お金

20代女子の節約術!一人暮らしなら年間◯◯円貯めないとヤバい?

社会人になり、歳を重ねれば重ねる程
何かと物入りになったり、出費がかさんでいくもの。

”色々な事に対して責任を持てるのが大人!”と言いますが、
立派な大人とは、”自分で自分のお金の責任を持てる”
という部分も含まれているのではないでしょうか。

職に就く事で扶養から外れ、国にお金を納めて義務を果たす。

より良く生きていく為に、働く。

社会人とは、大人とは大変なものです。

と言って、そんな硬い記事ではなく(笑)

社会人として独り立ちをしてから直面するマネー事情。

誰しもが、大なり小なり抱えているのではないでしょうか?!

リアルなお金の話ができる人はあまりいない・・

という人は少なくありませんよね。

そこで今回は、20代の一人暮らし女子のマネー事情を調査してみました!

スポンサーリンク


20代一人暮らし女子のマネー事情

職種や職歴にもよりますが、雇用されていて

20代の内に大金を稼いでいる人は一握りではないでしょうか?

20代女性の平均年収は324万円!

毎月の手取りは20数万といったところでしょう。

また、20歳と29歳では仕事内容や役職も異なってくることから

20台前半と後半では年収に大きく差が出ています。

一人暮らしだと、月20万前後の収入から

家賃・光熱費・食費・お小遣いを支出して

浮いたお金を貯金するのは結構キツイですよね・・。

あなたはお給料を上手く貯金に回せていますか??

20代一人暮らし女子の貯金額は〇万円!!

そこで気になるのが20代一人暮らしの女性の貯金額。

毎月4〜6万円を貯蓄に回している人が一番多いよう。

その一方では月1.2万円という方も!

20代前半と後半とでは開きがあるようですね。

その合計貯金額は50万〜100万が平均となっているようです。

多い人だと300万以上も貯金しているのだとか!

とても堅実ですね(・・;)

貯金する為に、こうやって節約している!

いざ貯金を頑張ろう!と思った時に、

収入を増やすのも一つの手段ですが

一朝一夕の事ではありませんよね。

貯金を頑張っている人達は、支出を減らす努力をしているケースが多いようです。

まずは収支を把握する事!

毎月のお給料は固定されている場合がほとんどな為、

収入はどれくらいか分かっていても、

お金が何に消えているか分からない!

と、支出を把握していない方も多いようです。

貯金をするにあたって、支出を把握するのは重要!

交際費などは多少増減しますが、家賃などの生活必要経費は固定されているはずです。

また、交際費やお小遣いは青天井ではなく

限度額を決めるのがベター。

支出の全てに対して、○円以内と上限を設ける事で

貯金も上手くいくでしょう!

毎月の貯金額を決めよう!

中には毎月の貯金額を予め決めておいて、

・お給料が入ったらすぐに貯金口座に入れる、

・定期預金で天引きする

というケースも。

生活必要経費・貯金を引いた上で余ったお金をお小遣いにするのが

一番貯金が溜まりやすい方法でしょう!

食費はできるだけ節約する!

一人暮らしをする上で、支出の一番のウェイトが生活費。

削減しようがない固定費はしょうがないとして、

じゃあどこで削るかというとやはり食費。

堅実な人は、日頃から自炊を心掛けているようです。

忙しく働いていると、自炊生活は大変でしょうが

簡単な時短レシピや作り置きなどを上手く活用して

出来るだけ外食は控えたいですね!

外食or自炊何とその差○万円!

自炊と言っても、今はコンビニや安いお弁当が数百円で購入できるし

あまり食費は変わらないんじゃないの??

と思いがちですが、そんな事はありません。

一人暮らしの自炊だと、安い食材を上手く活用すれば

月2万ほどで食費が賄えます。

それに対して外食。

500円弁当で一日3食賄うとして、月に4万5千円!

