美容

アイプチのやり方!テープを使って奥二重の初心者がうまくやる方法!

アイプチを使って、奥二重をぱっちり二重にしてしまう方法をご紹介します。

アイプチって学生時代にどこからともなく、救世主的に表れるアイテムですよね。

中学・高校時代に「あの子、実はアイプチなんだって~」なんていう会話した覚えありませんか??

でも、アイプチって意外に難しい・・・。皮膚がノリに上手くつかず、目が三角形になったり、ノリの接着があまくて奥二重に戻ってしまったり。上手に理想の二重を作ることってなかなかできないんです。
特に奥二重になると、難易度が高い・・・。きょうは奥二重の人でもぱっちり二重になれる方法をご紹介します★

スポンサーリンク


そもそも奥二重って??

まぶたには、一重、二重そして奥二重があります。

二重はまぶたを引き上げる筋肉である上眼瞼挙筋が、まぶたの皮膚を内側に織り込まれることによってできます。一重の人は、皮下脂肪が多いなどの理由から、皮膚がまぶたに織り込まれないのです。

奥二重は二重の種類の1つですが、二重なのにもかかわらず一重に見えてしまう残念二重。目尻を見ると二重のラインが確認できますが、ぱっと見は二重のラインがない一重に見えます。反対に二重でも平行型の二重は、二重のラインが一定の幅で、目頭から目尻にかけてラインがあります。いわゆる二重と言われてイメージするのは、平行型の二重です。

でも、日本人の50%が一重、奥二重ということ!多くのみなさんは、まぶたに悩まされるんですね。

奥二重あるある・・・

奥二重の悩みってなんといっても、二重なのに一重に見えちゃうこと・・・。性格がきつそうと言われたりしたことないですか??

一番困るのが、アイメイク・・・。雑誌のメイク特集でも、二重さん、一重さんのアイメイク方法は紹介されていても、奥二重さんのメイクって紹介されていることあまりないですよね??二重のメイクをしてもなんか、違う・・・。アイシャドウも二重の幅がせますぎてうまくぬれないし、アイラインを引いても見えなくなちゃう。だからといって、太いアイラインを引くとにじむし、目を閉じたときの顔が恐ろしい・・・。

一体どうしたらいいのーーー?

アイプチのススメ

奥二重の悩みを解決してくれる救世主が「アイプチ」です♪今では簡単にプチ整形なんかで二重を手に入れることもできるようですが、整形するほどでもないけど出掛けるときくらいはきれいな二重でアイメイクを決めたい・・・。そんな、女子達の味方がアイプチです。

けど、アイプチをしても上手にきれいな二重がなかなか作れない、なんて経験ありませんか??上手にアイプチできないし、といって諦めてしまってはもったいない!

きちんと、正しい方法を身に付ければ、奥二重のアナタも今日からぱっちりお目々の二重に大変身です♪

スポンサーリンク


キレイな二重を作る方法

~ライン編~

アイプチできれいな二重を作る方法をご紹介します♪下準備としてアイプチの接着力を最大限発揮するために、まぶたの汚れをしっかりおとしておきましょう。

まずは、二重のラインを決めます!二重を押し込むプッシャーでラインを取るのですが、奥二重の場合このライン取りが超重要。思いっきり二重の幅を取ってしまうと、皮膚とノリの接着がまぶたのひっぱりに耐えきれず、すぐにノリがはがれてしまいます。そこで、ラインを引くときは5~7ミリのラインを目安にしましょう!

5~7ミリとはだいたい眼球うえのラインのこと。いわゆる、アイホールの一番上です。アイホールをラインにするのが、きれいな二重を作るコツなんです。

~ノリ編~

二重のラインを決めたら、次はノリで接着をしていきます。アイプチの最重要ポイントともいっていいノリ。ノリさえ上手くぬることができれば、あとはこっちのものです。

ノリは、先ほど決めた二重のラインに半月型にぬりましょう。このとき気を付けたいのが、ムラなくぬること。そして、目尻までノリをぬらないようにしましょう。目尻がくっついてしまうと、不自然に皮膚がくっついてしまうためです。

ノリを付けたら、決めたラインにそってプッシャーをあててその状態で白いノリが半透明に乾燥するまでキープしましょう。その際に、ポイントとなるのが、上目づかいで待つこと。そうすることで、まぶたの皮膚がよりノリにくっつきやすくなります。そして、乾いたらプッシャーを取り外して、目尻や目頭の二重を整えて完成です★

アイプチのメイク

アイプチできれいな二重を手に入れた!さらに、アイプチを活かすためにメイクの順番も重要となってきます♪アイプチをしたら、さてメイクと思っている方はちょっと待った!!実は、アイシャドウ→アイプチの順番でメイクを先に仕上げてしまうべきなのです。

これを踏まえて、アイプチを使用する際におすすめのメイクの順番は、アイシャドウ→ビューラー→ジェルライナー→アイプチ→リキッドライナー→マスカラとなります。そうすることで、アイプチで作った二重のラインにアイシャドウが入り込むのを防げます。

アイシャドウを塗ると、ノリの効果が落ちてしまうのでは??と心配になりますが、クリームのアイシャドウを付けるとノリでよれる心配もなくなります。アイメイクの前に予め、二重のラインを決めておいてその周辺はなるだけアイシャドウをぬらないようにきをつけることで、より一層きれいなアイプチアイメイクを仕上げることができるようです♪

スポンサーリンク


ABOUT ME
naoko
都内在住の25歳で、普段は丸の内OLやってます♡ 誰かの役に立てるような、誰かが思わず嬉しくなっちゃうような記事をお届けいたします♪