美容

ニキビ跡の治し方!赤みやクレーターはどうすればいい?

ニキビができてしまうだけでも憂鬱なのに、それが赤みやクレーターとなって残ってしまったらかなりショックですよね。

メイクをするにも、コンシーラーやファンデーションでカバーしなければならず余計に手間がかかります。

また、ひどいクレーターになっているとメイクでも隠せない場合もあります。

そんな困ったニキビ跡の赤み、クレーターはいったいどうやって治せばいいのでしょうか?

スポンサーリンク


ニキビはなぜできる?跡に残るニキビって?

ニキビの原因となる毛穴の詰まり

ニキビにはその経過や程度によって段階がありますよね。

そもそもニキビができてしまう根本的な原因は、食生活や睡眠不足、肌に合わないスキンケアなどさまざまです。

しかし、それらによって肌のターンオーバーが乱れてしまい、毛穴が詰まってニキビができるというのは共通しています。

なぜ肌のターンオーバーが乱れるとニキビができるのかというと、それは毛穴の構造とアクネ菌によるものです。

毛穴の中も肌の一部としてターンオーバーをおこなっています。

それが乱れてターンオーバーが過剰、または遅くなってしまうことによって、毛穴の内部には本来排出されるべき剥がれ落ちた古い細胞が溜まってしまいます。

本来であれば毛穴からはバラバラになった角質層がスムーズに出ていきますが、ターンオーバーが乱れるとその排出が上手くいかずに毛穴の出口を塞いでしまいます。

そして毛穴は肌を保湿するために皮脂を分泌していますので、溜まってしまった角質の細胞に、分泌された皮脂が混ざってしまい、角栓という毛穴の栓になってしまいます。

これが毛穴の詰まりの正体です。

ニキビには種類、段階がある

毛穴が角栓で詰まってしまった状態のことを、俗に白ニキビと呼びます。

見た目にはあまり分かりませんが、触るとザラザラしていてニキビができていることが分かります。

しかし炎症もないため、痛みや違和感はありません。

この状態が続くと、角栓は次第に大きくなり毛穴から頭を出します。

その部分が空気に触れ、酸化すると黒くなります。これが白ニキビの次の段階である黒ニキビです。

黒ニキビまではただの毛穴の詰まりですので、角栓さえ取れてしまえばニキビは跡形もなく綺麗に治ります。

しかし、黒ニキビが改善されずに放置されると、やがてアクネ菌が増殖しだして炎症を起こします。

アクネ菌とは、肌や毛穴に存在する常在菌です。酸素を嫌う嫌気性という性質があるため、毛穴の中に多く存在します。

皮脂を食べてくれる性質があり、肌の状態を健康に保つためにある程度必要な菌です。

しかし、毛穴が角栓で塞がれてしまうと、毛穴の中は酸素が少なく、皮脂が溜まっているというアクネ菌にとって居心地の良い空間になります。

それにより、毛穴の内部にアクネ菌が爆発的に増殖します。

その結果、アクネ菌により毛穴の内部は炎症を起こし、患部は赤く腫れて痛みを伴います。

これが黒ニキビが進行した赤ニキビです。赤ニキビになると皮膚がやや隆起して赤く目立ち、進行するほど大きくなります。

そして、この赤ニキビの状態になってしまうと、毛穴の内部は免疫の作用によって組織が激しく損傷します。

通常、炎症が軽度であればニキビは皮膚の中の表皮と呼ばれる外側の部分のみで解決し、後に残ることはありません。

しかし赤ニキビとなって炎症が表皮の下の真皮まで及んでしまうと、後に残る可能性が高くなります。

真皮層には、表皮とは違い毛細血管が豊富に張り巡らされています。

ニキビによって真皮に炎症が及ぶと、破壊された組織の部分では血管が拡張、増殖します。

これが外から見ると赤く透けて見え、赤いニキビ跡と呼ばれるものになります。

赤ニキビが収束する際、皮膚内部の組織が免疫反応によって融解されて膿となったのが黄色ニキビです。

