毎日をもっと"sweet"に♡

女性の転職は20代がベスト?資格をとって収入アップも!

女性にとって転職は、結婚や妊娠と同じくらい重要なことです。
今回は、転職についてやベストな年齢、おすすめの資格をを調査しました。

スポンサーリンク


転職できる年齢って何歳まで?

女性の転職は年齢がポイントだと思うかもしれませんが、年齢の制限はありません。各年齢と仕事の関係性をみてみましょう。

年齢とキャリア期

<20代>

20代は仕事に対して自分のスキルや可能性を探している「探索期」です。

<30代>

30代は専門性を身につけ、確立させる「確立期」です。

<40代>

40代は長年培ってきたことが活かされる「安定期」です。

転職する目安

30代、40代の仕事を確立・安定させるためには、20代のうちに転職して、自分に合った職を探すのもひとつの考え方です。ということは、20代に転職するのがベストということでしょうか。

20代でも前半と後半で経験値が違ってきます。20代前半で転職するよりも、5年ほど経験を積んでいて、吸収力がある20代後半の方が、企業に採用されやすい傾向があります。なので、26・27・28歳くらいが転職をするひとつの目安となる時期だと考えられます。

転職先の分野によって転職時期が違う

先ほどは転職する年齢の目安をお伝えしましたが、ここでは転職したい職業に応じた時期をお伝えします。

未経験分野に転職したい場合

未経験の職種の場合は、社会人経験ができるだけ浅い「3~4年」が有利でしょう。

1つの会社に長くいるほど、そこの仕事方法が染み込んでしまうので、社会人として慣れてきたころが転職時期です。

また、基礎となるビジネスマナーとスキル九州すると考えられ、採用されやすいようです。

現職と同じ分野に転職したい場合

同業の職種の場合は「5~6年」が有利でしょう。

未経験分野より少し長い経験があると評価が得られる傾向があるようです。

3~4年で仕事の基礎知識を学び、残りの年数は応用的でレベルの高い内容に取り組み始めるので、経験を生かす転職は5~6年がベストでしょう。

転職先を探す際に知っておきたいこと

職を変えるというのは人生に大きく関わることです。そのため、慎重に考えて行動しなければなりません。

続いては、転職先を探す際のポイントをお伝えします。

自分の条件を理解する

まずは、自分の希望条件を理解しましょう。

<職種や目標を明確にする>

転職する上で基本なことですが、職種を変える変えない関係なく、転職先の職種は明確にしましょう。

職種を明確にすることで「目標」や「自分のアピールポイント」が決まります。まずは、転職先ではなく、転職する職種について考えてみて下さい。

<自分に会う雇用形態を確認する>

各企業によって雇用形態は違います。また、同じ企業でも雇用形態が違う場合があります。

・正社員

・契約社員

・派遣

・パート

・アルバイト

などの雇用形態があり、それによって働き方や働く時間が変わります。自分がどんな目的、働き方、時間を希望するのかきちんと決めておきましょう。

<希望する給与額を確認する>

給与額は職を探すのに欠かせない条件の一つです。希望の給与額を出すには、「月々の必要最低金額」を正確に計算する必要があります。

最低限の生活に必要な金額を確認してから、希望する給与額を決めましょう。

<希望する出勤日数や休日などを確認する>

ここで確認してほしいのは

・月の出勤日数

・1日の勤務時間

・始業、就業時間

・週の休日日数や曜日

以上の4点です。

自分の家庭状況や生活スタイルを見極めて、勤務体制の確認をして下さい。働ける最大時間の範囲と最低時間の範囲、希望休日条件を出しておきましょう。

<希望するエリアや通勤時間を確認する>

当たり前ですが、職場までの距離が遠いか近いかで通勤時間は変わります。通勤にどのくらいの時間をあてれるか、最大時間を決めておいた方が、通勤の負担が減少されます。
また、勤務地のエリアもチョイスしておくと通勤時間の計算が確実になります。