一日2食でも、月に3万円になります。

また毎日、毎食同じものは食べれないでしょうし

外食しているとつい、あそこのお店に・・と欲も出てきます。

よって大体はオーバーする為、5万円程かかると思っていた方が良いと言えます。

飲みに行ったりしているとそれ以上ですね・・。

もちろん、自炊をしていても飲みにいく事はあるでしょうが

差は2・3万円程あくと想定できます!

このお金を貯金に回したいですよね!

スポンサーリンク


思い切って引っ越しをする!

大きなウェイトを占める生活費の中でも、

家賃はどうしようも無い出費ですが、正直かなり痛手ですよね。

毎日帰る場所だから、譲れない部分もあるかと思いますが

お給料に対して適当な家に住む事はとても重要です。

首都圏で20代の平均家賃は、約7万円、

支出に占める家賃は収入の約30%が平均との事!

しかしあくまで、節約を加味した家賃平均では無い為、

こちらは節約をする上での適正な家賃とは限りません。

ですが、この平均値を上回っている家賃だと

貯蓄をする上で適正な家とは言えないでしょう!

よく適正家賃は所得の3分の1などと聞きますが、

これは正直適正とは言えないでしょう。

手取り20万円として6万6千円。

平均と言われている30%で考えても6万円。

貯金をしたいのであれば、適正とは言えないかと思いますが

高くて30%が上限と思っておいた方が良さそうですね・・。

家賃は一人暮らしを続けていく以上、必ず毎月支払う固定費です。

引っ越し費用で纏まったお金を作らなくてはいけないですが、

思い切って家賃の安い家に引っ越すのは賢い方法だと言えます!

収入に対して○%程の家賃で物件が見つかれば◎!

家賃が高い人は、その理由を分析してみましょう!

家賃が高いという事は、それなりに条件が良いという事ですよね。

でも本当に譲れないポイントはいくつもありますか??

家賃が高くなる傾向は数あれど、やっぱりアクセスの良い物件がほどんど。

女性の一人暮らしでセキュリティは一番大切な為、

妥協はしない方が良いにしろ、アクセスや築年数などは

貯蓄を考えると少し我慢できるかもしれません。

利便性など、多少条件を妥協して探してみると、

手頃で意外に良い物件に巡り会えるかもしれませんよ。

収入の25%程の家賃で物件が見つかれば吉!

転職や場合によっては副業も・・?!

節約をしているのに、給料水準が低く

生活や貯金が苦しい人も少なくは無いハズです。

節約や貯金にも限度がありますよね。

支出を削減する努力だけでなく、収入を増やす事も大切。

夢や目標があって頑張りたい方は別として、

転職を考えてみるのも一つの方法です。

求人情報をさらって見てみて、同じ職種でも

会社によって給料には大きな差がある場合もあります!

また、中々手が出しづらいと思っている人も多いようですが、

副業をしている若者は少なくありません!

何と一説では5人に一人が副業をしているというデータも!

よって、比較的簡単に副業が見つかる事もしばしば。

もちろん、会社によって規定はありますが

所得の手続きを個人でして、会社に申請すれば

副業も許可してくれる可能性があります。

しかし、副業でも職種が被っている場合は

会社的にリスクになる場合もある為、

副業を考える場合は本職と被らないようにするのがベター。

一度上司に相談してみたり、就業規則を確認してみると良いでしょう!

〜あとがき〜

20代一人暮らし女子のマネー実態をご紹介してみましたが

ご自身と比較してみていかがでしたか?

若いうちは欲しいものややりたい事もたくさんあり、

ついつい貯金がおろそかになりがちになる事もありますよね・・!

しかし、貯金ができていないと、歳を重ねて周りとのギャップに焦ったり

思わぬ出費で困ってしまう事も考えられます・・。

貯金をするのであれば、早くからコツコツと。

またいつまでに〇〇万円!と目標を立てて

毎月の給料から逆算して貯金していくと良いでしょう!

スポンサーリンク


ABOUT ME
chi
美容や健康について自身の体験を交えながら、女性の役立にたつような記事を書いています_φ(. . )