毎日をもっと"sweet"に♡

角質ケア用手作りボディスクラブの安くて簡単な作り方!

暑くなってきて薄着になると、体のざらつきが気になりませんか?

その原因は古くなった角質!

角質が溜まると、ざらつきだけでなくお肌のくすみにもつながります。

スベスベで綺麗なお肌で薄着を楽しみたいですよね?

でもボディスクラブって意外と高いものが多くないですか??

そこで今回ご紹介したいのは、“手作りボディスクラブ”です!

実は、安くて身近な材料だけで、簡単に作ることができるんですよ!

所要時間はなんと1分!いや、30秒です!

材料によって効果が違うので、お好みのものをぜひ試してみてくださいね♪

早速ご紹介していきましょう!

スポンサーリンク


手作りボディスクラブの種類と効果

手作りボディスクラブの代表的な種類を3つご紹介します。

使う材料によって効果が異なりますので、自分に合ったものはどれか見比べてみてくださいね!

①ソルトスクラブ

スクラブと言えば塩を使ったものが有名ですよね。

かかとや膝、肘などの角質除去に最適です。

ざらつきを取り除く効果もあるので、腕や足、デコルテなどの露出する部分に使ってスベスベでクリアなお肌になれます。

老廃物の排出促進、発汗作用、お肌の引き締め効果も。

スクラブに使う塩はミネラルが豊富な天然塩がおすすめです。

粒が荒いとお肌を傷つけるので注意です。

②シュガースクラブ

意外かもしれませんが、砂糖を使って作るシュガースクラブも人気のスクラブです。

しっとり保湿してくれて、お肌を柔らかく導いてくれる効果があります。

塩を使ったものよりも低刺激なので、お肌がデリケートな人でも使いやすいですが、角質ケアの効果は緩やかです。

スクラブに使う砂糖は、上白糖でもOKですがミネラルが豊富なブラウンシュガーやきび砂糖がおすすめです。

③コーヒースクラブ

ドリップコーヒーを淹れた後のコーヒー粉を使って作るコーヒースクラブ。

角質や毛穴の詰まりを取り除いたり、お肌を柔らかくしてくれます。

さらに、コーヒーに含まれるカフェインやクロロゲン酸が脂肪の分解やセルライト除去に効果的なので、お腹、二の腕、脚などに使いたいですね。

コーヒーのいい香りも楽しめます。

スクラブに使う際は、コーヒーを淹れた後の出がらしでOKですが、淹れる前の粉の方が成分が豊富です。

材料はどれもスーパーでお安く買うことができるものなので嬉しいです♪

3種類とも角質のケアができますが、その他の特徴が異なりましたね。

わかりやすくまとめてみましょう。

★とにかく角質&老廃物除去 → ソルトスクラブ

★角質&しっとり柔らか肌 → シュガースクラブ

★角質&脂肪・セルライトケア → コーヒースクラブ

という感じですね!

気になるものはありましたか??

手作りボディスクラブに使う材料

手作りボディスクラブを作る時、上でご紹介した塩・砂糖・コーヒーの粉に、オイルなどの材料を混ぜ合わせて作ります。

おすすめのものをご紹介します。

①オリーブオイル

ビタミンやオレイン酸を含むオリーブオイル。

保湿力がありお肌をしっとりさせてくれます。

むくみを取り除いたり、お肌を柔らかくしてくれる効果も。

スーパーで手軽に買えるので使いやすいです。

②ココナッツオイル

ビタミンE、ラウリン酸などお肌に嬉しい成分を含みます。

保湿はもちろん、抗酸化作用や抗菌作用もあります。

日焼けをした後のお肌にもgood!

ココナッツのいい香りが楽しめるので、バスタイムにぴったり。

③はちみつ

オイルではありませんが、はちみつも調達しやすく使いやすい材料です。

保湿効果を始め殺菌作用や炎症を抑える効果があります。

お肌に馴染みやすく、甘い香りも楽しめます。

この他にも、ホホバオイルやスイートアーモンドオイルなど、お好きなオイルと合わせてみてもOKです。

スポンサーリンク


手作りボディスクラブの作り方

手作りボディスクラブの魅力は、なんと言っても誰でも簡単にすぐ作れること。

作り方の手順は、適当な容器に材料を入れてよく混ぜる!これで完成です!
とっても簡単ですよね。

基本の分量は、ベースの材料とオイル類を1:1の割合で混ぜ合わせます。

塩を使う場合だけ、気持ち少なめに入れます。(0.8くらいのイメージで)

全身に使う量を用意したいときの分量の目安は、ベースの材料とオイル類それぞれ大さじ2を混ぜ合わせてください。(塩の場合は少なめに!)

手作りボディスクラブの使い方

手作りボディスクラブを使ってボディケアする際の使い方をご紹介します。

スクラブを作ってからお風呂に入り、次のような手順で使いましょう。

1.体を温めるために湯船に浸かりましょう。(時間がない場合はシャワーで十分に温まりましょう)

2.体を洗い汚れを落とします。

3.スクラブを手に取り、濡れたままのお肌に優しく塗りながらマッサージしていきます。

4.角質が溜まりやすいかかと、膝、肘にはよく塗りこみます。

腕は指から肩へ、脚は指から脚の付け根へ向かってマッサージを。

5.シャワーでしっかり洗い流します。

コーヒースクラブの場合は、洗い流す前に濡らしたキッチンペーパーなどで軽く拭き取ります。

6.お風呂から上がったら、ボディローションやボディクリームで十分に保湿をしてあげましょう。

7.これを週に1回くらいのペースで行えばOK。

ボディスクラブをしたあとは、お肌がしっとりとスベスベになりますよ!

お肌がクリアになってワントーン明るくなるのも嬉しい効果です。

角質が取れてお肌はデリケートな状態になっているので、お風呂上がりのケアもしっかり行ってあげましょう。

手作りボディスクラブにアロマオイル

せっかくのバスタイムだから、どうせなら優雅に楽しみたいですよね。

そんな時はスクラブにアロマオイルをプラスして、好きな香りに包まれてリラックスしながらボディケアをしてみてはいかがですか?

ローズやバニラ、ラベンダーなどのアロマオイルが人気です。

しかし、皮膚へ刺激を与えるレモングラス、セージ、ペパーミントなどのオイルは避けるようにしましょう。

アロマオイルを使うときの作り方は、ベースの材料に2〜3滴加えてよく混ぜたらオイル類を入れるようにしてください。

手作りボディスクラブの注意点

手作りボディスクラブを使うときの注意点はこちらです。

・ゴシゴシと強くこすらない

・濡れたお肌に使う

・生理中などお肌がデリケートな時は使用を控える

・頻繁にやりすぎない

・保存はせず1度で使い切る

・お肌に合わない時は使用を中止する

まとめ

いかがでしたか?

とても簡単に手作りボディスクラブが作れちゃうことがわかりました。

お手頃な材料でできるところもいいですよね!

有名ブランドのボディスクラブもいいけれど、コスパがいいのは断然手作り!

材料によって効果や使い心地が異なりますので、目的とお好みに合わせて選んでみてください。

いろいろと試してみるのも楽しそうですよね!

手作りボディスクラブで角質のないスベスベ美肌をぜひ体験してください♪

スポンサーリンク


by
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です