企業側を分析する

自分の希望条件がわかったら、企業を分析して転職先をみつけましょう。

<企業情報をチェックする>

その企業の仕事内容はもちろんですが、企業の歴史や規模などの情報収集をすると、より自分の希望する企業が見つかりやすくなります。

チェック項目をまとめてみました。

・企業の方針

・必要な資格、もしくは資格取得

・従業員の人数

・従業員の年齢層

・教育研修

以上の情報をチェックしておくと良いでしょう。

<「欠員募集」か「増員募集」かをチェックする>

転職情報誌やサイトに記載されている、募集目的をチェックしてみて下さい。

・欠員で募集の場合

欠員は辞めた人と同じレベルか、それ以上のレベルと即戦力が求められます。入社してすぐ実務を任されるかもしれません。

・増員で募集の場合

増員はお試し期間のある企業が多いです。未経験で入社しても研修やOJTの起案か設けられる可能性が高いです。

上記2つを意識して、企業の募集目的を確認してみて下さい。

スポンサーリンク


今からでも間に合う!役立つ資格

社会保険労務士

<社会保険労務士とは>

“社会保険労務士法(昭和43年法律第89号)に基づき、社会保険に関する法令の円滑な実施に寄与する業務を行う者。社労士と略称する。社会保険適用事業所は、労働者の雇用、退職に応じて社会保険の加入、拠出、給付などの手続、労務管理を行わなければならないが、中小企業は、このための専任職員を置いていないところが多い。社会保険労務士の業務は、これらの企業のための申請書などの作成や提出代行のほか、事務代理の社会保険諸法令に関する手続業務、1990年(平成2)以降新しい業務として注目されている労務管理、社会保険に関する相談・指導などである。資格は、おおむね短期大学卒業以上の学歴をもつ者が、厚生労働大臣が実施する社会保険労務士試験に合格し、かつ2年以上の実務経験を積むと得られる。社会保険労務士となるためには、社会保険労務士名簿に登録し、社会保険労務士連合会に入会しなければならない。その後は独立開業と、非開業の企業勤務に分かれる。”

<社会保険労務士のメリット>

社会保険や労働に関する法律と手続きは、手間がかかる上に複雑なので、多くの会社で高く評価されています。

また、開業する場合はネットワークがあるので、フットワークが軽くなります。

登録販売者

<登録販売者とは>

“薬事法(現、医薬品医療機器等法)改正に伴う医薬品販売の規制緩和により新設された、薬剤師以外の者が一部の医薬品を販売できる公的資格、また、その資格取得者。2009年(平成21)から始まったもので、都道府県単位で行われる試験に合格すれば、薬事法に定める一般用医薬品のうち、第二類医薬品(指定第二類含む)と第三類医薬品に限り販売することができる。一般用医薬品は医師の処方箋(せん)や指示書の必要な医療用医薬品(第一類)に比べて薬理作用の弱い、市中の薬局でだれでも購入できる大衆薬である。また、第二類と第三類医薬品は第一類医薬品に比べて副作用など安全性上のリスクが少ない。この資格制度が始まった当初は、受験資格として薬剤師のもとで月80時間以上、1年間の医薬品販売の実務経験が必要とされたが、その後、学歴や年齢、実務経験は不問となった。試験に合格後、販売に従事する店舗がある都道府県に「販売従事登録証」を申請して発行を受ければ、医薬品販売業務につくことができる。また、実務経験のある登録販売者は、管理業務につくことや医薬品販売店の開業もできる。実務経験のない登録販売者が店舗管理者等になるには、規制緩和に伴うリスク管理の観点から、薬剤師や登録販売者の指導のもとで2年以上の実務経験が必要とされる。”

<登録販売者のメリット>

活躍できる職場がたくさんあり、全国どこででも通用する資格なので、就職にとても有利です。

また、学歴や年齢などに関わらず、どんな方でも挑戦できる資格です。

最後に

いかがでしたでしょうか。

一度は転職を考えたり、実際に転職をしたことがある方は少なくはないと思います。

自分の将来を決定づけることなので、目的や自分自身の内面をきちんと理解しましょう。

スポンサーリンク


by
都内在住の25歳で、普段は丸の内OLやってます♡ 誰かの役に立てるような、誰かが思わず嬉しくなっちゃうような記事をお届けいたします♪
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です