毎日をもっと"sweet"に♡

アイプチがバレない方法ってあるの?バレたくなければコレをしよう!

女性にとって、ぱっちり二重の瞳は魅力的ですよね。
でも、もともとの目は一重だったり、奥二重で目が大きく見えない・・そんな人の強い味方のひとつが、アイプチ。
上手に使えば、魅力的な目が手に入ります。
今回は、アイプチが周囲にバレないで済む方法をご紹介します!

スポンサーリンク


アイプチの塗り方

まずは、アイプチをどんな風に塗ったらよいかをみていきましょう。

アイプチは薄く塗るのがコツ

アイプチを塗る時に、全体にべったりと塗るとノリがはみ出してしまい、まず失敗します。薄く液をぬるのがコツです。
一度薄くスッと塗る形にして、乾いてからさらに重ね付けをしていくと良いでしょう。
何回か重ね塗りをして使うと長時間持ちますよ。

 

つけるときはまぶたの真ん中に

またつける時は、まぶたの真ん中だけ液をつけます。
目頭から目じりまでの広範囲に塗ってしまうと、まぶたが不自然に引っ張られたりしますし、下を向いた時にひきつったような線がしっかりとできてアイプチがバレバレです!
真ん中だけですと、端の方はくっついていないので自然な二重ができますよ。

 

二重のラインの作り方

プッシャーでうまく奥へ押し込めない時は、先が細いつまようじを使うとうまく奥へ押し込みやすいです。
その後、指を使って整えると自然な仕上がりになります。

 

乾いてから二重をつくる

まぶたの脂分はもちろんのことスキンケア用品が乾いてない状態でアイプチをつかったり化粧をしたらすぐに剥がれます。
スキンケア用品(化粧水など)がが完全に乾いた後で使いましょう。
また、雨の日など、湿気が多い日は液が乾きにくいので要注意です。
乾いてから二重を作るのがベターなので、ドライヤーなどを利用するのも手。
ただ、乾かしすぎもうまくひっつかずに剥がれて白く浮いたりしますので、白い液が透明になってからすぐに押し込むと、うまくいきます。

スポンサーリンク


さらに、バレないようにするには

それでは、アイプチを上手に使えるようになって、さらにバレないようにするにはどうしたらよいでしょうか。

 

家の中で、アイプチのつけ方の練習をする

家でつけ方の練習をしましょう。急につけて外出していって変にひきつっていてはかっこ悪いです。液のつけ方や自分に合った二重の幅をみつけることも大事です。時間のある時により可愛く見える方法を研究しましょう!

 

化粧でうまく隠すようにする

アイプチが分からないように、アイラインやアイメイクをしっかりしてみましょう。
アイプチが先か、シャドウが先かの順番ですが、アイプチを使った後にシャドウを使っている人が多いようですね。
また、アイプチの中でも粘着力が弱いと、アイシャドウがうまくつかないようです。
付属のチップがついているものが多いですが、チップは固いのでシャドウが目の上にうまくのせられなかったり、ダマになって色むらができたりするようです。その点、アイシャドウブラシを使って塗ると力をいれなくても一度にさっとぬれますよ。
また、アイプチでつけたラインの内側にもグラデーションをつけやすいです。
アイシャドウの濃い色を二重の内側へ、明るい色をアイホール全体に塗ってぼかしていきましょう。
ハイライトは指で塗って全体をぼかすようにするのがコツです。アイメイクが綺麗にできてばれずにできます。
また、それに合わせてつけまつげをするのもおすすめです。

 

アイプチを使う時の肌のお手入れ

朝起きてすぐはまぶたが腫れていることがありますが、そんな状態ではアイプチもうまくできませんよね。朝は余裕をもって起きる習慣にするといいですよ。
モデルや女優さんなどもよくやっているようですが、蒸しタオルを使って顔の血行をよくしたりする方法も効果的です。
血行が良くなって顔のむくみがとれます。
また、アイプチは使いだすと毎日使うものなので、お手入れが大事です。
アイプチはのりをまぶたにぬるので、肌が荒れやすいんですよね。
使用後はのりをしっかり落としてから化粧水や乳液でしっかり保湿をして肌をいたわりましょう。皮膚をいたわってあげると、まぶたがはれることも少なくなります。

 

アイプチを使うタイミング

アイプチを使いだす時に、タイミングは結構大事です。
一重まぶたよりも、二重の方が目が強調されて目力アップできるし、顔の印象も全然違って見えますよね。
いきなりアイプチをすると、顔が別人に見えたりしてアイプチがバレやすいです。
少し環境が変わるようなタイミング、たとえば長期の休みの後や、職場が変わったり、学校が変わったりというようなタイミングで使うようにするとバレないかも?

 

アイプチ以外にどんなものがあるの?

アイプチでうまくいかない場合は類似商品を試したみるのも方法です。もっと自分に合う商品もみつかるかもしれません。

 

ローヤルアイム

アイプチは水や汗に弱いですが、ローヤルアイムは水や汗に強くて素肌感覚で突っ張らないし、皮膚を引っ張らないので目を閉じても自然です。
ローヤルアイムが乾いてからシャドウをのせると分かりにくいです。寝てても目が引きつってないので彼とのお泊りなどにもバレずに活用してる人も多いようです。

 

二重まぶた用アイテープ(夜用)

他にも、夜の寝ている間にふたえ用アイテープ(夜用)を毎晩つけて寝て、二重のくせをつけている人もいます。
こちらは使える、使いにくい、など、賛否両論あるようです。

 

さいごに

いかがでしたか?アイプチ愛用者も、そうでない人も、より効果的な使い方を知ることで、さらに魅力的な目にすることができますね。

ただ、実際に利用するときには、お肌を傷めないように十分に気を付けてくださいね。
美は一日にしてならず。一番リーズナブルでお財布に優しいアイプチを使って毎日二重のくせをつけていくと、ある日本当に二重になったという話もよく聞きます。そうなれば嬉しいですね!

まずはうまくアイプチをバレないように使うところから始めて、キレイで魅力的な瞳を手に入れましょう!

スポンサーリンク


by
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です