毎日をもっと"sweet"に♡

唇の乾燥原因は?夏なのに唇カサカサで困っている人へ

ぷるぷるに潤った唇は、それだけで女性らしくてとても魅力的ですよね。

しかし、なかには乾燥する季節でもないのに唇が渇いてしまい、リップクリームがないと落ち着かないという方もいるのではないでしょうか?

また、唇が乾燥してしまうと不健康に見えるばかりでなく、リップメイクもうまく乗らず、余計にかさついてしまう原因となりかねません。

唇の乾燥しやすさはなにが原因なのでしょうか?原因と対策をお伝えしますので、ぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク


唇が乾燥してしまう原因は?

唇はほかの皮膚と構造が違う

唇は、肌と口腔粘膜のちょうど境目の部分に位置します。そのため、皮膚よりも角質層が薄く、刺激に対してダメージを受けやすくなっています。

また、唇には皮膚に見られるような皮脂腺や汗腺などの分泌、排泄機能がありません。

皮膚のような皮脂分による被膜を形成することができないため、とても乾燥しやすいのです。

このような構造的な問題に加え、唇には乾燥しやすい環境因子が多数あります。

エアコンの風が直接当たったり、除湿設定のため室内の空気が乾燥していることで、夏場でも容易に唇の水分は奪われます。

また、口呼吸をしていたり唇を舐めるくせがあると、やはり乾燥しやすくなります。

意外と気づかれにくいのが、水分不足による唇の乾燥です。

仕事などでなかなか水分を摂取できない方など、身体全体の水分が不足することで唇も乾燥してしまいます。

唇の汚れや刺激による乾燥

唇は食べ物やリップメイクの洗い残しなど、汚れが付着した状態になると荒れやすくなります。

また、それらを落とすために唇をこする摩擦刺激によっても角質層がダメージを受けてしまいます。

このほかには、歯磨きによる刺激も唇に負担がかかり、乾燥を招く原因となります。

ビタミン不足や体調不良が原因の乾燥

内臓の不調やビタミン不足は吹き出物などの皮膚トラブルに繋がりやすいことは周知の事実です。

ことさら乾燥しやすく荒れやすい唇では、体調不良が容易に表れやすいです。

ひどくなると唇が乾燥するだけではなく、口角が切れたり炎症が起きたりする口角炎や口唇ヘルペスに繋がりかねません。

唇の細胞も正常なターンオーバーによって守られていますので、細胞の素となるタンパク質、ビタミン、ミネラルが必要となります。

唇の乾燥を改善するには?

