毎日をもっと"sweet"に♡

着物のアウターは普段のコートじゃダメ?和装コートは激安通販で!

そろそろ、着物でのお出かけが涼しく感じられる季節になってきました。

肌寒くなってくると、お洋服にもコート類が必要なように、着物にもアウターが必要ですよね。 着物のアウターにはどんな種類のものがあるかご存知ですか?意外にもバリエーション豊富で、用途や季節に応じてさまざまなものがあります。

そこで今回は、着物のアウターの種類と、普段のものを利用できるかどうか、また、和装コートが通販で安く買えるかどうかといったことについて、ご紹介します!

スポンサーリンク


主な着物のアウター

着物の中でも、正絹の袷の着物は驚くほど温かく、外出の際の羽織るものは薄手のもので十分だったりしますが、最近流行りのレンタル着物はポリエステルなので、冬は寒いことが多いようです。

以下のものが、主に着物を着たときに使われているアウターです。

羽織

最も一般的な着物のアウターと言えば、羽織。

元来、羽織は男が着用するものでしたが、江戸時代に粋の真骨頂であった深川芸者が着はじめたようです。

羽織の丈は流行によって長さが変わっています。戦前は長め、戦後は短め、現在はやや長めのものが多いようです。 また、膝下まで長さがあるものを長羽織と呼びます。

また、上級者は羽裏(はうら:羽織の裏地)にこだわります。江戸小紋の生まれた背景と同様、贅沢を禁じられた庶民は秘かなおしゃれを羽裏にも込めていたようで、それは現代でも引き継がれています。

羽織は10月から翌年4月頃まで着用します。羽裏の無い単衣の羽織、レース編みなど透けている羽織は5月~9月頃まで。夏の間のホコリよけや、冷房が寒すぎる時にも便利です。見た目にも涼しさを演出させるだけでなく、上品な装いに見せてくれます。

羽織はお洋服で言うところのカーディガンのようなもので、室内でも着用していても問題はありません。

長羽織は丈が長いぶん、エレガントでセミフォーマル的な印象があります。室内だと屈んだり、座ったりする時に羽織の裾を踏みやすいので、室内では脱いだほうが良いようです。

羽織は女性の正装ではありませんが、江戸小紋などに紋付の羽織を着用すると略礼装になります。 着物姿が当たり前の時代、黒の紋付の羽織はお母さんが子供の入学式によく着用していたようです。

ショール

着物だけだと肌寒い時期に使います。ショールは着物専用のものでなくとも、普段お使いのお洋服用のショールでも問題ないようです。肩回りに一枚布があるだけで、暖かさが違いますよ。できれば大きめなものがオススメです。

普段着の着物の時のショールには、そこまで素材にこだわることはありません。 パーティーの時はベルベット素材のショールが華やかな印象になります。

スポンサーリンク


ケープ・ポンチョ

ケープやポンチョは、袖が無いので着物にも使うことができます。

着物用のものでなくとも袖が無いのであれば、大丈夫!少しかわいらしい印象になります。

あくまでもカジュアルですが、TPOさえわきまえていれば気軽におしゃれとして楽しむことができそうです。

和装コート

和装コートは、一つあると便利。お洋服のコートと同じ素材が多いですが、一番異なる点は着物に合わせて衿まわり、袖まわりがゆったりと作られていることです。

また、背中周りや身幅も帯があることを考えて作られ余裕があります。コートですので、丈は長めが多いです。こちらは寒い冬に大活躍。着物をすっぽり覆うので、特に寒がりの方におすすめです。

道中着

衿まわりが着物のようになっている和装用コートです。

「道中、お気をつけて」など言う通り、旅に着る上着が由来のようです。

着物だけだと肌寒い時期に。レースなど透け感があるものは、羽織同様に夏前~秋口まで着用できます。

道行

襟が四角く開いている、和装用コートです。

道中着と同じく、着物だけだと肌寒い時期に着用します。レースなど透け感があるものは、夏前~秋口まで着ることができます。

礼装にも普段着にも着用できる和装用コートですが、礼装にも使えるかどうかは柄にもよりますので、着物の専門店などに相談してみるのも良いかもしれませんね。

雨コート

着物をすっぽり覆う長い丈の、着物用レインコートです。生地に撥水加工がされているものは、雨を弾きます。 生地は絹だったり、化繊だったり様々。衿やデザインも道行のようなものから、変わった衿まで多様性に富んでいます。

雨の日のお出かけは、洋装でも濡れないように気を付けなくてはなりませんが、和装はなおさらです。濡れてしまった時のために、手ぬぐい、予備の足袋、濡れたものを入れるビニール袋があると安心です。

和装コートは激安通販で手に入る?

価格ドットコムなどのサイトでは、和装コートで検索すると激安で手に入れることができます。

人気商品のランキングも出ていますので、お手持ちの着物の色や柄などと合わせて、比較してみましょう。予算に応じて価格帯で絞り込むこともできます。着物のアウターは、ゆったりと作られていて細かいサイズ指定がないこと。

丈の長さはしっかりと測って、想像と違ったということがないように注意だけしてくださいね。

楽天などでも出ていますね♪

さいごに

羽織ものは薄く見えても、一枚羽織るだけで暖かさが違います。

身体を冷やしてしまわないためにも、積極的に着用しましょう。お呼ばれした際も、玄関でほとんどの着物アウターは脱いでしまえばマナー違反にはなりません。

ぜひ、着物と合わせて暖かくしてお出かけを楽しんでくださいね。

by
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です