毎日をもっと"sweet"に♡

スーパーフードおすすめランキング!何種類?効果は?【2017】

スーパーフード、今やすっかり耳慣れた言葉になってきました。
アサイーがいいらしい、ナッツもおすすめ!なんて雑誌でもよく紹介されていますが、
種類がすごく多いですよね。
どのスーパーフードを食べたらいいのか、またどんな効果があるのか分からないよって思ったことはありませんか?
また、買ってみたものの、なかなか続けづらいなという人も多いかもしれません。

そこで、スーパーフードの効果、味、日常への取り入れやすさを踏まえて、
おすすめのランキングを作成しました。是非参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク


スーパーフードとは?

そもそもスーパーフードとは何をさしているのでしょうか?
日本スーパーフード協会によると、スーパーフードとは、はっきりと特定の食品を定義したものではなく「一般の食品よりビタミン、ミネラル、クロロフィル、アミノ酸といった必須栄養素や健康成分を多く含む、おもに植物由来の食品」という定義に基づいた食品です。つまり、栄養価が高い、もしくはある部分の栄養価が突出して高い食品です。

海外セレブが愛用していたことで、日本に言葉が広まったのはごく最近ですが、海外では以前から使用されていた言葉で、スーパーフードには酵素玄米など日本の食材もあるんです。

スーパーフードおすすめランキング

第5位モリンガ

効果:美容・美肌効果、ダイエット効果、デトックス効果、アレルギー症状の抑制、糖尿病予防、高血圧予防

NEXTスーパーフードとしてじわじわと注目をあつめているモリンガ。
美意識が高いことで有名な鈴木えみさんもパウダータイプを愛用しているそうです。
地球上に存在する植物の中で最も栄養価が高い植物ともいわれており、人間にとって重要な栄養素が豊かに含まれています。

ビタミン、ミネラル、アミノ酸がバランスも良く含まれていて、ポリフェノールは赤ワインの約8倍、ビタミンEは卵の96倍、鉄分はプルーンの82倍、アミノ酸は米酢の97倍、食物繊維はレタスの28倍など驚くべき数字が出ているスーパーフードなんです。健康な身体をつくるのに欠かせない栄養素ですね。

パウダーかティーバックタイプのものが入手しやすいです。
味はパウダーだと、抹茶に近く、お茶として飲み場合はコーン茶のような香ばしい味がします。1日1杯飲むだけだと続けやすそうですね。

第4位ローカカオ、ローチョコレート

効果:美容・美肌効果、ダイエット効果、目の疲れ・老化を防止する効果、生活習慣病・ガンの予防、アレルギー症状の抑制

ローカカオは抗酸化物質を多く含むことで有名なカカオ豆の本来の成分を壊さないように、非加熱、あるいは低温処理で加工したものです。
このローカカオにカカオバターと天然の甘味料を加え、低温処理で作られたものがローチョコレートです。
抗酸化物質を取り入れることで、身体の老化の原因となる活性酵素を取り除くことができ、気になるシワやシミ、たるみを防ぎます。それだけでなく、紫外線から肌を守ってくれる効果もあるので、美肌に近づくことができるのです。

また、幸せホルモンといわれるセロトニン、恋愛ホルモンといわれるフェニルエチルアミンを分泌してくれる効果も。
美肌に効くだけでなく、ストレスにも効くなんてまさにスーパーフード!

取り入れ方としてはパウダー状であればミルクにまぜてココアのように、オーチョコレートはそのままおやつとして。
目の疲れを防止してくれる効果もあるので、オフィスに常備しておくのもおすすめです。

スポンサーリンク


第3位チアシード

効果:美容・美肌効果、ダイエット効果、生活習慣病・ガンの予防、腸内環境の改善、デトックス効果、アンチエイジング効果

チアシードはオメガ3系の不飽和脂肪酸、ミネラル、ビタミンB、食物繊維が豊富に含まれており、女性の美容の強い味方となってくれます。
ただ、一番注目されているのは何といってもダイエット効果。見た目は直径2ミリ程しかないのに、水に浸透させることで、約10倍にふくらんでジェル状になるのです。よって少量で満足感を得る事が出き、栄養価も高いため、ダイエットサポート食品として注目をあび続けています。

