毎日をもっと"sweet"に♡

ゆんころのスクワットのやり方!椅子を使ったトレーニングが効くらしい!

ファッションモデルのゆんころ、こと小原優香さん。

姉agehaのモデルさんで、CROOZ blogでは「ゆんころぶろぐ☆」という人気ブログを今でも更新中です。

ブログではファッション、ヘア、メイク、ダイエットに美容と様々な美に関する情報を常に発信中!

盛り写メも得意で、どうやったら可愛く写メを撮れるか日々研究しているのだそうです。そのテクニックは真似している人も多いのではないでしょうか。

そんなゆんころさんですが、最近の話題といえばまず筋肉!2016年のサマースタイルアワードでは準優勝に輝いています。

かわいらしいルックスだけでなく、ストイックに鍛えられたボディに憧れる方も多いです。

スポンサーリンク


丸くきゅっと引き締まったヒップがすごい!

サマースタイルアワードは腹筋、ヒップ、脚の筋肉がトレーニングによっていかに美しく鍛えられているかという点が重要な審査基準になっていて、そこで準優勝したゆんころさんの腹筋とヒップは美しいを通り越してもはやすごいの域。

お尻は本当に丸い桃のようなヒップラインで、まさに美尻という表現が相応しいスタイルです。

ゆんころさんはジムにも通っていますが、そのなかに「SPICE UP FITNESS」というヒップアップに特化したジムがあります。

スタッフはすべて女性、ヒップ専用マシンがあり、お尻を重点的に鍛えることで健康を維持し、女性らしいボディライン作りに効果があるのだそうです。

メリハリの効いたボディバランスは、専用トレーニングの成果でもあるんですね。

10歳若返るヒップアップ術が公開!

そんなゆんころさんがフジテレビにて、自宅でもできるヒップスラストのやり方を紹介されていました。

やり方は

①仰向けに寝転がり、両ひざを立てる。

②1.5リットルのペットボトルを腰骨の位置のお腹の上に乗せる。

③ペットボトルを押さえながら、お尻を上に突き上げるように浮かせる(膝を曲げ、背中が真っ直ぐになるように)

これを20回、3セット繰り返します。

慣れていない人は最初はペットボトル無しでやったほうがいいかもしれません。無理にやろうとするとひざなどを痛める可能性があります。

ペットボトル無しでもそれなりにキツイ運動ですので、まずはウエイト無しでできるようにして、物足りなくなったら少しずつ軽い物から乗せてやってみるといいでしょう。

お尻をキュッと締めるように力を入れるとヒップアップ効果が高まります。

ゆんころさんが腹筋引き締めのためにやるスクワット

ストイックに全身を鍛えていらっしゃるゆんころさんですが、なんと腹筋を鍛えるための一般的な腹筋運動は一切しないのだそうです。腹筋運動なしであのお腹!?と驚く人がほとんどではないでしょうか。

筋肉は下半身に集中しているので、下半身を鍛えることで効率的に体脂肪を落とせるのだそうです。

ぽっこりお腹を解消する、家でもできる筋トレとして「ブルガリアンスクワット」を紹介されています。

やり方は

①イスを用意して背にして立ち、後ろ向きにつま先の甲の方をひっかけるように乗せる

②もう一方の足で(片足で)スクワットをする

これを10回3セット繰り返します。

かなりハードな運動で、普通に運動をしている人でも1セットやりきれるかどうかというところです。日頃スクワットをしていない人は1回でもできるかどうか怪しいくらいの負荷になります。

慣れてないと身体のバランスがかなり不安定になるので、転んでしまっても大丈夫な環境かどうか、身の回りの安全を確認してから始めましょう。

また無理にやろうとするとひざなどを痛める可能性があるので、自信がない人はテーブルを掴むなど補助を使ってやるのがいいと思います。

回数も少ないところから始め、少しずつ増やして補助なしでもできるようにしていきましょう。

初心者でもできる簡単スクワット

ゆんころさんが紹介したブルガリアンスクワットは、かなり上級者向きのトレーニングです。

これができないという人は。まずはこのスクワットができるまでの筋肉をつけるのが先になります。

それにはまず普通のスクワットで脚の筋肉を鍛えることです。もちろん普通のスクワットでも脚、内もものシェイプとヒップアップには効果があります。

まずは足を開いて直角までゆっくりと腰を落として、戻すを繰り返す、相撲スクワットがオススメです。

最後までしゃがみこまないので膝への負担も軽く、まだ筋肉が付き始めていなくても無理なく行うことができます。

ひざや腰を痛めないコツ

スクワットは関節、特にひざへの負荷がかかりやすく、間違ったやり方で行うとひざや腰を痛めてしまいます。

まずは腹筋にしっかり力を入れ、お尻をキュッと締めるように意識すること。背筋が伸びて体幹が安定し、負荷がどこかに集中しすぎるのを防ぎます。もちろんシェイプアップ効果も上がるので忘れずに。

背中が丸まって顔が下を向いてしまうのは絶対にNG。腰を痛めてしまいます。回数を重ねて疲れてくるとなりがちなので注意しましょう。

次に、ひざを曲げるのではなくて股関節から動かすことを意識すること。ひざやひじはしっかりと管理しているスポーツ選手でも痛めやすい箇所で、非常にデリケートな造りになっています。

ひざの曲げ伸ばしをするトレーニングではなく、股関節から太ももを使って動かすトレーニングだということを忘れないようにしましょう。

回数にとらわれすぎて、後半は姿勢もおろそかになってしまっていては効果も上がりません。鏡を見るなどしてフォームをチェックしながら、ゆっくりとした動きで行いましょう。

トレーニング後はしっかりとストレッチをして疲労を軽減させることも忘れずに。

スポンサーリンク


ゆんころさんの筋トレは一日3回!

なんとゆんころさん、一日に3回もジムに通っていて、朝トレ、昼トレ、夜トレと行っているのだそうです。

その中で特に力を入れているのが朝の筋トレ。朝は基礎代謝が上がりやすくなり、約10%も砂カロリーが消費しやすくなるそうで、かなりハードなトレーニングをしていらっしゃいます。

トレーニング終了後30分以内にプロテインを摂ることで吸収率がよくなるとのことで、こちらも欠かしていません。

サプリも利用されていて、GACKTさんがプロデュースしているメタルマッスルHMBもツイッターなどで紹介されていました。

こちらのHMB、ゆんころさんプロデュースで女性向けのサプリも販売されているので、気になる方はそちらもチェックしたいですね。

ハードなトレーニングは筋肉がついてから

ヒップスラストにブルガリアンスクワット、ともにかなりの負荷をかけてのトレーニングなので、その効果は期待できそうです。

ですが、あくまで通常のトレーニングが軽々できるほどの筋肉がついてからの話。

日頃からエクササイズなどを行っていて基礎筋肉がついていればいいですが、普段運動をしていないのに「これで一気にスタイルを絞る!」と無理をしてしまうと腰やひざを痛めてしまいます。

まずは軽めの負荷で挑戦して、自分ができるレベルかどうかしっかりと見極めましょう。

それにしても、少しやってみるだけでゆんころさんが日頃どれだけストイックなトレーニングを行っているかがわかりますね。

あの素晴らしい引き締まった美ボディは、まさに厳しいトレーニングのたまもの。ゆんころさんのボディラインに近づきたい人は、いきなりは無理でも少しずつ真似してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


by
「タマゴから、まずはその足を一歩踏み出そう。」をモットーに、前向きになれる記事を皆さんにお届けします。
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です