毎日をもっと"sweet"に♡

職場の人間関係で女性のひがみを華麗にかわす対処法!

いくつになっても難しいのが人間関係です。

働く女性の中には職場の人間関係で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

例え大好きなやりがいのある仕事でも、仕事仲間との関係性によっては、仕事に行くのが苦痛になってしまうことも。

特に女性の人間関係のトラブルで多いのが“ひがみ”です。

このひがみが元になり、やがて嫉妬につながり”社内イジメ”に発展してしまうこともあります。

そんなことになったら精神的にとても傷つきますよね。

今回は”ひがみ”を華麗にかわすにはどうすればいいのか?

職場で上手く立ち回る方法を調査しました。

スポンサーリンク


ひがみっぽい女性の特徴!その心理って?

優位に立ちたい

ひがみっぽい女性というのは自分に自信がない人が多く

「自分が人より優れている」「優位にたちたい」

という気持ちが強いので、人の長所や功績を認められずに、否定したりひがんだりします。

負けず嫌い

よく、「でも」「だけど」と必ず否定とも取れるネガティヴな意見を言う人がいますよね。

そんなネガティヴ発言もひがみっぽい人の特徴です。

自分が人に”負けてしまうのではないか”という焦りから、人を否定したり攻撃して貶めることで

「自分がより勝っている」「あなたは私より劣っているんだ」

と思い込もうとしてしまいます。

自信がない

このタイプの女性は自己評価の低い人が多く

心の中にいつも”どうせ私なんか”という自分を否定する気持ちがあります。

なので、人を認められず、自分の事も認められないのです。

人が褒められるのが許せない

人が評価される=自分が否定された

と感じてしまうので、人が褒められる事に納得がいきません。

それどころか傷ついてしまうことも。

一般的には、一方が褒められると一方が批判されていることにはならないのですが、ひがみっぽいタイプの人は他人への褒め言葉は自分を否定する言葉に聞こえてしまうのです。

逆に、誰かがけなされていたり、批判されていると自分の評価には全く関係がなくても優越感を感じるような捻くれた感情を抱く人が多いのです。

同僚の幸せが許せない

このひがむ気持ちというのは近しい人により強く表れます。

同僚というのは、同じフィールドで働き、職務も同じ場合が多く、周りからの比較もされやすいもの。

自分自身も色々な場面で比較してしまうが為に、ひがみの対象になりやすいのです。

例えば、職場の同僚に彼氏が出来たとか結婚するという話を聞いた時、急に妬ましくなり「負けた」という感覚が強くなります。

自分の人生が満たされていないと思っているので、他人に何かいい事があると、“自分より人生がうまくいっている”と思ってしまうのです。

なので粗探しのように欠点をみつけては悪口を言いふらしたり、貶めるような発言をして何とか自分の中でバランスを取ろうとします。

人のせいにする

ひがみっぽい人というのは何かにつけて人のせいにしてしまう傾向があります。

これは“自分は悪くない”という自分を守りたい気持ちからくるものです。

仕事のミスがあった時には、「〜に頼んだのにちゃんとやらなかったから」など、同僚や後輩のせいにしたり、「上司の教え方が悪い」「伝え方が悪いから」などとにかく自分の非を認めず他人の責任にしようとすることも。

計算高い

“元々優秀な人だと思われたい”

“損せずに自分だけが優位になりたい”

という気持ちが強いので、色々なことを計算しているのがこのタイプの女性です。

悪口を吹き込む相手、取り入る相手など、人によって態度を変えたり、時には弱気に甘えたり強気に出たりします。

あなたの知らないところで評判をおとすようなことを言ったりやったりするので、周りの人に急に身に覚えのないことを言われたりすることも。

ひがみを華麗にかわす対処法

ひがまれたり、悪口を言われたりするのはとても気分が悪いものですよね。

イジメに発展したり、周りからの評判も変わってしまうとなれば尚更です。

そこで、そんなひがみをかわすにはどうすればいいのか?どんな態度で接するのがいいのでしょうか。

受け流す

難しいことかもしれませんが、ひがまれてしまった時には”受け流す”ことが大切です。

悪口や嫌味を言われていることが分かっても、相手はただ単にあなたを羨ましく思っているだけの場合が多いのです。

相手が言っているから自分もやり返したい!と思って、
悪口や陰口を言っているとどんどんエスカレートしてしまいます。

あなたの評価が本当に下がってしまう可能性も。

見てくれている人は見てくれている!と思って受け流すことであなたの評価も守れるはずです。

スポンサーリンク


負けたふりをする

ひがみっぽい人はとにかくあなたに勝ちたいのです。

あなたより優れ、あなたより幸せな自分でいたいと思っています。

なので、あなたが負けたフリをして認めたフリをしてあげることによって、相手の”認められたい”という欲求を満たしてあげましょう。

ネタを与えない

関わり合いにならない、というのが手っ取り早いですが、職場の人となるとそうはいきませんよね。

なので、どうしてもひがみっぽい人との関係わ、断てないならとても効果的な対処法は秘密主義になること。

嫉妬心からあなたのことをひがんでいるので、ひがむネタ、相手が嫉妬するようなことを言わないことが重要です。

例えば、人から受けた評価、彼氏のことなどとにかくプライベートな話は秘密にしましょう。

どこから漏れるか分からないので、社内で仲のいい人にもできる限り教えない方が安心です。

仕事を頑張る

一生懸命仕事をすることで、周りからの評価は確実に上がります。

周りから認められることでひがみっぽい人もあちこちで悪口は言えなくなりますし、あなた自身もあまり気にならなくなるはず。

感情を出さない

ひがみ、悪口や嫌味を言ってくる相手はあなたの心を傷つけたくてやっているのです。

なので、あなたが傷ついたり、そのそぶりを見せるのは相手の思う壺。

できるだけ関わりを最小限に、何か言われても感情的な対応をしないようにしましょう。

同情する

ひがみというのは、要するに自信のな人が自分を守るためにとる行動です。

もしあなたがひがみに傷つき反論したり仕返ししたくなったら、

“この人は自分に自信がなく、人を羨み妬むだけのかわいそうな人なんだ”

とあなた自信に言い聞かせましょう。

そうすれば、仕返しは馬鹿馬鹿しいと気付き、相手の悪意を受け流すことが出来ますよね。

目立つ行動を控える

例えば普段しっかりメイクをしているなら、ナチュラルなメイクにかえてみる。

職場で普段色々な人に話しかけ、仲良くしているなら、少し落ち着くまで控えてみる。

このような感じで自分で目立ちやすい行動かも?と思うことを一度控えてみましょう。

ひがみっぽい人はどうしても目立つ行動をとる人に敵意を向けやすいので、職場では地味に控えめにしてみると落ち着くかもしれません。

自分自身を認める

ひがみや嫉妬の感情を向けられていると、次第にあなたの心まで荒んでしまうかもしれません。

それを防ぐために自分に自信を持つようにしましょう。

元々あなたが秀でたものを持っているからひがまれているので、あなたが自信を失う必要はありません。

自分の良いところを認め、自分の幸せを良く見つめ直しましょう。

最後は諦める

ひがみやすい人を改善させるのは中々難しいものです。

最後はあなた自身との戦いになってきます。

どこまで我慢できるか、どこまで無視できるか。

構えば構うほど悪化してしまうので、”職場だけの関係。言わせておこう。自分は悪くない。”と諦めてしまうことも大切です。

スポンサーリンク


by
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です