毎日をもっと"sweet"に♡

恵比寿のパブリックスタンドが出会いのメッカに!おすすめ時間帯は?

夏といえば、レジャーなど楽しいことがたくさんある季節。そして出会いの季節でもありますね。レジャーに出かけるのも女友達と行くのもいいけれど、やっぱり彼氏と行きたいと思っている人も多いのではないでしょうか。

夏はもう来ましたが、諦めるのはまだまだ早い!今からでも素敵な出会いをゲットするのは、決して遅くはありません。

そんな出会いを求める人に大人気のスポットが、恵比寿にできているのをご存知でしょうか。

それが2017年1月13日にオープンしたばかりの、「パブリックスタンド」(The Public stand)という、人気急上昇中のお店です。

恵比寿にも飲食店は多いですが、なぜ今この新しいパブリックスタンドが出会いの場としても人気なのでしょうか。

出会いスポットとして人気の理由と、上手に出会いをゲットするポイントと合わせてチェックしていきましょう。

スポンサーリンク


パブリックスタンドってどんなお店?

パブリックスタンドがあるのは、恵比寿駅の西口から徒歩5分もかからない場所になります。入り口は一階でロッカーがあり、荷物を預けることが出来ます。二階フロアがお店になっていて、手ぶらで飲食を楽しむことができます。

薄暗い照明と大き目のサウンドと、全体的に大人の雰囲気で、ガラス張りになっていて外から見る事もできます。

スタンドなので基本的には立ち飲みのスタイルですが、何席か座れるスペースもあります。

最も特徴的なのは、無制限の飲み放題があるところです。女性はなんと1000円、男性なら3000円で時間を気にせずにドリンク頼むことができます。

ラインナップもとても多く、いくつかのショットなどはのぞいて、ほとんどが飲み放題です。一応チケット制や、早い時間だと半額で単品を頼めるハッピーアワーもありますが、ほとんどの人がフリードリンクで入場します。

また、手の甲にブラックライトで光るスタンプを押したものを見せて注文するのですが、なんとお店への出入りも自由。

気軽でお得、そんな言葉がぴったりなお店です。人気が出るのも納得ですね。

出会いのメッカになる理由!

このパブリックスタンドがなぜ出会いの場所になっているのかというと、この飲み放題のシステムが大きく関わってきています。

まず、飲み放題が安いので女性が多いということ。そして、男性は飲み物をおごる必要が無いというところです。男性にすれば、これ以上ないメリットというわけですね。

そして、立ち飲みで自由に動くので声がかけやすいというところです。立ち飲みでも席の自由な移動や合流はできないというお店は多いので、これが大きなポイントに。

フリードリンクの時間も無制限なので、時間を気にせず声をかけたり話をしたりできるのも大きいところです。朝5時まで営業しているので、終電を逃してしまった人なども利用することが多いとか。

恵比寿ということで、全体的な雰囲気もよく、変な人がいなくていい!という声も結構あるようです。

パブリックスタンドに行くおすすめ時間帯!

ではパブリックスタンドで出会いを見つけるためには、どの時間帯を狙えばいいのでしょうか。

人が多いのは圧倒的に週末、金曜、土曜です。時間帯は20時頃から人が増え、1時ごろまではものすごい混み具合になります。だいたい23時頃が混雑のピークのようです。

人が多ければその分出会いのチャンスも増えはしますが、あまり混み混みだと嫌だという人は平日の8時前後くらいからは比較的空いているようです。

女性は料金が安いので多いと書きましたが、その女性との出会いを求めてくる男性もまた多いので、店内の男女比率は7対3くらいで男性の方が圧倒的に多いようです。

女性が少なければその分声をかけられるチャンスも高くなるので、そちらも狙い目かもしれません。また、時間帯によって来る客層も違いますので、何度か行って雰囲気を掴むといいでしょう。

時間は無制限とはいえ、立ちっぱなしで飲み続けるのは思ったよりもハードなもの。しっかりとスタートする時間帯は見極めたいところですね。

声をかけられやすくするポイントは?

出会いのメッカと話題になるだけあって、ナンパを目的にやってくる男性の数はかなりのもの。ではより声をかけられやすくするポイントとはなんでしょうか。

まず、2~3人の女性グループで行くこと。男性も2人くらいでやってくる人が多いので、人数が同じというのは話しやすく声をかける大きなポイントになります。

そして、そこからたまに一人になる時間を作ることです。ドリンクの注文に一人で並んで行ったり、サイドメニューを見に行ってみたり、交代で少し表の空気に吸いに行ったりと、とにかく1人きりでいる時間を数分でも作ることがポイントです。

特に平日ですと、仕事帰りに一人でナンパにきている男性もいます。男性一人で女性グループに声をかけるというのはかなりハードルが高く、なかなかそこまでする人はいません。

ですが、何かのタイミングで一人になれば、数分の間に声をかけるという男性も多く居ます。代わりに注文しようか?であったり、じゃあ友達が戻ってくるまで少し話さない?など、少しのタイミングでチャンスをつかむことも十分できます。

もちろん何も気にしなくても楽しめる!

相席屋やJISなどのシングルバーとは違い、パブリックスタンドはその手軽さから、会社帰りや友人のグループなどの利用も多くあります。

行ったからすぐに出会い目的と思われることもありませんので、まずは気軽に友達と雰囲気を楽しみに行ってもいいかもしれません。

もちろん女性のおひとりさまも多いようですので、仕事帰りにお得に飲みたい!というときでも大活躍です。

出会いを気にしすぎると逆に落ち着かない雰囲気で声をかけられにくくなってしまうこともあるので、リラックスしてまずはお店を楽しむところから始めるといいかもしれませんね。

スポンサーリンク


2号店も忘れずチェック!

さてそんな大人気のパブリックスタンドですが、なんとこの夏に2店舗目がオープンしました。

2017年7月7日に、新宿歌舞伎町店がオープンしたばかり。まだレビューや口コミはそれほどありませんが、この勢いだとこちらのお店も人気店になりそうです。

行動圏内に近い方のお店のほうが、出会いのチャンスももちろんですが、そこから先も繋がりやすいです。これからの伸びが気になる新宿歌舞伎町店もチェックが欠かせませんね。

歌舞伎町店の方は基本的なスタイルは同じですが、恵比寿店に比べるとややムーディでゴージャスな雰囲気な写真が気になりますね。

恵比寿店も歌舞伎町店も、ともにインスタグラムで情報発信を行っていますので、忘れずにチェックしたいところ。公式ホームページから確認できますので、チェックしてみましょう。

また、こまめにシーズナルイベントも開催しているので、そちらも合わせてチェックを忘れずにしたいですね。

4月のイチゴフェアからはじまり、5月、6月も限定フェアが開催されていました。7月は10日から南国マンゴーフェアが開催されたばかりです。

濃厚マンゴーフラッペアイスや、マンゴーたっぷりのサウスアイランドサンセットなど、見逃せないメニューがそろっていますのでお見逃しなく。7月31日まで開催されています。もちろん来月の新しいフェアにも期待が膨らみますね。

HUBも同じようなスタイルですが、それに比べるともっと落ち着いて大人っぽい雰囲気なのがパブリックスタンドです。

この夏大注目のスポットで、是非オトナの運命的な出会いを見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク


by
「タマゴから、まずはその足を一歩踏み出そう。」をモットーに、前向きになれる記事を皆さんにお届けします。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です