ここまでひどいニキビになってしまうと、真皮層にあるコラーゲンなどの繊維組織が萎縮する、瘢痕と呼ばれる状態になります。

この状態になると瘢痕部分が縮んでしまうため、表皮が引っ張られてへこんでしまいます。

この状態がニキビ跡のクレーターと呼ばれるものです。

ニキビがクレーターになってしまうかどうかは、炎症の度合いのほかに本人の体質、肌質などによっても変わってきます。

スポンサーリンク


ニキビ跡の赤みやクレーターは治せるの?

自力で治すのはほぼ不可能

赤くなってしまったニキビ跡やクレーターは、自力で治すことは残念ながらほぼ不可能です。

赤みに関しては数年の時間をかけて薄くなってくることはありますが、綺麗に治ることは期待しない方が良さそうです。

ここまでニキビが進行してしまったら、専門の医療機関に受診して医者と相談、治療してもらうのが良いでしょう。

赤いニキビ跡を治す治療とは

専門の医療機関では、自宅でできないようなニキビのアフターケアを行ってくれます。

また、内服薬の処方など内側からもニキビを治療する方法があります。

ニキビにお悩みの方はたいていたくさんのニキビができてしまう状態であることが多いので、まずは新しいニキビができないようにすることも大切です。

赤いニキビ跡には、肌の余分な角質を取り除いてターンオーバーを正常に機能させるためのケミカルピーリングや、肌に必要な成分を浸透させるためのイオン導入、光照射によって毛細血管を抑制するレーザー治療などがあるようです。

クレーターのニキビ跡を治す治療とは

クレーターまで進行してしまったニキビ跡は、専門の医療機関でも完全に元に戻らないこともあるようです。

しかし、やはり放置しておくよりは断然綺麗になりますので、受診することは大切です。

クレーターのニキビ跡には、肌深層のコラーゲン生成を促すレーザー治療が効果的なようです。

瘢痕化した部分のコラーゲンを修復することで、肌を元の綺麗な状態に近付けます。

自宅でできる、ニキビ跡を悪化させない方法とは

自宅では治せないと言っても、何もしないでニキビ跡を悪化させてしまうわけにはいきませんよね。

ニキビ跡は時間の経過によってある程度自然に薄くなることはありますが、逆に紫外線の影響などでシミになるなど悪化することもあります。

自宅では日焼け止めをこまめに塗直すなどして、紫外線対策を万全に行いましょう。

また、ニキビはメラニン色素を増殖させるため、ニキビのできた部分はシミになりやすくなっています。

ビタミンC導入の基礎化粧品を使用したり、食生活の改善、サプリメントなどで積極的にビタミンを補給するようにしてください。

ほとんどのビタミンは水溶性であり、体に蓄えておくことができません。

そのため、意識してこまめに摂取することが必要です。

病院で処方されるビタミン剤の一つにシナールという薬がありますが、こちらはドラッグストアでも手に入れることができます。

肌荒れが改善したとの口コミも多く、オススメの薬です。

肌を回復させるためには休息も大切です。ホルモンバランスを整え肌の健康を保つためにも、日付が変わる前には就寝しているよう心がけてください。

やはり外部からのはたらきかけは医療機関や化粧品などを頼ることができますが、内面からのケアは自分次第となります。

ここにしっかり気を配れるかどうかで、同じように肌悩みを抱える方たちと一線を画すことができるのではないでしょうか?

さいごに

赤いニキビ跡、クレーターについてお伝えしました。

医療機関を受診することで、短期間で肌が綺麗になる治療法がたくさんあるようです。

しかし自分で治すのはなかなか困難ですので、まずはニキビができにくい生活習慣を心がけることが大切ですね。

スポンサーリンク


ABOUT ME
kotomi
看護師経験を活かして、美容や健康に関する記事をメインにお伝えしていきます♪