毎日をもっと"sweet"に♡

鼻イボの除去の方法は?レーザー治療の前にやるべきこととは!?

鼻にポツリと出来しまったできもの…。

ニキビかな?と思っていたら、なかなか治らず、実は鼻イボだった!というケースもまれに見られます。

イボは身体中どこにでもできる可能性のあるものですが、顔の真ん中である鼻に出来てしまうと、とても目立つので憂鬱ですよね。

ニキビとは違い、なかなか治らない鼻イボですが、自宅で行える治療法はあるのでしょうか?

また、病院へ受診したらどのような治療を行うのでしょうか?

病院へ行く前に試してみたい自宅でのケア方法などをお伝えします。

スポンサーリンク


鼻イボの種類とは?

イボの正体

イボは、身体中至るところにできる可能性のあるできもののことで、医学用語では疣贅(ゆうぜい)と呼びます。

このうちウイルス感染によって発症するイボを尋常性疣贅と呼び、もっとも多く見られるタイプのイボです。

このほかには、扁平疣贅や老人性疣贅などもよく見られるイボの種類です。

以下に詳しく解説します。

尋常性疣贅

一般的に、ヒトパピローマウイルス感染症が原因となって起こるとされているイボを尋常性疣贅と呼びます。

単純にウイルス性疣贅と呼ばれることもあります。

ヒトパピローマウイルスには200種類以上の形があり、ウイルスの種類によって身体のどの部分に感染しやすいかが異なります。

イボの中でも、もっともよく見られるタイプです。

子どもの手足や、爪の周囲にできることも多いです。

顔や足の裏に生じることも多く、表面がガサガサしているのも特徴です。

また、1度にたくさん出来てしまうこともあります。

その中でも足の裏に出来るものを足底疣贅と呼び、体重がかかるので隆起していないのが特徴です。

また、イボの中にはウイルスがたくさん存在しているため、イボが潰れてしまった場合には人から人へと感染してしまう恐れもあります。

こちらは一般的に知られている水イボとは異なります。

水イボはヒトパピローマウイルス感染症ではなく、伝染性軟属腫ウイルスの感染によって起こります。

数ミリサイズのツルツルとしたイボが身体中にできますが、手のひらや足の裏に出来ることはありません。

子どもに多いと言われています。

扁平疣贅

思春期から30歳くらいまでの女性に多く見られるタイプのイボです。

顔や腕、手の甲、ふくらはぎなどにでき、褐色をしています。

尋常性疣贅と比べると、表面が滑らかなのが特徴です。

老人性疣贅

別名、脂漏性角化症とも言われています。

加齢によって起こる、老化現象の1つであり、人に感染することはありません。

顔や身体などに、黒く出っ張ったイボができるのが特徴です。

もし鼻イボができてしまったら?

