焦がれてしまう女性からすると、やっぱり既読スルーはちょっと悲しいですよね。

2,3日経ってもなんの連絡もないようだったら、現実を受け止めましょう。

迷惑にならない程度に、また時間をおいてから違うアプローチでメッセージを送ってみるのも良いかもしれません。

それでも既読スルー、もしくは既読にならないようだったら、あきらめて他のことに目を向けましょう。

でも、ぜひ上に挙げた男性ならではの心理も理解して、必要以上に不安にならないでくださいね。

不安から相手を責めるようなことを言ってしまうと、うまくいくはずの恋も台無しになってしまいます。

時にはLINEのリアクションを忘れるくらい、余裕をもって、明るくとらえて恋愛を楽しんでくださいね。

スポンサーリンク//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});