チアシードの味はほぼ無味で、つぶつぶとした食感です。食感が楽しいので、飲み物に混ぜたり、ヨーグルトにかけても美味しいのですが、ホットケーキの生地に混ぜるなどしてみるのもおすすめです。

そんないい所どりのチアシードですが、食べ方に一点だけ注意点があります。それは、「食べる前に必ず水に浸す!」ということです。水に浸すとジェル状になるのですが、そのジェルこそが食物繊維、ダイエットに効くとされる理由なんです。なので生のまま食べてしまうと十分なダイエット効果が得られないのです。10分浸すことでも効果は得られるのですが、最大に効果を出したい!という場合は、少し時間はかかりますが、30分〜1時間浸しましょう。

また、チアシードは高カロリーです。食べれば食べるほど痩せるものではありません。一日に大さじ1杯を目安に取り入れていきましょう。

第2位キヌア

効果:美容・美肌効果、ダイエット効果、便秘解消、乳がんの予防、更年期障害の改善

キヌアはNASAも注目している「穀物の母」と呼ばれるスーパーフードです。白米に比べ、タンパク質は2倍、カルシウムは6倍、鉄は5倍、食物繊維は10倍もある穀物です。見た目はお米の半分くらいにしか見えない小さな粒ですが、栄養素を驚くほど多く含んでいます。

更に注目のポイントは、体内で女性ホルモンと似た働きをするフェトエストロゲンを含むこと。
フェトエストロゲンの効果は
・生理周期によるホルモンバランスの乱れを整える
・女性らしい体つきになる
・肌・髪にもツヤが出る
・更年期の症状改善
・骨粗しょう症の予防
・生理痛の改善
・不妊の改善
このように、女性にとって欠かせない要素も盛りだくさんなのです。

味もくせがなく、小さなお米を食べているような食感です。ゆでたキヌアを作っておけば、ご飯にもおかずにも、デザートにまで使えてしまいます。
ブラジルの研究によると、30日間、お茶碗3分の2ほどの量を食べることで、血中コレステロールと中性脂肪の低下が見られたそうです。
おいしく食べるだけで、こんな効果があるなんて、さすがスーパーフードですね!

第1位昆布

効果:美容・美肌効果、美髪・美爪効果、腸内環境を整える、デトックス効果、ダイエット効果、免疫力の向上、貧血予防、動脈硬化予防、高血圧の改善

えっ?あの昆布?と思われた方も多いはず。そう、お出汁など日本の料理に欠かせない食材の一つである「昆布」です。なんと美容と健康面において高い効果を持っていたんです。

昆布は海の野菜と言われるほど、ミネラルや食物繊維が豊富です。また昆布を食べる事で、腸内フローラの健康を保ち、腸内環境を整える効果もあります。

ミネラルは、身体の水分バランスを保ち、ホルモンバランスや代謝を整えてくれます。昆布には身体に吸収されやすいミネラルが含まれており、普段の食生活では意識しないと取りづらいミネラルをチャージしてくれます。

また、注目したいのは昆布のネバネバ成分!ネバネバ成分には「アルギン酸」と「フコイダン」が含まれているのですが、この2つがすごいんです。
・ アルギン酸
腸内で善玉菌のエサとなって腸内環境を良い状態に保ちます。
また、毒素や老廃物、そして脂肪までを吸着して排出するデトックス効果にも優れています。

・ フコイダン
身体の老化を防いでくれる抗酸化作用に加えて、毛母細胞を活性化させ、美髪・美肌へ導いてくれます。

女性にとって嬉しい効果ばかりですね。お出汁をとるのは少しめんどくさいという人でも、粉末昆布ならば手軽に日常に取り入れやすそうですね。

おわりに

スーパーフードの効果、味、日常への取り入れやすさを踏まえた、おすすめのランキングでした。どれも毎日に取り入れやすそうなものばかりですよね。今日からあなたの食事にプラスオンして、食事からもきれいにを始めてみるのはいかがでしょうか。

スポンサーリンク


by
SNSでフォローする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です