毎日をもっと"sweet"に♡

女性のツーブロックってどうなの?伸びてきた時のアレンジ方法も!

ツーブロックといえば爽やか系男子のポイントといってもいい髪型ですが、最近はツーブロック女子も増えてきているのをご存知でしょうか。

夏の暑さもあり、涼しげなツーブロックはかなりの人気。メンズスタイルと思われがちなツーブロックですが、女性らしいアレンジも多いです。

そこでツーブロックが女子に人気の理由、メリットやデメリット、アレンジ方法などをまとめてみました。

スポンサーリンク


ツーブロックとは?

ツーブロックとは髪型の名称で、基本的にサイドや後ろを耳の上あたりまでを刈り上げ、トップは長めにキープしてメリハリをつけた髪型のことです。

昔から男性の髪型として存在していましたが、最近は女性のツーブロックも普通に美容院でアレンジしてもらえるほど認知されてきました。

ボブやベリーショートとは違い、しっかりと2つのエリアに分かれているのが特徴です。

なかでもボブやロングの下が実は刈り上げてあるという「隠れツーブロック」という女性が意外と多く、刈り上げを見せたいときはアップや耳にかけて個性的に、そうでない時はおろして普通のロングに、と使い分けることができるんです。

髪をかき上げたら刈り上げがチラッとみえるセクシーさもいいですし、おろしておけば普段の職場などでは問題にならないというところも嬉しいですね。

また、サイドや襟足のボリュームを押さえたいという女性がツーブロックを選ぶこともあるそうで、髪を梳くよりもさっぱりすっきりとボリュームダウンできるんだそうです。

カッコイイ女性に多い!ツーブロックの芸能人

ツーブロックで有名な芸能人は多いです。木村カエラさん、山田優さん、幸田來未さんやIMARUさんなど、カッコよかったりセクシーな人が多いですね。大島優子さんもツーブロックにしていたこともあり、モデルさんや女優さん問わず人気の髪型です。

刈り上げが見えることで個性的になり、顔のラインも強調されてよりセクシーさが出ていますね。この刈り上げ部分にバリカンでアートを施したり、染色で個性を出したりする人もいます。

海外の女性芸能人やモデルさんでもやっている人がいる女性のツーブロックですが、やはりカッコイイ女性が多いのが特徴ですね。

小顔効果!?意外なツーブロックのメリットとは

ツーブロックでサイドを刈り上げると、顔回りがすっきりとして全体的に小顔に見えやすくなります。隠れツーブロックと呼ばれるようなロングの下だけを刈り上げている場合でも、毛量が減って顎回りや首の近くがすっきりして見えます。

もちろん刈り上げを見せていれば、顔のラインがそのまま出ますので小顔効果は抜群です。トップのボリュームとのギャップが一段とスッキリ見せてくれます。女性には嬉しい効果ですよね。

そしてシャンプーが格段に楽になるという声も多いです。シャンプー自体の使用量も減りますし、サイドはほぼ乾かす必要が無いのでドライヤーの時間も短くなります。

また、刈り上げを見せるだけでオシャレな仕上がりになるので、髪型のセットが楽だという声も多いです。軽く耳にかけたり、少し長い部分をまとめたりするだけでかっこよく見せられるのも嬉しいですね。

さらに夏に人気の理由が「涼しい!」というもの。刈り上げているので当然といえば当然なのですが、刈り上げたことがほとんどない女性にとって、その涼しさはやめられなくなる人もいるくらいです。

普通の髪型はアップにしても頭皮が出るわけではありませんが、ツーブロックなら地肌で風を感じられるほど涼しいのだそう。寝るときなど髪をまとめられない時も、ツーブロックだと涼しくて最高だという声もあります。

意外なデメリットも・・・

ツーブロックはオシャレでカッコいい髪型ではありますが、フォーマルな場所ではまだまだ理解されないこともある髪型でもあります。

ロングで隠せる隠れツーブロックとかはまだいいですが、がっつりと刈り込んでいるツーブロックはいざというときに伸ばすわけにもいかず、隠せないのが最大のデメリット。

仕事に髪型で支障が出るような人はやらないと思いますが、突然の冠婚葬祭などに出なければいけない時など、周りの視線が気になってしまうシチュエーションもあることは心に置いておかなくてはいけませんね。

そういうときに備えて、こういうところでかわいいウィッグを一つ買っておくのも良いかもしれませんね♪
華やかウィッグならスウィートスター

スポンサーリンク


普段の髪型がツーブロックで一気にカッコよくなる!

