毎日をもっと"sweet"に♡

ケチすぎ年上彼氏の特徴!別れたい時に試してほしい伝え方

恋は盲目といいますよね。

彼にちょっとした欠点があっても中々気付きにくいし、些細なことなら我慢できてしまうものです。

しかし女性が別れたくなってしまう原因でも、意外と多いもの…それは…

彼氏が”ケチ”だった!

別に金銭目当てじゃなくても、あまりにもケチだと何だかがっかりしてしまいますよね。

でもこんな理由で別れてもいいのかモヤモヤ。

そんな中でも自分より余裕があり大人の魅力を感じていた年上彼氏が実はドケチだった場合をテーマに、ケチ彼氏の特徴や別れる時の伝え方について調査しました。

スポンサーリンク


ドケチな年上彼氏の特徴って?

無自覚

ケチな人に多い共通点として、本人には”自分はケチである”という自覚がない場合が多いのです。

それは、当たり前の感覚だったり、節約の範囲だと思っていたり、本人なりの違う理由があったりと様々ですが、別に”ケチってる”というつもりがなかったりします。

お金を払ってもらおうとするor割り勘

デートには何かしらお金がかかるものですよね。

彼氏が全額支払うカップルもいれば、2人で取り決めをして負担し合っているカップルもいると思います。

年上の彼氏には全額でなくても、ある程度負担してほしいと思っている女性も多いですよね。

しかしケチな人は年上とか年下は関係なく、

”いかにお金をかけないか”を最優先にします。

”彼女の前でいい所を見せたい!”という気持ちはあまりないので、キッチリ1円単位まで計算して割り勘、もしくは更にドケチな人になると彼女にデート代を払ってもらう、なんて人も。

ちょっと小銭を借りようものなら、例え数十円であっても、「さっきの◯円ちゃんと返してね」と念を押します。

食事は安いお店

デートに食事はつきもの。

年上の彼氏にはおしゃれなお店や雰囲気の良いお店でエスコートしてもらって、ゆっくり美味しいお料理を食べたいものですよね。

しかし、ケチな人はそんなことは全く気にしません。

基本的に高いお店には行きたがらず、ファミレスやファストフード店など、出来る限り安くすませられるお店に行きたがります。

クーポン券を使う

デートでクーポン券や割引券を使う男性はケチな男性に多いそうです。

店選びをする時にはクーポン券ありきで、割引のきかない店には行きたがりません。

さらに、割り勘の時にはクーポンが適応されなかった人の分はキッチリと多く請求する、なんてことも。

もちろんクーポン券を使うのが悪いわけではありませんが、デートで使われるとなんとなく”みみっちいな”と感じてしまいますよね。

恩着せがましい

ケチな人は自分がお金を出してご馳走した時のことや缶ジュースを奢った時など、どんなに些細なことであっても、

「この間〜してあげたよね」

と、”〜してあげた”という言い回しをする人が多いのも特徴です。

こちらが、”え?それぐらいで…”と思ってしまうようなこともケチな人には立派な自慢ポイント。

してくれたことに感謝はしていてもあまりにも恩着せがましいのはNGですよね。

ガソリン代や駐車料金を請求

ドライブデートやデート場所までの移動に車に行くこともありますよね。

彼が迎えに来てくれて、運転してくれて…

さすが年上の彼氏は優しいなあ。なんて考えていたら、

「ガソリン代とかかった駐車料金はあとでまとめて計算するから」

と、ケチ彼氏との間にはこんな会話が起こることも。

年上の彼氏に駐車料金や女性には分かりにくいガソリン代まで計算されると、がっかりも倍増ですよね。

楽しいデートも台無しになってしまいます。

貯金が趣味

ケチな人に”趣味は貯金”という人は多いと思います。

もちろんケチでなくても貯金はしますし、大切な事なので貯金できる男性は素敵ですが、必死にケチってまで貯め込もうとする姿は女性は引いてしまいうものですよね。

将来に対するビジョンはない

こんなに貯金しているんだから、将来欲しいものや、やりたい事があるのかな?

