毎日をもっと"sweet"に♡

マフラーの巻き方!レディース向け簡単おしゃれなアレンジ15選

この季節は、毎日寒くて、マフラーが必需品ですよね。

しかし、マフラーって、いまいち巻き方がわからなかったり、ついついワンパターンの巻き方をしてしまったりしますよね。

小顔効果もあり、コーディネートのアクセントとなってくれるマフラー。

今年の冬は、ワンパターンではなく、様々な巻き方をしてみませんか?

今回は、定番の巻き方から、簡単に可愛く見せられる巻き方、上級者向けの巻き方15選と、コーディネート例などをまとめてみました。

スポンサーリンク


シンプルで簡単な巻き方

まずは、とってもシンプルですが、コーディネートにアクセントを加えてくれる、マフラーの使い方のご提案です。

首から垂らすだけ

まずは、もはや巻き方とかでもないですが笑

マフラーを、首からかけ、垂らすだけでもコーディネートに1つスパイスが加えられ、おしゃれに見せてくれます。

長めのマフラーを使うのがポイント。

また、目立つ色を使って、コーディネートの差し色にすると、おしゃれ度アップです。

クロス巻き

まず、首からかけ、片側を短く垂らしておき、長い方を反対側にクロスして巻くだけ。

ただ、反対側にかけるだけでも可愛いですし、寒い場合はそのまま何周か巻くと、とっても暖かいですよ☆

スヌード風

マフラーを、スヌード風に見せる巻き方。

ぐるぐると、首に巻き、端を中に入れ込むだけ!

きつくしすぎず、ゆったりと巻くのがポイント。

毛糸でざっくり編んだ柔らかいマフラーでこの巻き方をすると、スヌードみたいで可愛らしいです。

差し込み巻き

こちらは、している方が多い巻き方。

マフラーの横幅が好みの太さになるように折りたたみ、縦は半分の長さになるように二つ折りにします。

首からかけ、二つ折りしてできた輪の部分に、反対側を差し込めば完成です。

どんなマフラーでもこの巻き方はしやすいですが、タータンチェックのマフラーなどが、この巻き方によく合い可愛らしいかと思います。

一周巻き

長めのマフラーを、左右の長さが同じになるように首から垂らし、どちらも反対側から一周巻き、前にあまりを垂らす巻き方。

簡単さも、暖かさも、おしゃれさも叶えてくれるのでこちらはかなり定番!

少し凝った巻き方

ここまで、シンプルで簡単なマフラーの使い方をご紹介してきましたが、次は上級編です。

先ほどまでよりは、少し丁寧に巻いていくやり方です。

マフラーを使っておしゃれを楽しみたい方にオススメ!

リボン巻き

ボリューミーで、キュートなリボン巻きのアレンジは、小顔効果も期待できる人気のスタイル!

女の子らしいコーディネートに合わせたり、制服にも似合う巻き方!

巻き方は、まず、マフラーを1対2の比率になるよう首にかけ、短い方で輪を作ってから、長い方を下から上に一巻きします。

そのままループの中に通して両側にできた輪をひっぱりリボンの形を作り、整えたら出来上がり。

ニューヨーク巻き

こちらは、エレガントな雰囲気にしたい時におすすめ。

最初のほうでご紹介した、一周巻きをしたあと更に、余った部分を一度結ぶだけ。

長めのマフラーでするのがポイント。

フェアリーテイル

上品な雰囲気の出る巻き方。

まずは、細長くなるように縦に折ります。

片方が長めになるように首にかけ、長い方を折って輪を作り、短い方の上になるよう交差させ、輪の先端を下からくぐらせ、上に出します。

綺麗に整えたら完成。

ネクタイ結び

スマートでシンプルな結び方。

マフラー部分を長めに見せることができるので、柄を目立たせることも出来ます。

まずは縦長の状態にし、片方が長めになるように首にかけ、長い方を上になるよう交差させます。

そのまま短い方に巻き付け、一周させたものが上になるようにし、先端を首元の輪の中に下から入れます。

上から出し、そのまま結び目に通してて締め、形を整えたら出来上がりです。

ポット巻き

胸元まで暖かく、コンパクトにまとめられる巻き方!

まず、マフラーを前側から1回巻きます。

この時、左右のマフラーの長さが同じになるようにしておきます。

首の手前にある輪をねじり、もうひとつ、少し大きめになるように輪を作ります。

その輪の中に、左右のマフラーの端を上から差し込んだら出来上がりです!

スポンサーリンク


ストールを使った巻き方

最後は、マフラーではなく、ストールを使ったアレンジ方法をご紹介します。

スヌード風

マフラーでも、スヌード風に仕上げるアレンジをご紹介しましたが、大判のストールを使うと、ボリュームが出て可愛らしく、防寒もばっちりです。

まず、ストールの対角線上にある角と角を固結びして輪を作ります。

結び目が、首の後ろにくるように、首にかけます。

ストールを、体の前で一度ねじり、8の字を作ります。

作った輪を頭からかぶり、ストールの形を整えたら、スヌード風のアレンジの完成です。

カーディガン風

次はストールの大きさを利用して、カーディガン風に見せるアレンジです。

まず、広げたストールを、肩に羽織ります。

ストールの体の内側にくる両端の部分を持ち、両手を背中に回して、後ろで固結びします。

背中のストールを、結び目の上にかぶせ、結び目が見えないようにして完成です。

ベルトでアレンジ

ここまで、結び方をメインにご紹介してきましたが、ストールにはベルトを合わせるのもオススメです。

まず、ストールの縁を、10cmほど折ります。

その折り目が外側に見えるように、肩から掛けます。

ウエスト部分にベルトをしたら完成!

太いベルトを合わせて、コーディネートのアクセントにしても可愛いです☆

リボン巻き

ストールでリボンを作ると、ボリュームたっぷりでとっても可愛らしいですよ。

まず、ストールを縦に2回ほど折った状態で、首にかけます。

このとき、左右のどちらか一方が長くなるようにかけましょう、

ストールの左右をリボン結びしたら、完成です。

シンプルで簡単ですが、大きなリボンがインパクト抜群です。

コサージュ風

最後に、パーティーや、フォーマルシーンにぴったりな、コサージュ風の結び方をご紹介します。

まず、首にストールをかけ、片方をかなり長い状態で垂らしておきます。

短い方の端に、大きな結び目を作ります。

その結び目は、前肩あたりにくるようにします。

結び目をおさえながら、長く垂れ下がったストールを首に巻きつけます。

最後に、ストールの巻き終わりを結び目に挟み込み、形を整えたら、完成。

最後に

いかがでしたか?

防寒だけでなく、おしゃれに見せてくれそうですよね!

ぜひ参考に、試してみてください☆

スポンサーリンク


by
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です