恋愛

失恋を忘れる方法!片思いのまま終わった恋の忘れ方

片思いというの は切ないものですね。想っている期間が長ければ長いほど、失恋を癒すのに時間がかかります。

ずっと心に秘めていたり、
思い切って告白したけど、フラれて失恋したり、その辛さははかりしれません。

どうしたら片思いの失恋を忘れられるのでしょうか。
片思いについてや、片思いの失恋を忘れる方法をまとめてみました。

スポンサーリンク


片思いとは?

一言でいうと、「一方通行な想い」です。自分は好きでも相手に恋愛感情がなく、一方的に想っている状態、もしくは、恋愛感情があるのかわからない状態のことです。
まれに、お互いがお互いに対して、片思いしている場合がありますが、それは「両思い」とします。

片思いの特徴

傷つくのが怖かったり、自信がなくて一歩踏み出せない方は多いと思います。相手の些細な一言で傷ついたり、幸せな気持ちになったりします。

マイナス思考になる

片思いをすると、何もかもをマイナスに考えてしまいます。「もしかして嫌われてるんじゃないか」と、いつの間にかネガティブ発想にはまってしまいます。マイナス思考が悪いわけではありませんが、片思いの時こそ考えすぎないことが大切です。

片思いは始まり

実るか実らないかは自分次第です。今自分には何ができるのか、今一度確認してみて下さい。片思いはスタートラインなのです。

片思いと心理

男性と女性では行動や思うことは違います。

女心って?

女心は複雑なものです。

女性は自分の気持ちをわかってほしいという願望があります。女性は一般的に、男性の雰囲気や表情に魅力を感じます。器用に好きな気持ちをアピールしようとしますが、思っていることと、行動が伴わない時が多々あります。

男心を知る

「男は単純」と言われていますが、複雑かつ、繊細なものです。

男性は一般的に、几帳面でマメな人が多いです。真剣な恋をする時、自分にはないものを持っていて、価値観が合う人に魅力を感じます。ですが、鈍感な一面もあるので、女性のアピールに気づいていないことが多々あります。

片思いは相手の心理を知ることで、今後自分がどのような行動をしたらいいか変わってきます。理解までは難しいことですが、知ろうと思うことが大切です。

片思いの結末

ドラマや漫画みたいに、片思いから両思いになって、ハッピーエンドになるのが理想です。ですが、片思いは簡単に実らせてはくれません。

片思いから実る恋に大切なのは、自分を理解し相手のことをよく知ることです。2人の考え方や好みが合うと実る確率も上がります。

実るためのコツや、なぜ実らないのか、理由をみていきましょう。

片思いを実らせるコツ

片思いをしたら、相手の些細なことでときめいたり、落ち込んだりします。相手を振り向かせるコツがあれ試してみたいですね。

自分の気持ちをそれとなくアピール

自分を意識してもらい、振り向かせるチャンスを作りましょう。

・話す時は笑顔

・相手の目を見てきちんと話を聞く

・元気がなかったら声をかける

などなど、アピールしすぎないように注意しながら、伝えましょう。「好きなのかな?」と思わせる程度に抑えないと、引かれてしまいます。

ギャップを魅せる

人はギャップに弱いものです。普段見せない一面を見ると、ときめきますよね。

ギャップを魅せるためには、自分を分析することが大切です。自分を知り、いつもとは違う一面を出していきましょう。

共通点を探す

相手の好みを知ると、同じものに興味がわきます。食べ物の好みが一緒だと、食事に行く口実ができます。人は価値観が合う相手に惹かれる生き物なのです。

片思いを実らせるコツで1番重要なのは、相手を理解して自分をコントロールすることです。

実らない片思いの理由

片思いが実らなくて、辛い思いをしている人に多くみられる特徴をまとめてみました。

勝手な思い込み

自分に自信がなく、ネガティブに考えてしまい、「どうせダメだ」と思い込んでしまうと、負のオーラが出てしまいます。それはもちろん、恋愛にとって悪影響です。相手にも伝わってしまいます。そうなると片思いは実りません。