刈り上げてしまうともうそのヘアスタイルのままどうしようもないんじゃ、とやったことのない方は感じるかもしれませんが、意外とツーブロックのアレンジ方法は多いです。

トップがショートの場合、前に流すか後ろに流すか、それともふんわりとさせるかというだけで大きく違います。ツーブロックでなければ、ただ後ろに流しただけでカッコイイということはなかなかありません。

片方の前髪を下げて反対側は後ろに流す基本の刈り上げを見せるスタイルもいいですし、ロングの隠れツーブロックの人は片側に一気に流す個性的なアシンメトリーツーブロックや、ポニーテールなどひとまとめにして刈り上げを見せるスタイルもかっこいいですね。

この少しアレンジしただけでかっこよく決まるというのが、ツーブロックの最大のメリットです。

女性のツーブロックはモテる?モテない?

女性の人気が上がってきているツーブロックですが、実際ツーブロックの女性というのはどう見られているんでしょうか?

結論から言うと、決して男性ウケがいいとは言えないのが現実のようです。やはり個性的、カッコイイ、クールという印象が強いようで、後れ毛やもみあげのふわふわ感はなくなりますからしょうがないのかもしれません。

ですが同じ女性からの支持は結構高く、カッコイイ、うらやましい、私もやりたいという声は意外と多いようです。特に夏は髪がうっとおしいと感じる女性は多いので、スッキリした刈り上げ部分が特にうらやましく見えるのかもしれませんね。

伸びてきたらどうしたらいい?

ツーブロックの特徴はサイドの刈り上げですが、この部分が伸びてきた時はどうしたらいいか気になりますよね。

まずは自分で刈り上げてしまう方法。バリカンがあればサイドは自分で手入れできるので、こまめに手入れすることが出来ます。バックは自分ではなかなか難しいと思うので、誰かにやってもらう必要があります。

前髪のカットなどと同じように、刈り上げだけなら安くやってくれるような美容院もあるので、ツーブロックをお願いした時にまずはその美容院で聞いておくのもいいと思います。

また、そんなにこまめに美容院に行けない、ツーブロックをやめたいから伸ばし始めたという人は、刈り上げのエリアを全体的に後ろに流すアレンジがオススメです。

伸びてきた刈り上げ部分をそのままにしていると野暮ったく見えてしまうので、上のブロックと流れを揃えてワックスやヘアクリームで後ろに持っていってみましょう。上のブロックを長めに残している人は、耳にかけずに顔回りに添わせて、ツンツンのモミアゲを隠してしまうのも手です。

ツーブロックをやめている途中の人は、ある程度刈り上げ部分が伸びてきたら上のブロックを短いところに揃えてもらい、ベリーショートにしてしまうとリセットできます。

伸びはじめ一か月くらいはツンツンしてしまい、ワックスやジェルで抑える必要がある人もいるそうです。

これは髪質や生え方によって違うそうなので、ツーブロックが伸びてきて髪型がどうにも落ち着かないと思ったら、整えてもらうついでに美容師さんに相談するといいと思います。

男性に比べて女性はトップを伸ばして隠すことが出来るので、なかなか勇気が出ない人はまず隠れツーブロックから始めてみるといいと思います。

個性的な大人カッコいいヘアスタイルのツーブロック。夏に向けて一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


by
「タマゴから、まずはその足を一歩踏み出そう。」をモットーに、前向きになれる記事を皆さんにお届けします。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です