毎日をもっと"sweet"に♡

ジェルネイルを長持ちさせる方法!大切なのは下準備

最近、ネイルサロンに行かずセルフでネイルを楽しんでいる方も多いですよね。

ライトや、ネイルキットを揃えれば、自宅でネイルが出来て、お金も節約する事が出来て魅力的!

しかし、セルフでネイルをすると、お店でするのとは違い、すぐ取れてしまったなんて経験はありませんか?

せっかく時間をかけて、しかも、利き手にも自分でネイルをするなんて一苦労だというのに、すぐ取れてしまうなんて悲しいですよねー。

取れなくても、ジェルネイルが自爪から浮いてきたりすると、そこから水分が入りカビとなり、「グリーンネイル」になってしまう事も、、、

「グリーンネイル」になると、見た目が悪いのはもちろん、しばらくネイルをお休みしなければなりません。

症状は軽度から重度まであり、放置しておくと、自分での対処が難しくなる場合もあります。

そんなトラブルを招かないためにも、セルフネイルを長持ちさせる工夫が必要です。

ネイルをするというと、どうしてもデザインをしたり、カラーを塗るという工程にウェイトを置いてしまいがちですが、一番大切にしなければいけないのは、下準備。

今回は、その下準備の方法やコツ、そしてジェルネイルを、なるべく長持ちさせるために出来る事をまとめてみました。

スポンサーリンク


下準備の方法

先ほども書いたように、一番重要な工程が下準備です。

ここを正しい方法で、丁寧に行うことによって仕上がりの綺麗さ、持ちが変わってきます。

手を洗う

爪や手に、汚れや油分が残っていると、ネイルの持ちが悪くなります。

まずは綺麗に手を洗いましょう。

爪の長さを整える

爪の長さの整え方にもコツがあります。

普段、爪切りを使っている方も多いと思いますが、一般的な爪切りは、切る際に爪に与える衝撃が大きく、負担がかなりかかってしまいます。

爪を短くしたり、形を整えたりする時は、なるべく、エメリーボード(やすり)を使うようにしましょう。

そうする事で、爪への負担も減り、切りすぎて深爪になる事もなく、健康的な爪をキープする事に繋がります。

甘皮の処理

甘皮の処理を怠ると、仕上がりが汚く見えますし、ジェルネイルが根元から浮いてくる原因となるので、この工程も丁寧に行いましょう。

①甘皮をふやかす

甘皮を処理する時は、まず、甘皮を柔らかくしておく事が大切です。

ぬるま湯に5分程度、指をつけて甘皮をふやかしておきましょう。

甘皮がかなり硬くなってしまっている方は、ぬるま湯に指をつける前後に、キューティクルリムーバー(角質の軟化剤)を、甘皮に塗ると、かなり柔らかくなります。

②甘皮を優しく押し上げる

プッシャー、または、ウッドスティックにコットンを薄く巻き付けた物を使い、甘皮を優しく押し上げていきます。

ガシガシ押し上げると皮膚を傷つけてしまったり、出血してしまう場合もあるので、丁寧に優しく行います。

③甘皮を拭き取る

押し上げた時に、ポロポロと取れた甘皮を、濡らしたガーゼで拭き取ります。

その際、セルフネイル上級者の方や、プロのネイリストは、キューティクルニッパーという甘皮を切り取る道具を使いますが、扱いがとても難しく、出血を起こしてしまう可能性もあるので、ガーゼで拭き取るくらいで充分かと思います。

サンディング

爪の表面がツルツルしていると、ジェルが密着せず剥がれやすくなってしまいます。

サンディングは、ジェルの密着を良くするために、爪表面を削る作業です。

削ると言っても、スポンジバッファーという、目の細かいやすりで、爪表面のツヤを取り除き、白く曇る程度でOKです!

爪表面にスポンジバッファーを当て、爪のキワまでツヤを無くしてください。

この時も、強く当てすぎないように注意してください。

水分、油分除去

ここまでの工程で、手が粉だらけになっていたり、取り除いた甘皮が爪に残っていたりすると思います。

まずはそれらの汚れを取り除き、何もない綺麗な状態にします。

それでかなり、見た目は綺麗な状態にはなりますが、実は爪には水分や油分が残っています。

爪に、水分や、油分がついたまま、ジェルを塗ると、ネイルの浮きの原因となり、そこから剥がれたり、割れたりしてしまうので、この工程はかなり重要なポイントです。

髪や顔を触っただけでも皮脂や、化粧品などの油分が付着してしまいます。

爪の油分を取り除くには、以下のアイテムがおすすめです。

・除光液

・アルコール(エタノールなど)

・プレプライマー(pH調整剤)

上記のどれでも良いので、小さく切ったキッチンペーパーに染み込ませ、爪とその周りをふき取り、完全に乾燥するまで待ちます。

スポンサーリンク


ジェルを塗る

ここまできたら、次はいよいよジェルを塗る工程です。

ベースジェルを塗る

ベースジェルの塗り方にもコツがあります。

塗るときに、爪表面だけ塗っていませんか?

まんべんなく塗れていても、表面だけだと、先端から剥がれてきてしまいます。

そこで、ポイント!

ベースジェルを塗る時は、爪先まで覆うように塗る事です。

表面の根元から爪先に向かって、筆を滑らせ、そのまま爪をくるむように筆を手前に立て、ちょんちょんちょんと、ベースジェルジェルを塗っていきます。

これで、先端から剥がれてしまうのを、防ぐことができます。

塗り残しがあると、浮いてしまう原因となるので、余裕のある方は、2度塗りしておくと、尚、良いです。

お好きなデザインに

やっとメイン!

お好きなデザインに仕上げてください♪

カラーを塗る場合は、ベースジェルの時と同じように、爪先まで覆うように塗ってください。

ここでの工程は、割と自由に行って頂いても、仕上がりや、持ちに響きません。

何度も言いますが、大切なのは下準備なので、ここはあまり考えすぎずお好きなように行って見てください♪

トップジェルを塗る

最後の仕上げです。

こちらも、ベースジェルや、カラージェルと同じく、爪先まで覆うように塗ることがポイント。

お爪が薄く、割れやすい方は、2度塗りしておくと強度が上がり、割れづらくなりますよ♪

最後に

いかがでしたか?

予想以上に下準備が大切な事がお分かり頂けたのではないでしょうか?

ここまで丁寧に下準備を行えば、仕上がり、持ちがかなり変わるのを実感できると思いますよ♪

ネイルが完成してからは、頻繁にネイルオイルやハンドクリームを塗り、乾燥を防いだり、洗い物をする時にゴム手袋をし、爪が洗剤に触れないようにしたりすると、ますます長持ちしますよ!

是非試して見てください♪

スポンサーリンク


by
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です