毎日をもっと"sweet"に♡

二重まぶたになる方法!手軽に二重になるにはあの方法が…

一重まぶたや奥二重の方は、一度はぱっちり二重に憧れるのではないでしょうか。

顔のパーツの中で、目は一番印象的と言っても過言ではないかもしれません。例えば、カラコンを入れるだけで目の印象がぐっと変わりますよね。やはり、まぶたが違えばその分印象が変わります。

最近ではスキージャンプの高梨沙羅さんのアイメイクが、幼い時と全く印象が違うと話題になりましたよね。

二重まぶたになる方法で、少し最初に私の実体験を述べたいと思います。

私は中学生くらいまで、片目が一重でした。

眼鏡をかけていて、目がどんどん小さくなる気がして、授業中はノートを書くときだけ目を思いっきり見開いてノートを書いていました(笑)

それから高校に入学する際、コンタクトレンズに変えると、なんと次第に目が二重になりました。今ではばっちり二重です(笑)

思春期に目を見開けていたのが理由かはわかりませんが、そんなこともあるのですね。また、加齢により瞼が下がり、二重になるという話も聞いたことがあります。

私の場合はそういったことが重なって二重になったのでしょう。また、中学卒業してから高1の夏までで、9キロも痩せたことも関係しているかもしれません。

太った人より、痩せた人の目の方が、なんとなくスッキリしているような気がします。

このような実体験があるため、芸能人の昔の写真を見て、整形している!って言われているのを見ると、いや、整形しなくても成長で顔が変わることはあるよとフォローしてあげたくなります(笑)

さて、私の実体験はこのくらいにしておき、今からは手軽に二重になれる方法はないのかチェックしてみましょう。

スポンサーリンク


整形は怖い。どんな方法がある?

もちろん、プチ整形をすれば二重は手に入るのですが、なんだか不自然だったり、何にせよ、顔をいじるのって怖いですよね。

先ほど、実体験で痩せたのも目が二重になった要因かもしれないと述べましたが、あながち嘘ではなさそうです。

一重まぶたの人と、二重まぶたの人の違いは、まぶたの脂肪量なのだそう。

そうです。一重まぶたの人の方が、二重まぶたの人より脂肪が多いのです。この脂肪が、二重にならない要因だそうです。脂肪が邪魔をするのですね。

これを理解して、まぶたの脂肪を減らし、また、二重のラインの線をつけることが重要です。

この情報を見ると、私が中学生のとき授業中目を見開いていたのは、もしかしたら、まぶたの脂肪を減らしていたのかもしれませんね!

自力で二重になれるかも!

整形なしで、まぶたを変えるなんて、まさに目からうろこですね。

それでは具体的にどのようにすれば良いでしょうか。

二重まぶたの作り方でトライしやすい、二重の線を癖づける方法とマッサージの方法をチェックしてみましょう。

はい、そうです。手軽に二重まぶたにすると聞いてすぐ思い浮かぶのが、「アイプチ」や、二重テープですね。これらをうまく使うと効果が期待できそうです。

実は私も、高校生の頃はアイプチをしたことがあります。二重でも、やはり片方の目だけは、元が一重だからか、目が腫れたり、一重っぽくなってしまうことがあるのです。

そういう時はアイプチを使って解決します!もちろん、結膜炎などで目が腫れているのであれば、アイプチやテープは解決策にならず、むしろ悪化させてしまうかもしれないので控えましょうね。

どこでも手に入るアイプチに、二重テープ。口コミなどをチェックして、一番効果がありそうなものを購入して使用してみましょう。

まずは、毎日使うこと。できれば寝るときは外した方がいいと思いますが、寝る時にもクセづけをした人もいるそうです。

目のことなので、そこは自己責任で!

私のような二重予備軍(笑)の一重の場合、もしかしたらそこまで期間をかけずに二重まぶたを手に入れることが出来るかもしれないですね。

ただ、これは個人差があるので、根気強く続けていくことが重要です。

逆に悪化してしまうかも。注意すること

手軽なアイプチや二重テープですが、先述したように、結膜炎や敏感肌の場合、まぶたは触らない方が良いです。

そもそも、まぶたはとても薄く、デリケートな部位です。化粧水でかぶれてしまう人もいるので、アイプチや二重テープをする場合は、必ず注意して使用しましょう。

異常があらわれた場合はすぐに使用をやめ、病院に相談しましょう。

二重になるマッサージ

二重のラインの癖づけの次は、二重より脂肪の多いまぶたのマッサージ方法をチェックしてみましょう。

瞼のマッサージなんてしたことがない人がほとんどだと思いますが、まぶたも脚などと同じで、むくんだりするようです。

そういえば、なんとなくまぶたが重い・・・なんて時、ありますよね。もしかしたらまぶたがむくんでいるのかも。

マッサージですが、乾燥した肌をこするとシワになったり、まぶたを傷つけてしまうことがあるので、少しアイクリームなどを塗ってから行うと良いでしょう。

まず、目頭→まぶた→目尻→目の下側→目頭という順番で、指の腹の部分をクルクル優しく滑らせます。

3回転して、目頭に戻ってきたら、次は目頭から目の下側を通って、こめかみの方まで指の腹を滑らせます。

この手順を5~10セット行いましょう。アイクリームが目に入らないように注意してくださいね。

また、タッチは優しく!これは必ず守ってください。

次のマッサージは、まぶたの脂肪燃焼を促すマッサージです。

まず、目尻の横を強めに押して血行を良くします。5~10回ほど押しましょう。

そのあと、眉は動かさないようにして、目を出来るだけ早くパチパチ瞬きします。100回くらいパチパチしましょう。

デスクワークの小休憩の時にも良さそうですね。

次のマッサージは、二重の線をクセづけるマッサージです。

まず、まぶたの目頭側を指で引き上げます。そして目を思いっきり見開いてまぶたの二重ラインを出します。そのまま数分キープしてください。(まばたきはもちろんしてOKですよ。)

どのマッサージも、まぶたがすっきりすることを実感できると思います。結構の良くなっている入浴中や、お風呂上りに行うと、より効果的かもしれません。

大事なのは続けることですので、毎日根気よく続けてみましょう。

まぶたの脂肪を落とすなんて、考えたこともなかったですが、私を含め、自力で二重になった人は自然に、まぶたのエクササイズを行っていたのかもしれません。

暇なときにずっとヘアピンを使って二重のクセづけをしていて二重になった方や、意識的に毎日パチパチまばたきエクササイズをして二重になった方もいるそうです。(その方のまばたきの数、意識して500回とのこと!)

スポンサーリンク


日々のメイクで改善しても

アイプチを毎日するのであれば、もう毎朝のメイクにその工程を取り入れてしまって、二重の自分を演出してしまってもいいと思います。

それで毎日続けて本当に二重になれば、こっちのものですよね。

実際に、今はメイクのときに必ずアイプチする人も多いですし、抵抗することはないと思います。

自然にアイプチするにはある程度テクニックが必要ですので、愛用している人に聞いたり、上手なやり方を動画でチェックするなどして、練習するのもいいでしょう。

あきらめずに続けてみよう!

まぶたも体と同じで脂肪を減らせます。個人差はありますが、あきらめずに続けることで効果が出やすいはずですので、まずは騙されたと思って続けてみてはいかがでしょうか。

夢中になりすぎて、まぶたを傷つけないようにしてくださいね。

スポンサーリンク


SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です