唇の乾燥を改善するには、上記の原因を取り除いてあげることが大切です。

保湿を念入りに行う

まず、唇の乾燥しやすい構造はどうにかできるものではありません。皮脂の分泌されない唇には、油分を補って潤いをキープしてあげる必要があります。

お手軽な方法はリップクリームを常用することです。リップクリームにも種類があり、保湿を目的としたものや薬用のものを選択すると良いでしょう。

リップクリームの塗り方は、一般的には端から端へと横に塗る方が多いかと思います。

しかし、乾燥による縦じわが目立つ場合には、リップクリームも縦に塗るとしわの溝にまでしっかり塗ることができます。

成分は、保湿効果の高いシアバター入りのものを選んだり、荒れる原因となるアルコールやパラベン、鉱物油などがフリーとなったものがおすすめです。

また、リップクリームのテクスチャーは、一般的なスティックタイプよりもジェル状になったタイプの方がよりフィルム効果があり、乾燥しにくくなります。

長時間塗り直さなくてもしっかりと保湿してくれる上、グロス効果があるのでナチュラルなリップメイクとしても生かすことができます。

もしも通常のスティックタイプを使用するなら、かならず手のひらでリップクリームをあたためて柔らかくしてから使用するようにしてください。

とくに冬場など寒い環境では固まりやすくなります。硬いリップクリームを塗りつけると摩擦によってダメージを受けてしまうので注意が必要です。

また、リップクリームにも人それぞれ相性があり、なかには自分の唇には合わないものがあります。

荒れてしまったりかゆみが起きるようなものが肌に合っていないというのはもちろんですが、頻繁に塗り直さないと乾燥してしまうアイテムも相性は良くありません。

そのような場合は含まれている成分などが合わない場合があるので、別のリップクリームを試してみるのが良いでしょう。

リップパックを行う

普段のケア以外のスペシャルケアとして、リップパックを行うのも効果的です。

リップ専用のパックはプチプラコスメブランドからも発売されており、ドラッグストアなどで気軽に購入することができます。

また、もし市販のリップ専用パックが手に入らなくても、自宅にあるアイテムで簡単に自作のパックを行うことも可能です。

まずは入浴や蒸しタオルなどで、唇の汚れを落としつつしっかりとあたため、唇の血行を良くしておきます。

肌の保湿を一通り終えたあと、唇にリップクリームやワセリン、保湿剤、はちみつなど保湿のためのアイテムを厚めに塗ります。

そして唇の上から唇よりやや大きめにカットしたラップを乗せて覆います。

そのまま3分程度パックした状態にしておきます。乾燥がひどい場合などは、さらに数分置くとより効果的です。

リップスクラブを行う

こちらもスペシャルケアです。唇の汚れや余分な角質を落とし、唇本来の柔らかさを保ってくれます。

上記の通り唇は角質層が大変薄くなっているので、あまりにも頻繁に行うと逆効果になりますので注意が必要です。

唇のターンオーバーが乱れて余分な角質が重なってしまっているときにとても効果のある方法です。

市販のピーリングジェルやスクラブを使用するのも良いですし、自宅でも簡単に作ることができます。

作り方は、ワセリンやはちみつなどの液体に砂糖を1:1の割合で混ぜるだけです。

こちらを唇に塗りこむようにして流せば、余計な角質が取れてくすみのないしっとりした唇にすることができます。

手作りの化粧品は防腐剤が含まれていませんので、1回で使い切るようにしてください。

スポンサーリンク


リップ専用のリムーバーを使用する

リップメイクを落とすときは、かならずリップ専用のリムーバーを使用しましょう。

口紅などのリップメイクは、メイクの中でもとても落ちにくく作られています。

また、唇の構造上、ごしごしとこすって落としてしまうとダメージを与えてしまうので注意が必要です。

リップ専用のリムーバーは唇に負担をかけることなくリップメイクを落としてくれるので、活用するようにしましょう。

食後や歯磨き後の汚れはこすらない

食後や歯磨き後など、唇に汚れが付着してしまうときがあります。

こすって落とそうとすると刺激になりますので、押さえるようにしてそっと拭き取るようにしましょう。

もしレストルームなどでゆっくりメイク直しできる時間があれば、ワセリンと綿棒で細かく丁寧に落としてあげると刺激を最小限に抑えることができます。

歯磨き後の汚れは水でそっと洗い流しましょう。

栄養状態に気を付ける

内臓の不調が起こらないよう、なるべくストレスは避けるようにし、消化に良い食事を心がけましょう。

とくにデリケートな消化器系に負担をかけないよう、普段からよく噛んで食事をするようにしてください。

また、三食バランスの良い食事を心がけ、タンパク質、ビタミン、ミネラルをしっかり補給することが大切です。

野菜から摂取する水溶性のビタミンは身体に貯蓄することができないので、たまにたくさん食べても全て排泄されてしまいます。

毎食こまめに摂取することで、必要なビタミンを補給することができます。

もしも食事からの栄養摂取に自信がないという方は、サプリなどを活用してみるのも良いでしょう。

さいごに

唇の乾燥対策についてお伝えしました。

潤いのある唇を保って、誰もがうらやむ魅力的な口元を手に入れましょう。

リップメイクも今よりもっと楽しめるようになりますよ。

スポンサーリンク


by
看護師経験を活かして、美容や健康に関する記事をメインにお伝えしていきます♪
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です