専門の医療機関で正しい診断をしてもらいましょう

鼻イボができてしまうと、目立ってメイクでも隠しにくいので早めに治したいと考える方がほとんどだと思います。

しかし、その鼻イボがウイルス性か非ウイルス性か、またはまれに見られる悪性の腫瘍なのかなど、素人が判断するのは大変危険です。

もしも悪性腫瘍だった場合、放置したり自己流で治そうとしたりすることであっという間に全身に転移してしまう、ということにもなりかねません。

医療機関で治すのか自宅で治すのか決定するのも、まずは詳しい知識を持った専門医に診断をお願いすることが大切になります。

すぐに治らず、長期化することも多いです

一般的に、イボは治りにくく、またせっかく治っても再発しやすい疾患です。

外科的な治療を除いては、完全に治るのに数ヶ月から数年の期間を要することもあります。

なかなか治療効果を得られない場合や、再発してしまった場合はとても落ち込むものですが、医師とよく相談し、気長に治療に取り組むようにしてください。

医療機関で行える治療

受診するのは皮膚科

まず、イボの治療を病院やクリニックなどで行う場合、受診するのは皮膚科になります。

美容皮膚科などでも治療をしてくれるところがありますが、保険適応外の治療も多いのでしっかりと確認しましょう。

もちろん、美容皮膚科でも保険適応の治療を行ってくれるところはあるので、医師とよく相談することが大切です。

液体窒素凍結療法

尋常性疣贅のもっともポピュラーな治療法で、保険適応になります。

マイナス196度の液体窒素でイボを瞬間冷凍していく治療法で、強い痛みを伴います。

また、イボ周辺の正常な皮膚への影響や、治療後に色素沈着として残ってしまうこともあります。

しかし、確実にウイルスを除去して再発を防いでくれるので、尋常性疣贅の場合は比較的完治しやすい治療法であると言えます。

レーザー治療

炭酸ガスレーザーを用いて、イボを焼き切っていく治療法です。

一瞬で1つのイボを治療できるので、たくさんイボが出来てしまった場合もスムーズな治療が可能です。

局所麻酔を行うので痛みはほぼ感じません。しかし、自由診療となるので保険適応外です。

電気焼却法

電気メスなどで患部を焼いていく治療法です。

保険適応外の自費診療となるため医師と相談しましょう。

塗布薬での治療

グルタルアルデヒドと呼ばれる薬を患部に塗っていく治療です。

こちらも保険適応外なうえ、外科的な治療のように短期間で治すことはできません。

しかし、痛みなどの苦痛は少なく手軽な治療法であると言えます。

内服薬での治療

ハトムギから作られるヨクイニンという漢方薬を内服することで、イボの治療を行います。

抗ウイルス薬、抗腫瘍薬として使用されます。

ほかの外科的な治療法と併用される場合もあります。

完治までに時間がかかる場合がありますが、作用は比較的穏やかで副作用などの心配も少なく、安全性の高い治療法です。

また、小さなイボであれば数週間で良くなる場合もあります。

スポンサーリンク


自宅で行える治療

医師の診療を受けた上で、問題なければ自宅での治療も行うことができます。

自宅での治療は、市販薬の塗布や美容クリームの使用がメインです。

横山製薬の「イボコロリ」

横山製薬から発売されているイボコロリという薬を使用します。

塗布薬、絆創膏タイプ、内服薬の3種類が発売されています。

サリチル酸という成分が配合されており、この有効成分によってイボのできた部分を腐食させて治します。

ニチバンの「スピール膏」

イボコロリと同様にサリチル酸によってイボ治療を行う薬です。

塗布薬と絆創膏タイプの2種類があります。

ヨクイニン

様々なメーカーから発売されています。

皮膚科で処方されるヨクイニンと同じ成分を含んだ内服薬が、薬局でも購入できます。

錠剤や粉末など、形状を選ぶことができるので、自分の飲みやすいものを選ぶと続けやすいですね。

アクアビューティーの「艶つや習慣」

アクアビューティーから発売されている艶つや習慣は、通信販売にて購入することができます。

ヨクイニンのほかにあんずエキスやプラセンタエキス、コラーゲン、ヒアルロン酸、アスタキサンチン、アロエベラエキス、クチナシエキスなど多数の美容成分を含んだスキンケアアイテムです。

化粧水、美容液、乳液、角質ケアの機能が備わったオールインワンスキンケアアイテムなので、忙しい朝にも重宝します。

その他、ヨクイニンを含むスキンケア

艶つや習慣以外にも、ヨクイニンを含んだスキンケアアイテムを通販で購入することができます。

クリアポロン

シルキースワン

アプリアージュオイルS

アンミオイル

ぽっつるん

などのアイテムがあります。

これらのスキンケアアイテムは、イボ治療をしながら美肌も目指せるメリットがあります。

さいごに

鼻イボができた場合の治療法や、自宅でのケアについてお伝えしました。

できてしまうと憂鬱な鼻イボですが、正しい治療法でしっかりと確実に治していきましょう。

スポンサーリンク


by
看護師経験を活かして、美容や健康に関する記事をメインにお伝えしていきます♪
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です