毎日をもっと"sweet"に♡

沖縄で5月に女子会観光するならおすすめのスポットはココ!

サンシャイン降りそそぐ蒼い海。
輝く白い砂浜。

そう言われてイメージが浮かぶ所はどこでしょうか?
ある人はハワイというかもしれません。

またある人はバリ島だというかもしれません。
いずれにしても、常夏のイメージが浮かぶはずでしょう。

海外もいいけれど、ちょっと忘れていないでしょうか?
日本にも常夏の楽園があることを。

そう、沖縄です!

学生の修学旅行で行った方もそうでない方も、
ゴールデンウィークに予定している方も、もう一度沖縄の良さを再認識しちゃいましょう。

スポンサーリンク


沖縄女子会観光を満喫する!本土編

やはり、持つべきものは友達なのです!
そう断言したい時がありますね。

女性には時々思いっきり羽を伸ばしたい時が必要なのです。
彼氏とまったり旅行もいいけれど、気の合う者同士でわいわいがやがや旅行に行くのが気晴らしになります。

海で泳いで、美味しいものを食べてリフレッシュ。
また明日から仕事に行く活力が湧いてきます。

そこでこの五月中に、女子会観光で巡ると楽しい沖縄のスポットを集めました。
友情が深まること間違いなしです。

沖縄ベストスポット定番その1

まず、沖縄といえば沖縄県那覇市にあるここ首里城です。
どの観光案内でも必ず紹介されている、まさに沖縄を語る上で外せないスポットになります。

1400年代から勃興し、1879年までのおよそ450年間も繁栄し続けた琉球王国。
その独自の文化は京文化と違い、東南アジアや中国との交流を経て発展していきました。

2000年に世界遺産に登録され、独特な朱色の城壁が目を惹きつけます。
城内にある鎖之間では、琉球王朝時代に食べられていた伝統菓子やさんぴん茶というものを味わえます。

歴史が好きな女子たちで集まって行っても楽しいこと間違いなしです。
もちろん、伝統衣装であるウシンチーを着た地元のガイドさんが丁寧に教えてくれるので安心して巡ることができますね。

沖縄ベストスポット定番その2

次に外せないのが沖縄美ら海水族館です。
巨大なアクリルパネル越しに泳ぐジンベエザメを観るのは、また違った迫力があります。
入場料は大人一人1850円とお安めの料金に、時間によっては割引があったりするそうです。

ここには世界最大と言われるエイの一種である「ナンヨウマンタ」もいます。
繁殖に成功させたのはここ美ら海水族館が世界初だそうで、それだけでも見ごたえありです。

沖縄の深海コーナーもあるため、神秘の世界へ探検にいけます。
女子だけなので、水族館に行った恋人たちは別れるなんてジンクスも関係ありません。

沖縄ベストスポット定番その3

女性ならば、やっぱり旅にショッピングはつきものです。
沖縄の国際通りはありとあらゆるお店が集合しており、「奇跡の一マイル」とも呼ばれています。

観光客で通りは大いに賑わい、修学旅行中の学生たちも多いので学生時代を思い出せます。
夜になっても活気に溢れているので、少し込み合うことも覚悟しておくと心に余裕も出てきます。

国際通りに接するオリオン通りには屋台村があり、沖縄のお酒である泡盛もたらふく飲めちゃいます。
女子同士で巡れるので、少々よっぱらっても大丈夫かもしれません。

ステージもあるので、ミュージシャンが飛び入りで歌うこともあって盛り上がること間違いなしです。
朝まで飲んでホテルに戻って、そこから昼まで寝て、そういうぐうたらな生活も旅行中はあり!
嫌な仕事のことも、この時だけは忘れましょう。

沖縄ベストスポット番外編

じわじわと知名度をあげているのが、斎場御嶽(せーふぁうたき)と呼ばれている沖縄のパワースポットです。
琉球王国時代に国家的な祭事が行われていた聖地で、世界遺産に登録されています。

旅は命の洗濯と呼ばれるように、新鮮な気を吸い込むことも時には大切です。
大きな岩の狭間の御嶽(うたき)を通り抜けて、神の世界を身近に感じてみませんか?

ここは沖縄県南城市にあるので那覇市からは遠ざかりますが、神の島と呼ばれている久高島を一望できるので
ぜひともパワースポットに興味がある方は、プランに組み込んでみるといいでしょう。

スポンサーリンク


海外旅行も満喫できる!?

沖縄の隠れスポットはまだまだあります

本土だけでなく、離島にも隠れた名所が多々あるんですよ。

その中でも特に印象深いものを厳選してご紹介しますね。

青の洞窟

青の洞窟といえばイタリアだという方が多いでしょうが、実は沖縄にもあるんです。
沖縄県恩納村にある青の洞窟は、人気のダイビングスポットでもあります。

沖縄に来たらぜひともスキューバダイビングには挑戦していただきたいです。
幻想的な世界をたっぷりと満喫できます。

ジャングル探検

西表島にはピナイサーラと呼ばれる滝があります。
絶壁から落ちる滝は、まるでアマゾンなどの密林を探検をしているかのような錯覚に陥ります。

同じく西表島には星砂の浜と呼ばれるところがあります。
お土産でも見かけるボトルに入った星の形になった砂。それが直に拾える砂浜です。

拾った砂はおみやげに持ってかえれるので、願い事を込めて手元に置いておきましょう。

大自然の息吹

沖縄の大自然の息吹を感じられるガンガラーの谷は、ガジュマルの巨木が茂るなど都会と切り離された空間になっています。
亜熱帯地方ならではの大自然を感じられるので、リフレッシュができます。

こうした自然を満喫することも大切になりますね。

何か気になるスポットはございましたでしょうか?
国内であっても異国の雰囲気を味わえる沖縄。

女子同士で楽しく観光して日々のストレスを発散させましょう。

スポンサーリンク


SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です