毎日をもっと"sweet"に♡

アブクラックスがきれいな芸能人のまとめ!あなたは誰を目指す?

痩せている、くびれているというだけではなく、健康的なお腹のライン「アブクラックス」。

バキバキに6つに割れているわけではないけれど、締まって鍛えられた感のある腹筋のバランスが美しいと今話題になっている単語です。

おへその上の方にすーっと真っ直ぐに浮かび上がる一本のラインは、男性からの好感度ももちろん、女性から見ても憧れですよね。

芸能人でも多くの方がこのアブクラックスをSNSなどで披露していて、見るたびに私もこうなりたい!と思う方が多いと思います。

そこでアブクラックスがきれいな芸能人をまとめてみました。憧れるスタイルが見つかれば、そのトレーニング方法や生活スタイルなど、参考にもしやすいですよね。

是非目標のアブクラックスを持つ芸能人を見つけて、その方法を参考にしてみましょう。

スポンサーリンク


さすがの体型!モデル陣!

スタイルが資本のモデルさんたちは、さすがに美しいアブクラックスを持つ方がとても多いです。

定期的にインスタにもアブクラックスの写真を投稿しているダレノガレ明美さん、筋トレは裏切らない!とおっしゃっているゆんころさん。道端ジェシカさんもさすがの美腹筋です。

トレーニングの様子をインスタやツイッターでよく披露しているローラさんも、お腹には素敵なアブクラックスが見えますね。

皆さんジム通いや家での筋トレは欠かさず、サプリや食事にももちろん気を遣っていらっしゃいます。写真を見ているとやはりこうなりたいと憧れる方は多いのではないでしょうか。

また、SNSでトレーニング内容などを紹介してくれている人も多いので、参考にもしやすいところもポイントですね。

筋トレ女子増加中の女優陣

最近はタレントや女優さんも、筋トレをしていて腹筋がすごい!という方が多いですね。

筋トレにハマっているという長澤まさみさんも、あのかわいらしい顔からはなかなか想像できない素晴らしい腹筋をお持ちです。スタイルが良くて、まさに絵に描いたようなアブクラックスです。

また榮倉奈々さんはアスリートフードマイスターという資格を持っていて、トレーニングもトレーナさんがついていたりとかなり本格的。

女優さんは役作りなどにも通じるストイックな姿勢がある方が多いので、きっかけがあって一度ハマり出すととことんやる方が多いのかもしれません。

歌にダンスと燃焼の激しいアーティストも!

アーティストにもアブクラックスが美しい女性は多くいらっしゃいます。

なによりステージでは歌いながら激しいダンスをしたり、ライブともなれば数時間それを続けるという彼女たちですから、ボディが締まってくるのは当然といえば当然ですよね。

特にパフォーマンスにも力を入れているアーティストの方は、日頃からジムに通っていたりトレーニングで体力をつけたりしているので、モデル顔負けのスタイルを披露している方も多いです。

元AKB48の大島優子さん、秋元才加さんはAKB在籍時代からその鍛えられた腹筋が話題になるほどでした。今でもその締まった腹筋は健在です。

そして峯岸みなみさんは、ライザップのCMで披露した水着姿が印象に残っている方も多いと思いますが、見事集中トレーニングで美しいアブクラックスを手に入れられていましたね。

そして田野優花さんの鉄壁の腹筋も一時テレビで取り上げられるほど有名でした。彼女の腹筋は、女性のグーパンチを笑って跳ね返せるほどの鉄壁っぷり。

力を入れると6つに割れたシックスパックがハッキリ浮かび上がりますが、コンサートの写真などで普通にしている分には意外と美しいアブクラックスだけがすっと目に飛び込んできたりします。

他にはきゃりーぱみゅぱみゅさんもアブクラックスをSNSで投稿していることで有名です。あのかわいらしいパフォーマンスも、やはりハードなトレーニングが支えているということなのですね。

年齢を重ねてもスタイルキープ!

腹筋女子は最近流行りだした言葉ですが、昔からスタイルがいいと言われていた芸能人の方にもアブクラックスがある方はいます。

もう美魔女という域かもしれませんが、紀香ボディと謳われた藤原紀香さんもアブクラックスがステキな写真がいくつも残っていますね。

しかし年齢を重ねてからも美しいスタイルの方というのは、やはり若い頃からトレーニングなどをしていて、以前からスタイルがよかったという方がほとんどです。

年をとっても頑張ればこうなれると思わずに、やはり今からこつこつとスタイルを整えていくのが大切です。

出産してもボディキープしている芸能人

出産をしてママになっても、エネルギッシュなボディラインをずっとキープされ続けている安室奈美恵さんも、元祖美アブクラックスの持ち主ですね。

デビュー当時から続くダンスパフォーマンスと、崩れることのないボディラインは、今でも憧れる方が多いほどです。

グラビアアイドルの熊田曜子さんもお二人のお子さんに恵まれ育児中ですが、子どもを産むとラインが崩れるなんて嘘なんじゃないかと思うくらいに素晴らしいボディラインをキープされています。

育児自体がハードなトレーニングだともご本人は言われますが、それだけではないのは明白ですよね。おそらく出産される前以上に意識的なトレーニングをされているのではないでしょうか。

アブクラックスを身に付けるには?

アブクラックスを身に付けるには、腹筋と背筋を程よく鍛えること、そして体脂肪率を20%弱くらいまで落とすことがいいとされています。

ご紹介した美腹筋の芸能人の方々も、基本的には筋トレをし、ヨガや、あるいはステージなどの仕事や練習で激しい有酸素運動をされていることがほとんどです。

また、ストレッチや半身浴、姿勢や体のバランスを整えるトレーニングなどもおすすめです。短期的な集中トレーニングよりは、日常に組み込めるトレーニングをじっくりと行うことの方が効果的なようです。

芸能人の方は常に姿勢には気をつけているので、まずは姿勢を常にピンとするように意識するところから始めるといいかもしれません。寝る前に必ず数回腹筋をする、お風呂に入りながらストレッチをするなど、できるところから始めていきましょう。

また、トレーニングの様子やアブクラックスをSNSで披露している芸能人の方は、サプリや食事の方法などを呟いていたりすることもありますし、なんでもないようなつぶやきが参考になることもありまし、憧れのアブクラックスを持つ芸能人のツイッターやインスタは是非フォローしておきたいですね。

スポンサーリンク


アブクラックスが出るかは体質次第

アブクラックスを身に付ける方法をご紹介しましたが、アブクラックスがそもそも出ないという体質の方もそこそこいらっしゃいます。

かの有名なミランダ・カーさんも、サイドにはうっすらラインが入っていますが、中央のアブクラックスは出ていません。

米倉涼子さんも、ストイックなトレーニングをされているのは間違いないと思いますが、写真を見る限りアブクラックスはくっきりとは確認できません。

アブクラックスが美しく映える芸能人の情報が多い中、スタイルがいいと言われている芸能人でもアブクラックスが出ない人はいるのです。

これは腹筋の形やバランスなど、遺伝的なものが原因で、自分では変えようがありません。憧れの芸能人みたいになりたいのに、どんなに頑張ってもアブクラックスが出ない!という人は、そもそも出にくい体質なのかもしれません。

絶対にこうなりたいと無理をせず、健康的なボディラインを作ることを目標にしましょう。

スポンサーリンク


by
「タマゴから、まずはその足を一歩踏み出そう。」をモットーに、前向きになれる記事を皆さんにお届けします。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です