行動しない

恋愛は何をすればいいのかわからなくなりますよね。ですが、何もしないと何も変わりません。気持ちを伝える手段は言葉だけではありません。態度で伝えることも出来ます。遠くから見るだけでいいのですか?出来ることから始めてみましょう。

アピールしすぎる

自分を主張しすぎて、暴走モードになってしまうと、相手は引いていきます。一旦冷静になることが大切です。

中途半端な気持ち

「恋に恋してる」という言葉があります。相手のことをよく知らないのに好きに好きと言って、自分だけで盛り上がっていることです。もし中途半端な気持ちなら、それは「恋に恋してる」だけです。

片思いの失恋を忘れる方法

片思いの結末は、実らず終わってしまうことが多いです。片思いの失恋を忘れる方法をまとめてみました。

(

好きな人との思い出を捨てる

片思いしていた相手のことを思い出してしまう物は全て捨てましょう。物を見てしまう→相手を思い出す→忘れられない。このように悪循環になってしまいます。連絡先や過去のメールも削除して、接触をなくすことが大切です。

友人に話を聞いてもらう

1人でいても落ち込むだけです。仲のいい友人に話を聞いてもらいましょう。こみ上げる想いを聞いてもらうことで、気持ちも落ち着きます。

冷静に考える

片思いしていた相手のことを、なぜ好きになったのか考えてみて下さい。思い出したくないと思いますが、冷静に考えてみると、案外「なんで好きになったんだろう」と思えるかもしれません。自分を見つめ直すこともできます。重要なのは、いかに冷静に客観的に考えれるかです。

無理やり泣く

泣いて泣いて、ぐったりするくらい泣いて寝ると、起きた時に開放された気がしませんか?片思いの失恋は泣き疲れに頼ることも必要です。次の日、目が腫れてしまうくらい泣いてスッキリしましょう。

自分を磨く

「相手を後悔させてやる」という気持ちを持ちましょう。自分磨きをしていくうちに、失恋なんでどうでもよくなります。

新しい出会いを探す

片思いのまま失恋した場合は、新しい出会いを探すことも大切です。新しい友人ができれば、視野も広がり、新しい恋に繋がります。

新しい恋を探す

片思いの失恋に一番効果的なのが新しい恋です。失恋したばかりのときは、新しい恋なんて考えられないと想います。すぐには無理ですが、もっといい恋を見つけようと決意することで、もう忘れる準備はできています。

片思いはエネルギーが必要です。失恋してしまってからも立ち直るために、かなりのエネルギーを使います。自分に合った方法をみつけましょう。

スポンサーリンク


辛い片思いをしないためには?

忘れる方法をご紹介しましたが、そもそも「辛い片思いはしたくない!」と思いますよね。辛い恋をしないために、出来る限りの対策をとっておきましょう。

相手の恋愛状況を確認する

片思いの相手に好きな人がいる、もしくは交際相手がいるかを確認しましょう。ずっと想い続けたのに、うまくいっている彼女がいたり、突然結婚の報告を聞いたりしたら辛いです。大切な時間を無駄に使うより、叶わなかった恋として諦めることも必要です。

自分の気持ちを確認

自分の気持ちは本物なのか、それでいいのかを考えてみましょう。後悔しないためにも、自分の気持ちと向き合う必要があります。

最後に

いかがでしたか。

人を好きになるということは、自分を成長させてくれます。片思いの失恋はもっと成長させてくれます。自分を知って自分を磨いたら、もっともっと幸せな恋に出会えるはずです。

スポンサーリンク


ABOUT ME
naoko
都内在住の25歳で、普段は丸の内OLやってます♡ 誰かの役に立てるような、誰かが思わず嬉しくなっちゃうような記事をお届けいたします♪