年上だから、結婚のことを考えていたり?と思いますが、ケチな人ほど”貯めるのが好き”なだけだったりします。

目に見えてお金が増える事に安心感を覚える人や、無くなってしまう事に不安を感じて貯め込む人がいますが、いずれにしても、”使う”という目的で貯めていないようです。

スポンサーリンク


別れたい時に試す伝え方

ケチなこと以外にはこれといって不満はないけれど、随所に出てくる彼のケチケチ行動。

もう我慢できない!彼氏にわかってほしい!

でもなんて伝えたらいいか分かりませんよね。

とにかくハッキリ伝える

男性は女性が考えるよりも鈍感です。

女性がイライラした態度を取っていても、理由まで的確に理解できる人はそうそういませんね。

特に”ケチ”というのは習慣化された場合がほとんど。

彼の育ってきた家庭が過度な節約志向だったのかもしれませんし、そうすると彼自身は単なる節約だと思っているかもしれません。

「節約するのはいい事だけど、自分のお金を使いたくなくて出し惜しみしたら、人に頼るのは単なるケチ」

「デート代や食事を割り勘にするのはいいけど、プレゼントとか特別な日のデートを安く済ませようとするのは嫌だ」

など、あなだが妥協できるところと嫌なところをポイントを押さえて伝えると彼も理解しやすいはずです。

プライドを逆手にとる

年上彼氏のプライドを逆手にとって伝えるのも効果的です。

例えば、

「あまりに度を超えた節約はケチに見えるし、男性として器が小さく見えてしまうから控えたほうがいいよ」

「会社では後輩とご飯に行く時には割り勘はちょっと格好悪いと思う。タクシー代くらいまで出す気前の良さを見せた方が人間的にとても大きくみえるよ」

「堅実さを素敵だと思ったけど、堅実とケチは違う。私は必要なことにきちんとお金をかけて、本当に無駄なものだけ省けるのが大人のお金の使い方だと思う。」

など、男性としての部分を強調して、ケチすぎるのがみっともない事、そして彼自身「ケチすぎる」ことを伝えていきましょう。

また主語を「私は」にして、あくまでも自分の考えであることを伝えると、批判にならずに反感も買いにくいです。

金銭感覚のズレを伝える

お金の問題というのは付き合う段階でも結婚後も一生関わってきます。

結婚後に金銭感覚の違いからトラブルになってしまうこともあるので、大体同じくらいの感覚をもっている方がいいですよね。

まず彼にあなたの金銭感覚を伝えてみるのも良いでしょう。

レシートなどを見せて普段のあなたの生活スタイルを分かってもらうのもいいですね。

「私は普段はこんな買い物をして、友達と食事に行くのはこんな場所。」

「割り勘のこともあるし、友人が奢ってくれたり私が奢ったりもする。私は自分や人のためにお金を使うは嫌じゃない」

など、”あなたと私の金銭感覚はこんなにズレてる”ということを説明するのも理解しやすいかもしれません。

幸せになれないと言う

金銭感覚が違い妥協点も無いままだと、どちらかが必ず我慢することになりますよね。

「今まで我慢してきたけど、一緒にいても幸せになれない。ケチな部分が気になってストレスになるし、デートも楽しめない」

「将来的にもあなたと幸せになれる気がしない」

付き合う上で、相手が幸せなのかどうかは大切なポイント。

それが叶えられないと知れば、素直に別れを選ぶか、改善に向かってくれるかもしれません。

金銭感覚の違いがあっても、とことん話し合い、ルールを決めるなどして、付き合っているカップルもいます。

余裕があるはずの年上彼氏がケチだった場合にも、遠慮したりせず、ハッキリと伝えることが大切です。

スポンサーリンク


by
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です